秋の長雨には早いけれど…

蕎麦屋に出掛けようと玄関を出たら、女将の稽古場の脇の外壁に這い出している蔦の間に、アシナガバチの巣らしきものを見つけてしまいました。まだ小さいから今のうちに処分してしまった方が好いのか、しばらく様子を見た方が好いのか、女将に話しても埒があかないから困ったものです。今朝は通りに面したフェンスの朝顔が随分と沢山咲いていました。涼しくなったから遅い時間でもまだ萎んでいないのでしょう。季節が夏から秋へと移り変わって来たか。

蕎麦屋に着いてパセリの畑を覗いたら、昨日までいたキアゲハの幼虫が、とうとう最後の1匹まで姿を消していました。見事にパセリの葉を食い散らかして、今年二度目の出藍の誉れか。何処ぞの枝に移ってメタモルフォーゼの準備をしているに違いない。一度目はパセリも新芽が伸びて回復したけれど、今回は少し数が多かったから、果たして、このまま枯れてしまうのかと気になるところです。まあ、店で使う機会もあまりなかったから、自然に貢献と思っておこうか。

小雨が降り出してきたから、幟を出すのを少し待って、厨房に入って昨日の夕刻早い時間に漬けた糠味噌から、茄子と胡瓜を取り出して切り分ける。味見をすれば、自ずと糠床と新鮮な野菜に感謝の気持ちが湧いてくるのです。美味しい蕎麦を食べに来て下さるお客には、この地味な小鉢の好さが判ってもらえそうな気がする。それにしても、今年は、始めは枯れてしまうのかと思っていた胡瓜が、手当の甲斐があって、夏の後半まで元気に実を付けてくれている。

蕎麦打ち室に入って温度計を見れば、昨日よりは1℃高く29℃、湿度は70%だったから、やはり雨の日だけあって湿っぽいのです。今朝も加水率を39%弱にして、蕎麦粉を捏ね始めたら、今日も絶妙の硬さで伸し終える。切りべら29本で130g 越え。昨日残った蕎麦と合わせて、生舟一箱にちょうど収まったから、店が混んでも混まなくても今日はこれでお終いなのです。隠居仕事の小さな蕎麦屋は、趣味の蕎麦屋と言われても、平日にこれ以上は期待も出来ない。

と、思っていたのですが、今日は開店過ぎから、雨の降る中を妙にお客が続いて、常連さんも次々といらっしゃって、「お久しぶりです」「今日はお元気ですか」と挨拶にいとまがないのでした。「今年は入院もしていないから、なんとか元気でやってますよ」と古くからの常連の老人。「これは妹です」と、何時も一人でいらっしゃるお客がカウンターに座って紹介をしてくださる。ご近所から遠くから、皆さん雨降りの中を来て下さったのが、亭主は一番嬉しかったのです。

大きなワゴン車で乗り付けた作業着姿の男性たちも、皆さん大盛りの天せいろ。今日は、全員が天せいろのご注文だったから、調理は楽ちんなのでした。最後にいらっしたご夫婦は、天せいろの大盛りとヘルシーランチセットのご注文で、ここで「お蕎麦売り切れました」の看板を出す。平日が空いているのに慣れてしまったスタッフが、鱚やメゴチや鯊の天麩羅の単品注文でパニックになっている。亭主が「慌てないで」と言うけれど、結局、注文を聞き間違えてしまう。

他のお客がいなくなったところで、亭主が客の前で改めてお詫びをする。気をよくしたお客が、「どうして夏なのに新蕎麦なのですか?」と尋ねるものだから、亭主の蘊蓄が始まってしまう。春に種を蒔いて7月に収穫する春蕎麦と、夏に種を蒔いて11月に収穫する秋蕎麦の違いから、蕎麦粉の改良に研鑽を重ねる農場の努力まで話をするのでした。「綠色をしてますよね」と今度は奥様がおっしゃるから、新蕎麦特有の香りと腰と、二週間に一度の仕入れの話をする。

秋の蕎麦は一年経つと古くなるのかと言われたから、今では保存技術も進んで、劣化しない工夫がされているのだと説明するのです。勿論、蕎麦粉の善し悪しもあると、霊犀亭で使う蕎麦粉が最高品質であることを言うのを忘れない。お客が笑顔で帰られた後は、スタッフと後片付けに専念。明日のテンプラの具材を切り分けて、蕎麦汁の仕込みも済ませるのでした。家に戻って一休みしたら、夕刻プールに出掛ける前に、もう一度蕎麦屋に行って糠漬けを漬ける。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.