涼しい外気と蒸し暑い空気と…

サーバーの容量を増やしたお蔭で、蕎麦屋のブログが更新できる状態になって、昨日は二日分のブログを書いたから、眠い目を擦って深夜まで頑張ったのです。やはり、長い間の毎日の習慣だからか、その日を振り返るという作業が、気持ちをリラックスさせてくれるような気がします。女将の三年日記とは違って、単に備忘録ではないところが、好いと自分では思っている。毎晩、机の上のパソコンに向かって、文章を考えることが、老化防止に役立っているのかも。

「書くように話をしろ」とは、誰が言った言葉だったろうか。芥川龍之介だったか、映像が今ほど身近でなかった時代には、文章を練ることは高度な文化的作業だったのかも知れない。劇や映画や音楽とは違って、入口の敷居が高くないのがいいのかも知れない。これを今流のスマホでパッパッと書いて済ませてしまうのは、何か直ぐに忘れてしまうような気がして、未練が残りそうなのです。デジタル時代の便利な機器を使いながらも、典型的なアナログ人間ですね。

遅く起きたお詫びにと、朝食を終えたら女将の稽古場の脇の団扇サボテンを刈り込んでやる。洗濯物を干すのにも棘が刺さって大変なのだと言うから、泥棒よけにはいいのかも知れないが、普段家にいる者からすれば迷惑な話なのです。塀際の木槿は、昼から剪定することにして、取りあえずいつもの時間に蕎麦屋に出掛け、コーヒー豆を挽いて目を覚ますのです。蕎麦屋の庭木の剪定や草取りもしなければと思ってたけれど、都合良く雨が降ってきて助かった。

何から始めようかと考えながら、一週間で汚れたレンジ周りを綺麗に掃除する。自分の他に誰もやってくれる人はいないから、これも宿命と諦めている。洗って干した洗濯物は、カウンターに置いたままにして、洗濯機の中の洗い物を空いた室内干しの物干しに掛けていく。こんな作業も他の人にはやってもらえない。たまに店に来て手伝ってくれる妻や母親の有り難みをしみじみと感じるひとときなのです。雨の中を店の庭木やミニガーデンの雑草の具合を見て回る。

剪定や草取りは来週でも大丈夫だろうと、厨房に帰って今日の仕込みにかかるのです。まずは、明日のお袋様の誕生日会に用意するひと品に、もずくと胡瓜の酢の物を仕込んでおく。春に石垣島の海メロから送って頂いたもずくは、冷凍保存して暑い日に店で出しているけれど、塩抜きをしてゴミを取ったら、短く切って熱湯で湯がいて酢の物にする。鮨酢に浸けて蕎麦屋の出汁で割るところが美味しさのひと工夫なのです。次に明日の天麩羅の具材を切り分ける。

蕎麦屋の常連さんの農家が農産物直売所に出しているものを、毎週、沢山仕入れているから食材が新鮮なので嬉しい。オクラ一つにしても、同じ長さのものを集めて袋詰めをする苦労が好く判る。毎朝、畑を回ってどれだけ成長しているかを見ていないと、これだけ綺麗に形が揃わないというのは、自分でミニ菜園で栽培してみて初めて解ることなのです。だから、蕎麦屋に来る時もあの親父様は、いつも腰に花切りばさみをぶら下げているのかと納得するのです。

午前中の仕込みを終えて、女将がスポーツクラブから帰る昼飯前に、お袋様の処に明日の夕食会のために仕込んだ材料を持って出掛ける。豚肉のはらみとみつせ鶏の旨搾り団子の串焼きも、今週は余分に仕入れて来たのです。座骨神経痛の調子も好さそうで、一週間通った針治療が効いているのかも知れない。お茶を飲みながらしばらく話をして、昼飯の準備に家に戻ったら、まだ女将は帰っていなかった。スープとカレー炒飯は最近水曜日の定番になった。

昼食後は珍しく昼寝もせずに、塀際の木槿や南天などの木々を剪定する。三脚を立てて電動バリカンで切っていたら、またしても電気のコードを一緒に切ってしまう亭主。これは歳のせいではなく、注意が足りないから。道具を出して修理をして、無事に午後のミッションを終えたら、汗だくの衣類を着替え、そのままプールへ出掛けてひと泳ぎ。刈った枝を拾い集めた女将も疲れたらしい。蕎麦屋でお新香を漬けたら、夜までひと眠りして、防犯パトロールに出掛けるのでした。出発前の話題はガラケーの時代が終わるという話。半数以上の老人がガラケーでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.