佐倉市34℃の昼…

夜から明け方にかけての気温が下がったからか、昨夜はぐっすりと眠れたのです。ところが早朝のpekoの散歩に出掛ける時には、もう太陽が眩しくて今日の厳しい暑さを予感させるのでした。それでも公園回りの3ブロックの周回も嫌がりもせずに元気に歩くから、やはり「(秋来ぬと)目には清かに見えねども」の世界なのかと、動物の鋭い感性を見直すのです。散歩から帰ると女将がお茶を入れてくれて、エアコンを効かせた涼しい居間で目覚めの一服をする亭主。

朝ドラの始まる前に家を出て、みずき通りを渡る頃には、空は快晴、気温はぐんぐんと上がっているらしいのです。昨日の蕎麦は生舟に少ししか残っていなかったから、今朝はまた二回の蕎麦を打たなければならない。早く蕎麦屋に来ても珈琲を一杯飲んだらもう臨戦態勢。ぐっすりと眠れた翌日は、身体の疲れが取れているからまだまだ若いか。店のエアコンを入れ、蕎麦打ち室の温度が28℃まで下がったところで、蕎麦打ちを開始する。湿度は50%まで下がった。

それでも昨日の失敗があるからと、加水率は38%をキープ。少し硬めかなと思っても、蕎麦粉を練っているうちにどんどん馴染んで来るのです。ところが、これなら打ち粉も要らないと思って調子よく伸していたら、畳む時になって、生地が打ち台に張り付いて横に裂けたから大変なのです。これもまた油断禁物なのでした。ギリギリの加水で薄く伸せば伸すほど、接地面と生地との触れ具合がどうなっているか、そこまで気が回らなかったのが失敗の原因なのでした。

それでも、二回とも切りべら28本で130g越えの蕎麦の束を仕上げ、今日は19食の用意で昼の営業に臨むのでした。勿論、願わくば6食ぐらいは残して、夜の営業分に回したいところ。そんな思惑とは裏腹に、開店時刻を過ぎたとたんに、どどっとお客がご来店。12時前にもう店が満杯になるから、女将に言って「ただ今満席です」の看板を出してもらう。運良く天せいろととろろ蕎麦ばかりがよく出たから、調理はまったくの単純作業。女将の対応が大変だから手伝う。

最初にいらっしたリピータの老夫婦は、ご主人が例によってビールのご注文で、今日は珍しくビールをお替わりされた。突き出しはモズクの酢の物と切り干し大根。こんな時もあるから、いつも小鉢は複数用意しておくのが好いのです。カウンターには若いご夫婦が何組か座られたから、女将が「冷たい蕎麦茶が好いですか」と聞いている。皆さん天せいろだから、亭主は気が楽。用意した天麩羅の具材が足りなくなって、女将に取ってもらって次々と作り足すのです。

一時過ぎに一段落してたから、今度は溜まった洗い物に精を出す亭主。もう汗はだくだくで、カウンターに置いた温度計が31℃を越えていたから、厨房の中は更に暑いのでした。道理で最近体重が減っていると思ったら、やはり、汗を沢山かくからなのでしょう。お蔭で体脂肪は標準まで下がったけれど、内臓脂肪は相変わらず少しオーバーの数値。これはやはり酒がいけないのだろうか。でも止められない。閉店前に出張から戻った隣町の常連さんが久々にご来店。

来週また現場に戻るから、それまでにまた来ますと言って帰られた。よほど亭の蕎麦を気に入ってくれたのか、いつもカウンターでスルスルスルッと蕎麦を啜るのです。10人を越えた週末はそれなりに活気があって楽しい。15人を超えるとちょっと忙しすぎて後の洗い物が大変。この暑さで土曜がこれだけの人数だから、普段もお客の多い明日の日曜日は、ちょっと大変かも知れない。帰りにミニ菜園の水遣りをして、女将には胡瓜や女将を採って帰ってもらった。

書斎のエアコンが壊れたから、データ入力でパソコンに向かうのも一苦労。居間の涼しさと比べたら、まるで蒸し風呂の暑さなのです。昔テシママからもらったトンボの扇子を仰ぎながら、タオルで汗を拭き、なんとか仕事を終え、夜の営業に出掛ける亭主。こんな暑い宵に来る客もあるはずがなく、早めに帰って夜の晩酌。先ほど店で仕込んだ豚のハラミの串焼きを焼いて、採ったばかりのオクラをぽん酢で食べる。「採れたては大きくても柔らかいわ」とは女将の言。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.