台風一過の定休日前は…

ゴォー、パラパラパラと、未明から凄い風と雨の音とで目が覚めた。仕方なく居間の部屋まで行ってテレビを点けたら、なんと台風は船橋に上陸したのだとか。佐倉は台風の進路の東側に当たるから、まさに直撃の大嵐なのです。蕎麦屋のシャッターも降ろしてきたし、自宅の植木も女将が寄せていたから、被害は少ないだろうと思っていたのです。気象庁の船橋上陸と言う字幕を撮しながら、「千葉市付近に上陸」と繰り返し報道するニュースのいい加減さに驚いた。

近くに住んでいる人間からしたら、船橋と千葉とでは直線距離にしても10km以上離れているから、何処に台風本体があるかは切実な問題で、佐倉は船橋上陸でまともに東側の暴風域に巻き込まれているのです。果たして、雨の降る中を蕎麦屋に出掛けた亭主が目にしたのは、直ぐご近所の家のアメリカヤマボウシが、駐車場の車の上に根こそぎ倒れている光景でした。蕎麦屋はと言うと、大切な日除け暖簾の看板が、根本からちぎれて風に舞っているのでした。

スタッフが来る頃には今日の蕎麦を打ち終えていたけれど、前の森の大きな木が風でなぎ倒されていたのだとか。よく見ると、何時も見ている森の大木の一画が歯の透けたように明るくなっている。雨風も酷かったから、今日は当然お客も見込めないだろうと、先週の袋に残っていた蕎麦を900g 程を打ち、昨夜の残りと会わせて10食あまりを用意したのです。久々の1kg 近い蕎麦粉の量なので、丁寧に巻き棒に巻いて伸したから、しっかりとした仕上がりでした。

加水率は38%、いつもと蕎麦粉の量が違うから、計算機で加える水の量を計算して、少し少なめで捏ね始めたのが好かった。台風の翌日にいらっしゃるお客に食べてもらうには、絶好の仕上がりの蕎麦なのでした。お客に出すよりもまずは自分が食べてみたいと思ったもの珍しい。蕎麦打ちを終えたら、平日の決まり通りに野菜サラダの具材をを三皿分盛り付けて、デザートには大福を四皿用意しておく。早めに仕込みは終えたけれど、蕎麦の数が少ないから心配。

この嵐のような陽気の中を、まさか蕎麦屋そんなにお客が来るとは思えなかったのです。欲張って沢山蕎麦を打って残ったら、残った蕎麦をどう処分するかを考えなければなりません。しかし、頭の片隅にあった残り数%の可能性が、今日は見事に現実となったから大変でした。昼前から続々とお客がいらっして、カウンターまでお一人のお客で一杯になる始末。蕎麦を茹でる亭主は、美味しい蕎麦を食べてくださいよと思いながら、蕎麦を洗って盛り付けるのです。

稚鮎の天麩羅を単品でご注文の女性のリピーターさんや、男性の常連さんも何時もの大盛りのせいろ蕎麦のご注文で、生舟の蕎麦はジリジリと数を減らしていく1時過ぎ。荷台に何台もの苦るを積んだ大型のトレーラーが道の向こうに止まったから、もしかしてと思ったのです。案の定、作業着姿の運転手さんたちがご来店。天せいろのランチセットの大盛りと、カルビー丼とせいろ蕎麦のセットのご注文で、残った蕎麦も僅かだから「お蕎麦売り切れ」の看板を出す。

ところがその後で、駐車場が空いているものだから、車が次々と入ってくるではありませんか。スタッフが出て、売り切れ御免のお知らせをして、またもや次々と車が帰っていくのでしたが、台風一過の定休日前。今日の反省はどう考えたら好かったのだろうか。外は晴れて青空も覗いている。「欲張ってはいけない」と言うのが亭主の信条だけれど、折角の美味しい蕎麦を食べられなかったお客様には、申しわけがないのです。何人もの客を断った後味は悪いのです。

女将が閉店後に残った荷物を取りに来てくれたけれど、今週はお客が多かったから持ち帰る食材も少なかった。スポーツクラブもショッピングモールも台風の後で人が少なかったと言うけれど、今日の蕎麦屋は例外なのか。家に戻って書斎に入れば、蒸し風呂のような暑さでさすがにトンボの扇も効果がない。pekoのいる居間で少し涼んだら、頑張って夕刻のプールに出掛ける亭主。夕食を終えて書斎でブログを書き始める頃には、涼しい秋風か吹いていました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.