朝夕の涼しさに驚いた一日…

pekoと一緒に眠った朝は、最近、いつもpekoの方が先に目を覚まして、枕元で「早く起きて」と煩いのです。夕べも居間の電気を消して寝室に向かう亭主よりも先に、さっと寝室に入り込んでくる。こちらも、もう眠たいから、そのまま床に入るのだけれど、昨夜も今朝も涼しかったからか、身体をすり寄せてきて、寝心地の良い場所を探すのです。仕方がないから、明るくなってきたところで散歩に連れ出してやれば、今朝は2ブロックほどを回ってから家に戻るのでした。

玄関を出れば蜘蛛の巣が幾つも出来て、アシナガバチの巣は賑やかに蜂たちが働いている。女将と二人だけの生活には広すぎる家や庭が、最近ではすべてに管理が行き届かないのです。そう言えば、子どもの頃の夏の日には、蜘蛛の巣を針金で作った輪に幾つも採って、蝉やトンボを捕まえに言ったっけ。「朝の蜘蛛は殺すな、夜の蜘蛛は殺せ」とは、祖父の口癖だったけれど、昔の家も蜘蛛の巣は随所に張り巡らされていた。夜の間に蜘蛛は巣を作るのです。

昨日も蕎麦は売り切れたから、午後から追い打ちを掛けた蕎麦に加えて、今朝もまた生舟一箱の蕎麦を用意する。水加減も上々、捏ねて蕎麦玉にして寝かせている間に、夕べ漬けておいた糠漬けの胡瓜と茄子を取り出して、小鉢に盛り付けておくのです。しっとりと練れた蕎麦玉は、伸しても気持ちよく伸し広がる。八つに畳んで包丁を打てば、切りべら28本で130g を越える。最近はこの太さで安定しているのが嬉しい。やはり、加水の段階から上手く打てている。

蕎麦打ちを終えて一休みする時間に、ミニ菜園の様子を見に行ってくる。胡瓜がまた大きくなっているから、そろそろ採らなくてはいけない。昨日も一昨日も二本ずつ採っているのに、大きくなるのが早いのです。秋茄子もそろそろ収穫の時期ですが、店で使う茄子が終わってからと、様子を見ているところ。ピーマンだけがどうも上手く実がならない。元気だったオクラもやはり虫が付いたのか、このところ収量が減ってきた。完全無農薬だから自然に任せるしかない。

女将が早お昼を食べに帰っている間に、亭主は野菜サラダの具材を刻む。今日はキャベツとニンジンを沢山刻んだから、山盛りのコールスロー。これだけでもサラダで使えるけれど、何時の間にか沢山盛り付けるようになって、結果として250円のミニ野菜サラダになった。11種類の野菜は、30分かけて刻み続けるのです。だから、ヘルシーランチセットが出て、ここのサラダがどんどん売れると嬉しい。数に限りがあるけれど、ブロッコリーとアスパラも茹でたてを使う。

さすがに月末の日曜日だから、今日も混んだ混んだ。女将の動きが止まったから、どうしたのかと思えば、1時間足らずの間にもう満席になっているのでした。お茶出し、注文、盆や皿のセット、会計と、一人で忙しなく動き回るから、お客が多いと追いつかなくなるのです。調理をしながら亭主も盆や皿をセットしてやるけれど、天麩羅や蕎麦は火口を離れられない。今日は昼なのにビールや焼酎の炭酸割りなども出て、茹でた枝豆がちょうど好い先付けとなりました。

お母さんが生後4ヶ月という赤ちゃんを抱いて、いらっしたご夫婦は、出産前にもいらっしていたお客でした。1時をだいぶ過ぎた頃に電話が入って、3人で向かっているからと言うのでしたが、生舟の蕎麦も残り僅かで、仕方がないから売れ切れの看板を出してお客を待つのでした。年老いたお婆様を連れてのご来店だったから、他のお客が来なくてちょうど好かったのです。今日も常連さんやリピーターさんが随分と多く、遠い町からいらっしてくれたお客もあった。

生舟に残った蕎麦の端切れを茹でて、ぶっかけで遅い日昼を食べた亭主は、女将と二人で延々と後片付けに追われる。とにかく日中は厨房も熱いから汗が止まらないのです。家に戻る道々、日陰を歩けばこの間の頃よりは涼しい風か吹く。やはり季節は移り変わってきているのです。女将がスポーツクラブに出掛けた後で、4時前になって家を出た亭主は、蕎麦屋の昼の片付けを済ませて、夜の分の蕎麦を追い打ちするのでした。歳だからやはり、かなり疲れる。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.