台風の後遺症…

明け方に暑くて目が覚めたから、居間に入ればpekoも起きている。散歩に連れ出して2ブロックほどを歩けば、やはり暑いのか水ばかりガブガブと飲んで、なかなか朝食を食べようとしないのです。朝食の時は食堂で亭主の足元に寝転んで、食休みには居間の亭主の椅子の下で眠っている。女将に言わせると、「お父さんの家来だから」なのだけれど、書斎のエアコンの取り替え作業に業者が来る前に、亭主の仕事は沢山あるので、段取りを考えるのに精一杯…。

お隣の家でも朝の涼しいうちにと庭の草取りをしているらしく、朝の6時だというのに何やら賑やかなのでした。朝食後に書斎で横になっても眠れないから、早々と蕎麦屋に出掛けて、昨日の洗い物の片付けをする。それから、いつものようにお袋様と仕入に出かけて、農産物直売所でいつものように野菜を運んで来る農家の奥さんと会ってご挨拶。茄子の色が落ちない漬け方は、ミョウバンで擦って漬けると好いよと教えてやれば、早速、家で漬けてみようと言う。

隣町のスーパーも朝から混んでいたけれど、今日は野菜もすべて新鮮なものが揃っていて、お袋様を家に送ったら蕎麦屋戻って、まずは仕入れた物の仕分けと収納。今日は返しを仕込んでおかなければと、調味料を並べてみたら味醂が足りない。もう一度、隣町のスーパーに出掛けたら、昼前で大変な混みよう。ついでに女将に果物を何種類か買って、そのまま家に戻って昼飯の準備にかかるのです。昼は、久しぶりに女将の好きなソース焼きそばを作ってやる。

台風の大風の影響で室外機に繋がるホースの位置がずれたのか、書斎のエアコンから水が漏れなくなったので、今日は久々にクーラーを入れて昼食後のひと眠り。遅い午後に目覚めてスーパーで買って来たパック型のモカブレンドを入れて飲んだら、いつものイエメン産のモカマタリの味には到底及ばないことに気が付いた。「早く注文すれば好いのに」と女将は言うけれど、亭主には亭主で、カード決済の仕入れがあまり重ならないようにという配慮もあるのです。

再び蕎麦屋に出かけて見れば、郵便受けにカナダからのエアメールが届いていました。店のエアコンを入れて封筒を開けてみれば、外国人の家族に交じって懐かしい30年前の教え子の写真が。確か、スイス人と結婚して、大学で心理学を教えているというところまでは、連絡が取れていたのです。国公立文系のクラスだったから、優秀な生徒たちが集まっていた時代で、テレビや人づてに皆の活躍は聞いているけれど、情熱に燃えていた時代の遠い昔の記憶です。

蕎麦屋の窓から、一昨日の台風でなぎ倒されたのひまわり畑が見える。その先に転がっているのは、隣のお爺さんの無人の野菜販売所。大風で、とたんの小屋がひっくり返ったらしい。やっと味醂が揃って5㍑の返しを作る夕刻。今の自分は、定休日も仕込みに余念のない隠居仕事の蕎麦屋の親父だから、心に何の屈託もない生活で、これが悠々自適なのだろうか。とは言え、台風で荒れた家の周囲の片付けや、店の周りの草取りなど山ほどの仕事がある。

洗濯物を干して畳んで、親子丼の具材を煮込んで冷凍したら、今日の仕込みを終わりにする。家に戻って相撲中継を観ながら、今晩も一献。晩に書斎でブログを書いていたら、息子から電話があったと女将が伝えに来た。佐倉は台風の通り道だったから、近辺では送電線が鉄塔ごと倒れたり、停電や断水で大変なところもあるようなのです。幸い、我が家の被害は、蕎麦屋の日除け暖簾のちぎれたことくらい。エアコンの故障の方が切実な問題かも知れない。

台風一過の熱風の吹く一日は、車外温度が37℃まで上がったから、残暑にしても相当なものです。明日は涼しいうちに、書斎の外側に置いた大きな花のポットを幾つも片付けて、明後日の新しいエアコンの据え付け工事に備えなければならない。蕎麦屋の仕込みもあるし、プールにも行きたいと思うから、なかなか大変な一日となりそう。歳を取ると若い頃の体力がなくなるからか、頭ではそれぞれ段取りのシュミレーションをしても、なかなか思うようには行かない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.