いくらか涼しい午後…

昨夜は雷鳴が轟いて稲光も凄かったから、なかなか寝付けなかったけれど、涼しい朝だったので明け方からまた眠りに入ったのです。7時過ぎに女将に起こされて、pekoの散歩に出掛けると、気温が低いからかpekoもいつもと違ってすたすたと歩くのでした。見上げれば朝空も秋の装いで、昼は晴れても湿気がなければ爽やかになりそうなのです。これは蕎麦日和だろうと、俄然やる気が湧いてくる朝なのです。打ち立ての美味い蕎麦を食べてもらえるのが好い。

朝食後に、女将と今日業者が来ることになっている書斎のエアコン設置について、もう一度確認をしたら、早々に家を出る亭主なのでした。幟を立ててチェーンポールを降ろして、蕎麦屋の厨房で朝のコーヒーを一杯。モカマタリが届くまで、拙いコーヒーでもじっと我慢なのです。最近はイエメン産のモカマタリについて、テレビのドキュメンタリー番組などでも取り上げている。酸味がきつくなくて甘い深みのある味わいは、他の豆と飲み比べてみればすぐに判るのです。

売り上げは伸びなくても、そういったコーヒーの味がわかるお客が来て注文してくれれば好い。それまでは、ひたすら毎日自分で味見をしているのだから世話がない。霊犀亭にはそんなメニューの一品が結構あるのです。最近、出した豚のハラミの串焼きなども、酒の肴で仕込んでおくと、近所の子供連れのお客が来て、「美味い美味い」と食べたりする。子供は正直だから、不味い物は美味しいと言わない。酒も亭主が毎日飲んでも好いと思うものだけを揃えている。

ただ、土日以外は昼の営業だけの店だから、そうそう酒を頼むお客もいない。店で出ない物は亭主が実費で引き取るのです。だから、それが月々の赤字の原因とはならない仕組みなのです。ただ、料理の食材は廃棄するのを家に持ち帰って食べるけれど、これは廃棄分だから、純粋な赤字の原因となる。その日限りの野菜サラダがその良い例で、出る時は全部なくなるけれど、出ないとすべて持ち帰り。家でも捨てるわけにもいかず、蒸したり煮たり炒めたりです。

亭主の朝の予想通り、今日は蕎麦日和になったから、いつもよりはお客が多かった。生舟に二箱打った蕎麦も随分と捌けたから嬉しかった。湿度も低かったので、今日は39%の加水率でしっかりと蕎麦粉を捏ねて、切りべらも29本と細めの仕上がりだったから、細くてコシのある新蕎麦を味わってもらえたと思う。三人連れの小母さんたちが、「細いけれどコシがあって美味しいわね」と話していたから、上手く打てた時にちょうど好く来ていただけたのが有り難かった。

蕎麦好きのタクシーの運転手さんも昼の休みに寄ってくださった。蕎麦過ぎのリピーターの若い女性たちも、美味しいからまた来ますと言って帰ったという。今日は気候のせいか、全員が天せいろのご注文で、天麩羅がよく売れました。天麩羅は続けて揚げると油の温度が下がらないから、上手く仕上がるのです。でも、一度にお客が多すぎる時は、油が疲れてしまい逆に上手くいかない。平日はぱらぱらと10人前後のお客が、ちょうど好いのかも知れないのです。

今日は閉店後にガスの業者の点検が入って、しばらく店に足止めを食う。暑いだろうと冷たい蕎麦茶を出してやると、「初めて飲みました」と喜んでもらえた。家に戻ればエアコン据え付けの後始末で、お隣さんとの窓に目隠しを復元するのにまたひと苦労。涼しい午後だったのに、またひと汗掻いて、今度は蕎麦屋の出入りの業者から電話で、あと5分で店に着くと言うから、車を出して慌てて蕎麦屋に逆戻りなのです。味醂会社の営業マンも一緒に、冷たい蕎麦茶。

エアコンの効き具合を試す暇がなかったから、涼しいのに汗を掻いたので書斎で横になって試運転。時代の移り変わりで技術も進んでいるらしく、室外機も小さくなって亭主の思惑通りの場所に設置され、室内のエアコンの音の静けさも今までにないくらい。プールに掛ける時間はないので、女将に「食べるものがないのだろう?一緒にお遣いに行くか?」と言えば、珍しく素直に車に同乗する。晩のおかずは彼女の好きな鰹の皿鉢です。高知の海を懐かしむ亭主。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.