久しぶりに芸術の秋か…

今日は定休日だからと、安易に情に流されて、昨夜はpekoと一緒に寝たのが失敗でした。たまにゆっくり眠りたいと、人間は状況に応じて睡眠をとれるけれど、いつも休みのpekoは、夜明け前にはもう目が覚めるらしいのです。静かに亭主の枕元でお座りしているのだけれど、ハアハアという息づかいが気になって、こちらも目が覚めてしまう。今日はお袋様と仕入に出かけたら、今度は午前中に女将と一緒に上野の都美術館まで出掛けなければならないのに…。

6時前に公園回りの散歩から帰って、pekoに朝食を与えたら、昨日残った蕎麦を茹でて食べる。いつもなら、まだ早いからともうひと眠りするのに、コーヒーを入れて飲んだせいか今朝は眠れないのでした。仕方がないから、7時半には蕎麦屋に出掛けて、昼に出来ない昨日の後片付けや洗濯物を干したり畳んだり。上野から帰ってすぐに蕎麦汁が仕込めるようにと、出汁取りの準備を済ませて、早めにお袋様の家に、蕎麦やデザートを持って行ってやるのでした。

玄関を入るとすぐに、「歩けなくなっちゃったのよ」とお袋様が言うものだから、事情を聞けば、座骨神経痛がまたひどくなって、自転車もパンクしたから、何処にも出られないのだという。それでも家の中では不自由はしないと言うから、農産物直売所と隣町のスーパーにはいつものように一緒に出掛けて行くのでした。普段元気なお袋様だけに神経痛が痛むのが癪の種らしいのです。針灸が好いと言われて昨日はタクシーで往復したと言うから、今日は亭主が送る。

取りあえず自転車は、亭主の車に積んである小型の物を使ってみることにして、杖でもあれば便利だと言うから、明日、ショッピングモールで見て来ることにして、仕入れた食材を店の冷蔵庫に収納したら急いで家に戻り、汗まみれの下着を替えたら、今度は女将と上野へ向かうのです。駅までの2km の道程を歩いて行くもののだから、また汗だくで今日は朝から大変なのでした。電車に乗るのは5月の石垣島以来3ヶ月ぶりだから、1時間がとても長く感じるのでした。

上野の森は平日でも私たちにしてみればかなりの人の数で、女将と二人で日陰を歩くのだけれど、雨の降った後らしく相当な蒸し暑さ。電車の中の冷房で汗が冷えたと思ったら、今度はこの暑さに耐えなければならない。手に持った小型タオルはもう絞れるほどの水分量。やっと入口まで来て、受付を済ませると、女将の社中の友人たちの作品のある場所を探すのに一苦労。1階の何室と言うから探し回ったけれど見当たらない。聞けば「ここは地下一階です」とか。

やっと探し当てた女将の出品作。読売書法展に入選して7年になるから大したものです。確か、最初の入選作は李商隠の「心有霊犀一点通」の詩だったから、その詩から名前を取った今の蕎麦屋「霊犀亭」が出来る前の、まだ亭主も現役で働いていた頃の事なのです。当時、師範になって、亭主の書斎によく漢詩文の書物を借りに来ていた女将に、「この詩を書きなさい」と亭主が言ったのだとか。思えば不思議な縁なのです。久しぶりに文化の香りに触れた午後。

今日は女将の解説で、文字が鮮明に書かれた楷書よりも、より多く墨を載せた滲みのある作品の方が味わいがあるのだと教えられた。文字として読むのではなく、模様として味わうのが好いらしいのです。その理由を問えばお師匠さんに教えられたと言うけれど、蕎麦打ちの名人の言葉に「何故?」と思う亭主が、ふとある時に、これがその理由だったかと目が開けたのを思い出した。蓮の花の咲き乱れる不忍池のほとりを巡って、昼は伊豆栄の本店で鰻を食う。

帰りの電車では、このしろと鰻と鮪を肴に大吟醸を飲んだ亭主よりも、コースで鰻重を食べた女将の方が好く眠っていた。団地の駅に着いたら、女将はpekoの餌を買って帰ると言うから、亭主は車を拾って蕎麦屋に直行するのでした。奥の座敷で一休みしたら、朝の仕込みの続きで、出汁を取りながら返しを作り、蕎麦汁を煮立てる前に火を止めたら冷水で冷やし、蕎麦徳利に詰めて冷蔵庫に入れておきます。定休日なのだけれど仕込みは待ってくれないのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, , 芸術. Bookmark the permalink.