まだまだ厳しい残暑か…

午前5時半のpekoの散歩。朝が少し涼しくなったから、pekoも二ブロックほど回って家に帰れるようになったのです。100m ほどの最後の坂道を登れば、もう亭主の書斎が見える。蔦の絡まる長い塀のご近所を通り越せば、もう少しなのですが亭主もpekoも歩き疲れているのです。6時のニュースを見てお茶を一杯飲んでも、まだご飯が炊ける時間ではないので、女将も朝のヨーガに熱中している。居間の椅子に座り疲れて、書斎で横になっているうちにしばし微睡む。

恐ろしいほどにマイペースな女将の朝だから、7時半になって亭主を起こしに来てくれたから、直ぐに食堂に行けばもう彼女は朝食を終えているのでした。脂ののったイワシの塩焼きとお新香と野菜サラダと海苔がおかずで、味噌汁を飲み終えて、亭主は5分もかからずにご馳走様なのです。朝ドラの始まる時間だからと、亭主は自分でコーヒーを入れて、居間で一服する。蕎麦が売り切れた翌日は、どうしても二回蕎麦を打たなければならないから早めに家を出る。

二玉の蕎麦を捏ね終えて、寝かせいてる間に昨日漬けた糠漬けを取り出して切り分ける。最近は、ミニ菜園の胡瓜が元気だから、その日に採った胡瓜を夕刻には漬けるようにしているのですが、新鮮な野菜は漬け物にしても美味しさを倍増させるのです。スーパーで仕入れた細い胡瓜は野菜サラダに使っている。始めは心配だった胡瓜も今年は当たり年。手入れが好かったのか、肥料が効いたのか。4本の苗木からもう40本以上の収穫をしているから凄いのです。

一休みしたら蕎麦打ち室に入って、今朝の蕎麦を打つ亭主。750g の蕎麦を二つ、今朝は生舟二つに綺麗に並べて冷蔵庫に入れるのでした。室温29℃と昨日よりは少し暖かく、湿度は60%だから、加水率はやはり39%弱なのです。今朝もこれが絶妙な水加減で、包丁を打つ手が楽しくなる。切りべら29本ほどで、130g 越えの束を16束。混めば夜の営業もあるから、午後にまた追い打ちを掛けるしかない。週末のお客の入りは当たるか外れるかの差が大きい。

何時もの規定通り、週末は野菜サラダを四皿盛り付けて、蕎麦豆腐が三つしかないとスタッフに言われたけれど、足らなければ臨機応変に対応しようと仕込みを進める。みつせ鶏の旨搾り団子と豚のハラミを解凍して串刺しにしておく。夜の酒の肴のつもりで用意していると、昼に注文するお客もいるので、今日は時間もあったから万全の態勢で臨んだのです。女将が読売書法典の祝賀会に出掛けているから、今日はスタッフに休日出勤をお願いしてあったのです。

ご近所の常連さん親子がいらっしゃる時は、開店直後に来て天麩羅を単品で沢山注文するから、気をつけて下さいねとスタッフに言っておいたのです。果たして予想通り、暖簾を出したら、その常連さん親子のご来店で、ランチセットを頼みながら、海老、鱚、鯊、メゴチ、稚鮎の他に、豚のハラミの串焼きと、盛りだくさんのご注文なのでした。その間に次々とお客がいらっして、たちまち満席状態。厨房の亭主は、何のこれしきで次々と楽しく調理をこなすのでした。

盆や蕎麦皿や蕎麦猪口、蕎麦徳利と、調理をしながら亭主が手伝ってセットする。この夏の平日にお客が少なかったのに慣れてしまったスタッフにはいい体験なのでした。いつも込んだ週末だけをアシストする女将の株も上がるというもの。後半のお客の洗い物をスタッフに任せて、亭主は蕎麦打ち室に入って、追い打ちをかける。今日は、常連さんも多かったから、なんとか週末の入り具合。例年、八月の下旬はお客が増えるのですが、去年並ではないのが心配…。

スタッフを先に帰して最後の仕上げをする亭主でしたが、女将のいない家に戻ってしばしの休憩をしたら、蕎麦屋に戻って明日の仕込みに専念するのでした。蕎麦汁もなくなっているから、準備しておいた出汁を取って蕎麦汁を仕込む。小鉢もすっかりなくなっていたから、ミニ菜園に出て、キュウリを採って来て茄子と一緒に糠床に漬ける。蕎麦豆腐を仕込んでやっと仕込みの終わるころには、もう日も暮れていました。女将の帰ったのは、一人夕飯を食べ終わったころ。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.