暑さがぶり返した昼…

「今朝は朝顔が一番綺麗よ」と女将が亭主を起こしに来た。時計を見ればもう7時過ぎだから、庭仕事とプールでの水泳と夜のパトロールとで昨日は随分と疲れたのかと感じる。それでもpekoの散歩に出掛けて、2ブロックを回って来る。梅干しとお茶をもらって寝覚めの一服なのです。店の仕込みもさることながら、お袋様の誕生日会を開く夕刻までの段取りをシュミレイトしておく。今日は業者が食材を届けに来る日なので、午後の予定が少々ややっこしいのです。

すべてがその日暮らしの生活だから、気楽と言えば気楽なのですが、まずはコーヒーの切れた家では食後のコーヒーが飲めないから、蕎麦屋に出掛けて豆を挽くのでした。定休日明けは蕎麦を二回打たなければならないので多少気忙しくもあるのです。昨日早めに漬けておいた糠漬けを取り出して、小鉢に切り分ける。残り半分は夕刻の誕生日会に持って行ってやろう。新鮮な野菜と太い胡瓜は味が好い。蕎麦打ち室の温度は27℃、湿度は78%なのでした。

昨日の疲れがまだ抜けない。ボーットした頭で蕎麦打ち室に入れば、湿度は高すぎるけれど気温は低いから、今朝も38.1%の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのです。ところが、結果的にこれではまだ柔らかすぎて、打ち粉を振れば大丈夫と思って、丸出し、四つ出しにかかったのです。形は決まったのでしたが、本伸しに入って少し様子がおかしい。生地が妙に伸びてしまう感じなのです。それでもきちんと八つに畳んで、包丁切りまではこぎ着けたからあとは気合。

途中までは綺麗に包丁が打てたのですが、途中からどうも太さが揃わなくなる。これは初めての経験でした。切りべらの本数を揃えるごとに蕎麦の束が重さが違ってくる。生地の厚味が均等でないか、包丁打ちのタイミングがずれているのです。最後の二束ぐらいは、もうお客に出せないと目で見て解るほどでした。やはり、生地が柔らかすぎたのが原因らしい。季節の変わり目には、たまに加水率を見失うことがある。名人の教えでは最後の水は掌に取ってと言う。

二回目の蕎麦打ちは同じ加水率なのに、綺麗に打ち終わったから不思議。店のエアコンが効いてきたせいなのだろうか。生舟一箱に一杯の蕎麦を用意して、今日はこれで足りるだろうと厨房に戻って仕込みを始める。葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻み、今朝は涼しかったから、大福を包んでデザートの用意をしておく。蕎麦で手こずった分だけ、時間が押してきたけれど、肝心の大釜の火を点けるのが遅かったので、開店時刻を10分ほど遅らせたのです。

ところが12時になっても1時になってもお客は一人もやって来なかった。陽が差して外は随分と暑くなっている様子。例年、この時期にお客が一人も来ないと言うのは珍しい。やはり、天候のせいなのだろうか。蒸し暑く外気温も高いと、ショッピングモールで涼みながら買い物と食事と言うパターンになるのかも知れない。1時を過ぎたら、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけにして食べる。例の太さが定まらなかった打ち損じの蕎麦を茹でたら、やはり、太さがバラバラで拙い。

洗い物もないから、早めに家に戻って、pekoのいる涼しい居間で女将の切ってくれた冷たい梨を食べながら、夕刻の準備の段取りを考える。その間に書斎の冷房を入れて冷やしておこうと思ったのですが、これが大変なことになっていた。エアコンから水が漏れて、下にあった布団がびっしょり。30年使い続けてやっと壊れたか、好く頑張った。クーラーだけのエアコンだったから、女将に「そろそろ取り替えれば」と言われていたのです。お蔭で昼寝も出来なかった。

3時半に業者の荷物を受け取って、その足で西の町のスーパーに出掛け、夕食会に亭主お勧めの鮨を買ってくる。時間が遅かったから、もう残り少なかったので危なかった。本マグロのトロと中トロを混ぜたネタの新鮮さが抜群。早速、今宵のお酒と共にお袋様の家に届けて、車を置きに家に戻る。女将と二人でとぼとぼ歩いて、お袋様と女将が準備をする間ベランダに出て一休み。仕事の終わった弟も加わって、久々に親子が揃う。嬉しそうなお袋様の笑顔が好い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.