真夏の陽射しに逆戻り…

肌を焼くような朝日を浴びた瞬間に、昨日までの暑さと違うと感じた朝でした。昨夜も寝苦しかったから、夜中に何度も目が覚めたのです。pekoと公園回りの散歩をすれば、この夏あまり聞かなかったミンミンゼミの鳴き声が聞こえるではありませんか。もう9月だというのに、蝉も季節を間違えているのか。しかも、朝方に鳴くというのはどうしたものか。湿気も暑さも例年より厳しい夏だったのではないか。単に加齢で暑さに弱くなったという訳ではなさそうなのでした。

朝食の用意をしてくれていた女将も、今朝は暑いと宣言するから怖い。早めに家を出て、蕎麦屋の朝の仕事をしながらコーヒー豆を挽く。じりじりとした太陽の光を浴びたら、とたんに汗が噴き出してくる。厨房や奥の座敷など、亭主が行くところ行くところには、それぞれ汗拭きタオルを置いてあるのです。エアコンを入れた朝の店内は、それでも25℃、蕎麦打ち室は27℃だったから、まだまだ涼しい時間帯です。湿度は80%と、今日も蕎麦打ちが心配なのでした。

加水率は、ぴったり38%にして、上手い具合に捏ね始めたのでしたが、伸して畳んだ後でも生地が多少伸びてくるような気がするのは、気のせいだろうか。もしかして湿度が高いと、生地そのものが湿気を吸うと言うことがあるのかも知れない。切りべら29本で130g越えの蕎麦の束を仕上げる。全くお客の来なかった昨日の蕎麦が、まだ生舟に一箱残っていたから、綺麗に打てたものだけを残し、後は昼の賄い蕎麦で食べることにする。三日目に蕎麦は残したくない。

そのためには10人近いお客が来ないといけないけれど、昼前から入ったお客はすべて大盛りの方たちだったから、みるみる蕎麦がなくなっていく。女性二人のお客様が、せいろ蕎麦の大盛りをご注文で、見事な食べっぷりだったから驚いた。綺麗に太さの揃った蕎麦を用意できたのが嬉しい。ヘルシーランチセットのご注文も続いて、野菜サラダからお出しする。丹念に刻んだ人参のジュリエンヌが、いつになく綺麗な仕上がりだったので、これも嬉しい出来事でした。

デザートは昨日に続いての大福。こちらも美味しく食べていただいた様子。カウンターに座った常連さんは、いつもと同じ天せいろ蕎麦のご注文だから、天麩羅油の冷めないうちに、火を入れて具材を投入するのです。180℃に温度設定してあるのだけれど、鍋全体の温度は多少下がるから、そこが日頃の慣れの世界。低い温度で揚げ始めて、油を吸ってしまった天麩羅は、お客に出せないから、油断は禁物なのです。油の温度が上がるまで待つのが秘訣なのです。

会社の作業服を着た男性二人も、天せいろとおろし蕎麦の大盛りのご注文で、こちらはさすがに冷たい蕎麦茶。ポットごとテーブルに置いて差し上げる。食べるのも滅法早かったので、蕎麦湯がほんの少し出し遅れる。皆さんリピーターの方らしく、亭主も見覚えのある方ばかりなのです。歩いていらっした方も自転車の方もいらっしたから、ご近所のお客様なのでした。3ヶ月になるという赤ん坊を連れたお母様が、「トイレにおむつを替える場所がありますか」と言う。

さすがに、今風の若いお母様だとスタッフも亭主もあきれ顔。こんな小さな店で、トイレにおむつを替える場所を用意しているはずがないので、奥の座敷を貸して差し上げる。昨日とは大違いで、適度な数のお客様だったから、昨日の生舟の蕎麦はすべてなくなったのでした。綺麗に打てた蕎麦は、短く切れることもないから、皆さん「美味しかった」と言ってお帰りになる。洗い物を済ませて、スタッフと店を出る頃は、ちょうど一番暑い時刻で、真夏の陽気が戻ったよう。

家に戻った亭主は書斎のエアコンが壊れたから、冷たい梨を食べたらすぐにショッピングモールに出掛けて、エアコンの注文をしてくる。一番小さな物で好かったから、安いと思ったけれど、リサイクル料とか取り付け器具の料金などで、1.5倍の値段になったから驚き。プールで泳いで買い物をして帰り、暑い書斎でパソコンに向かえば、汗がダラダラ。昔は団扇などと言うものがあったのに、今は姿もないから、友人にもらったトンボの扇子で仰ぎながらブログを書く。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.