梅雨前線は荒れ模様…

上野往復を含めて1万3000歩を歩いた昨日の疲れか、今朝は7時までまったく目覚めずに眠ったのです。このくらい運動量がないと夜は熟睡出来ないものかと、普段の楽な隠居生活を少し反省するのでした。今朝は朝一番でお袋様の家に行って、パンクしたという自転車の具合を見てやるのでした。代換えに、亭主の持っている折りたたみ式の自転車を車に積んで行ったけれど、単に虫ゴムの劣化が原因と判明。久しぶりにお袋様の家のベランダから街を眺める。

ひと月ぶりに床屋に行ったら、親父様が昨日は混んで大変だったと言うから、「いつもなら月末の火曜に来るのに、判らないものですね商売は」と言えば、「小さな店で設けようと思えば東京のような街中でやるか、よほど値段を取らなきゃ駄目だよ」と、隠居仕事の亭主の蕎麦屋の話になる。そうやって、いつも個人営業の心得をアドバイスしてくれるから有り難い。「でも蕎麦は美味しいから、良質なお客が来てくれればそれで好いんじゃない」と、励ましてくれるのでした。

帰り道、自転車が壊れて乗れないお袋様に頼まれた米を買って家に戻れば、ちょうど女将がスポーツクラブから帰るところで、例によって昼のおかずを亭主が作る。雨も降って風も強かったから食後の一休みをして、じきに雨だけは止んだので、再びお袋様の処へ出掛けて自転車の修理をしてやる。買って帰った虫ゴムを付け替えて空気を入れたら、やはりパンクではなさそうなので、明日まで様子を見ることにする。昔は自転車もよく手入れをしていたものです。

なんでも便利な時代になって、自分で直すことをしなくなったのは寂しいことです。昔は、家の男性は、壊れた物を直すのが仕事だったような気がする。家庭で使う道具にしても、技術が進歩して、個人では直せない物ばかりが氾濫しているから、壊れてしまえばつい新しいものに買い換えるということになるのです。前のが古くなったので、新しいテレビに替えたというお袋様に、データ放送で地域の天気予報を見る方法を教えてやる。隔世の感ありという様子だった。

定休日の二日目も、珍しく夕刻まで仕込みにかからなかった亭主。「忙しいのに悪いね」とお袋様に言われたけれど、お客の来る営業日ではないから、忙しいという気がしないから不思議です。今宵はプールへ行くのだけは諦めて、蕎麦屋に寄って明日の仕込みの残りをすべて終わらせるのでした。蕎麦豆腐の仕込みから始めて、デザートには水羊羹を仕込み、一つ目の小鉢には南瓜の端切れで従姉妹煮の準備をしておく。南瓜本体は天麩羅の具材として準備。

二つ目の小鉢にやはりまだこの時期は、夏野菜の糠漬けが美味しいだろうと、農産物直売所で珍しく手に入った小茄子を漬けてみました。胡瓜は直売所で会った蕎麦屋の常連さんの奥様に、太い大きな胡瓜を分けてもらったから、これを一本漬けてみた。「太い胡瓜は嫌だというお客もいるのよ」と言っていたから、「糠漬けをやってない人は解らないんだよね」と亭主が応える。漬ける時間を調節しないと味が濃くなるので、一晩漬けるにはこの太さがちょうど好い。

昨日慌てて冷蔵庫に入れておいた生椎茸を取り出して、パック詰めのストレスを取り除いてやる。同じ県内産でも今回は形の揃った新鮮ないいものが手に入った。高級料亭ではないから、市場で仕入れるほどの手間は掛けない。二三軒スーパーを回って一番好いものを使うだけ。スーパーも生椎茸だけを扱うわけではないから、なかなか好いものは手に入らないのです。市内には椎茸を栽培する直売所もあるのだけれど、亭主も生椎茸だけを仕入れていられない。

最後に、明日の天麩羅の具材を切り分け、容器に詰めて密封して冷蔵庫に入れる。鍋釜を洗って、まな板を消毒したら遅く始めた今日の仕込みは完了です。この間約一時間半。店に流したBGMは、ちょうどTakeFiveの軽快な調べで、亭主の今日の気分にぴったり。昔、何処か遠くの南の島で、ダイビング仲間と夕飯を食べに出たら、ビーチ沿いの店の生バンドが、この曲を演奏していたっけ。店主の奏でるサックスの音色が優しく夜空に響き渡っていたなあ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.