直撃の台風以後のめまぐるしい日々…

水がしたたり落ちた書斎のエアコンの付け替え工事を前に、表回りの花のポットや煉瓦でその昔自分で作った壁を撤去する作業で、朝食後は大汗を掻きました。お隣のご主人にも話して、東側の窓の目隠しも外させてもらう。果たして、亭主のイメージする通りに窓の直ぐ脇に室外機が設置してもらえるか。明日は女将がスポーツクラブも休みなので、朝一番での業者の電話を待つことになっているのです。今回の台風とは直接関係がないけれど、何かと気忙しい。

被害のあった蕎麦屋の日除け暖簾は、この定休日には修理のめどが立たなかった。取りあえず、長椅子で裾を押さえて明日の営業を開始するしかありません。全部取り外して、袋縫いで縫い直せば済むことなのでしょうけれど、厚手の生地だから自分で出来るかどうか段取りがイメージ出来ないのです。数万円を掛けて作り直すよりは、どこかにお願いして修繕してもらった方が好いだろうと考えている。結局、今週も店の回りの草取りは出来なかったから気が重い。

10時過ぎにやっと厨房に入って、明日の蕎麦汁や天つゆを用意する。蕎麦茶も湧かして冷やす準備をすれば、それぞれの汁が冷えるまでコーヒータイム。昨日注文したイエメン産のモカマタリが届くまでは、簡単ドリップの拙いモカブレンドでも我慢して飲むしかない。鍋釜を洗って乾かしたら、もう昼の時間なのでした。女将がスポーツクラブから帰る前に家に戻って、昼飯を作るのが最近は亭主の仕事。冷蔵庫の残り物を使って、今日もカレー炒飯とコンソメスープ。

朝一番での力仕事が効いて、食後に眠くなるかと思ったら、横になってもなかなか寝付けない。身体と精神が覚醒しているのに、全身が怠いという状態なのでした。こういう時には、プールで泳いでくるのが一番だろうと、午後の蕎麦屋での仕込みの前に、暑い中を出掛けて行くのでした。子どもたちのスイミング教室が始まる前の時間帯だから、全コースが自由に使えるのです。果たして、元気な小母様たちが集まってコースを占領しているから、ちょっと迷惑気味。

それでも、両手を広げてのバタフライこそ出来ないけれど、スピードの遅い人に合わせながらも、クイックターンを決めてマイペースで三種目半ぐらいは泳ぐことが出来ました。ゆっくりのんびり15分ほど泳いだら、心も体も寛ぐのです。最近、肩凝りや腰痛がなくなったのも、やはり水泳のお蔭かも知れない。家の女将はヨーガで、亭主は水泳で、それぞれ日々の健康を保っているのです。これで家に帰ってひと眠りできれば、極楽の定休日なのですがそうも行かない。

泳いでまた汗を掻き直して、エスカレーターやエレベーターは使わずに、駐車場までの道程を歩くのです。これも少しは運動になるだろうと、車は駐車場の一番遠いところに停めるようにしている。プールは広い高層マンション群の中央の四階にあるから、遠く離れたタワー駐車場の二階までは、幾つも階段を登ったり降りたりしなければならないのです。行きにはちょうど好いウォーミングアップで、帰りもちょうど好いクールダウン。暑いのでコンビニでアイスを買った。

蕎麦屋に戻って午後の仕込みの始めは、蕎麦豆腐の仕込み。そして、明日のデザートにとフルーツの寒天寄せを作っておく。使った鍋にこびりついた豆腐や寒天を洗うのに、水でふやかしておく必要があるから、最初に済ませておくのです。次に明日の天麩羅の具材を刻み、それぞれ容器に密閉して冷蔵庫に入れる。お新香を漬けたり、あれやこれやで2時間近く、泳いだ後だからかなり疲れます。今日は東京の友人から台風の後の見舞いのメールが届きました。

テレビのニュースでも台風の通り道だった佐倉は、被害の大きな地域だから、皆、心配してくれるらしい。団地の近所の地域でも電線の工事が入っている所がありました。やっと家に戻ったところで、女将が「お隣にうちの屋根の瓦が落ちたんですって」と知らせに来る。夜になって地域の工事店を探し始めて、隣の窓の網戸も切れたというので、こちらも一緒に明日にでも電話をして修理を頼むように女将に指示しておく。大きな被害でなくて好かったけれど、忙しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.