やはり季節はもう秋…

未明の書斎の鴨居を軽々と渡り歩くハツカネズミを発見。亭主は24時間営業の薬局に車を飛ばしてネズミ退治のグッズを買い込んで来る。古い家だから、ヘビもいれば蜂の巣もあったり、蜘蛛の巣が張ってはいるけれど、部屋の中に侵入する小動物には敏感に反応したのです。以前にも、工事が不完全だった壁のコンセントの隙間から、ネズミが入って来たことがあった。今回は、食堂のテーブルに置いてあった梨が囓られていたのを、偶然、女将が発見したのです。

屋根裏でごそごそやっているだけなら、まだしも、居室に入ってうろつき回られては衛生上も好くない。扉のある戸棚に冷蔵庫や食品関係はしまうようにと、調理師の仕事をする亭主は煩く言っているけれど、何時の間にかそれが緩くなる。今回も女将はあっという間にテーブルの上を片付けてくれたけれど、指の大きさほど囓られた梨の半分を食べたら、他の梨よりも数段に甘かったから、敵もさるものです。エアコンを入れるまでもなく、今朝も涼しい朝なのでした。

捏ねた蕎麦玉を寝かせている間に、今日の小鉢の用意をする。夕べの営業で、足らない場合の予備として、女将の煮てくれた大豆と昆布とニンジンの煮物は、二鉢ほどにしかならなかったから、今朝は一番沢山残っている胡瓜をメインに、大根と人参とで浅漬けを漬け込んでおく。蕎麦打ち室の温度は28℃、湿度は56%だったから、何時もの通り38%の加水率で捏ね始めたのでした。水加減が上手くいったから、今朝も伸しや畳みまで順当に終わって包丁打ち。

切りべらは27本で130g 越えだから、昨日と同じ太さのはずでした。考えたら、開店した頃には切りべら21本などと言っていたから、どんな太さだったのだろうか。勿論、最近は伸した生地の奥行きを90cm ぎりぎりではなく、上下で5cm ほどさば読んでいるから、その分同じ重さでも切りべらは増えてくる計算です。もっと柔らかく打って薄く伸し広げれば、切りべら30本を越える細い蕎麦になるけれど、細すぎるとおっしゃるお客もいるから、今の太さに落ち着いたのです。

昼にいらっしたご新規のお客は、初めての店とあって緊張もされていたのか、ご夫婦で黙々と蕎麦を啜っていらっした。食事も終わる頃になって、亭主が「いかがですすか、新蕎麦の味は」と、話を向ければ、「今ごろ新蕎麦って、何処の蕎麦ですか?」とおっしゃるから、夏に収穫する春蕎麦の説明をして差し上げる。加水も少ないから、「少し硬いとおっしゃるお客様もいらっしゃるけれど、弾力のあるのは新蕎麦だから」と言えば、「いや、美味しかったですよ」と言う。

綺麗に蕎麦湯を飲み干して行かれたから、これもまんざらお世辞ではない。茹でたての蕎麦の色を見れば、粉が違うなと私などは思うけれど、一般のお客は話をしてみてなんぼの世界。昼過ぎには、リピーターの女性がいつものクーペタイプの高級車でご来店でした。ご本人の許可を得て窓越しに写真を撮らせてもらったのですが、プレミアの付くほどのかつての国産の名車で、「最後の車と思って買ったけれど、最近は大きすぎて疲れるのよ」とか。美しい流線型。

長年乗りこなしていると愛着も湧いて、なかなか他の車には乗り換えられないのが、同年代の悩みなのでしょう。同じ優雅さと乗り心地で一回り小さな車がないものかと、歳を取って誰しも考えるはずなのに、今日の車事情は少し違うらしいのです。そんな話で意見が合って、お客の少ない昼のひとときをゆっくりと寛いで行かれた。閉店前にいらっした老夫婦は、「いつも美味しい蕎麦を有り難うございます」と、こちらが恐縮するような褒め言葉で、デザートまでご注文。

今週は割と混んだ週だったから、女将が残り物を取りに来ても、あまり荷物が沢山なかったのです。天麩羅の具材だけは、切り分けてしまった都合、すべて揚げてスタッフと手分けして持ち帰ってもらう。月曜日は片付けものが沢山あるから時間がかかる。急なスコールもあったけれど、外は青空が広がって涼しい風か吹いているのでした。家に戻って一休みしたら、夕刻からプールに出掛けてひと泳ぎする亭主。閉店後に昼を食べたから、夜は満腹で酒も進まない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.