ひんやりとした朝だったけれど…

昨夜はプールでの水泳や、夜のパトロールに出掛けたからか、疲れて10時前に眠ったのです。珍しく夜中に何度か目を覚ましながらも、結局、朝の7時まで眠ったから驚いた。お蔭で今朝は、朝食も早めに終えて、朝ドラの始まる前にもう蕎麦屋へ出掛けるのでした。例によって新聞を取ったら、ミニ菜園の様子を見て、幟を立ててチェーンポールを降ろす。米研ぎ、葱切り、お新香の取り出しと、昨夜から念仏のように唱えていた段取り通り、朝の仕事を始めます。

胡瓜はミニ菜園で昨日採ったばかりの太いのを漬けておいた。茄子も農産物直売所で新鮮なものを選んで薄塩で漬けた。夏野菜が採れる間は、糠漬けをメインにして小鉢を用意するのです。勿論、他の食材も用意してあるから、週末にはもう一品増やして対応するつもり。今朝は、店の中の気温が26℃といつになく低いのが嬉しかったけれど、蕎麦打ち室だけは28℃。湿度は60%と高めで、亭主が蕎麦を捏ね始めると70%を越えるのでした。ほとばしる汗が原因か。

湿度が高かったから、今朝は加水率を39%弱に抑えてみました。それが功を奏して、絶妙の柔らかさになるから嬉しいのです。切りべら28本で130g を越えるから、太さもちょうど好い。昼に歩いていらっしたご夫婦が、天せいろを頼まれて「やはり新蕎麦は美味しいわね」とおっしゃるから、「判りますか?」と応える亭主。蕎麦農場から送って頂いた外の幟にも「春蕎麦の新蕎麦」と書かれているから、打ち立ては特に美味しさが違うのでしょう。続けてまたお客様が…。

車2台で蕎麦屋にいらっした女性陣が、揃ってぶっかけ蕎麦のご注文。天麩羅とかき揚げとを続けて揚げるのは、厨房の亭主にとってはとても楽ちんな調理なので、こんなお客ばかりが続けば好いと、つい思ってしまうのです。今日もリピーターさんばかりだったから、店の様子が分かっていらっしゃるのかも知れない。平日で店は空いているから、少しばかり長居してもらっても、一向に気にならない。最後に、「美味しかったわ、ご馳走様」と言って帰られるのも嬉しい。

下げた盆を見れば、ぶっかけの蕎麦の汁は綺麗に飲み干されているではありませんか。冷たい汁のぶっかけ蕎麦には、レンゲと蕎麦湯を飲む蕎麦猪口をお付けしているけれど、蕎麦湯まで綺麗に飲んであったから、美味しかったと言うのはまんざらお世辞ではなさそうなのです。お客の一段落した合間に、昼の賄い蕎麦でかき揚げを揚げて、スタッフとぶっかけ蕎麦を食べたら、やはり美味しいのです。冷やしたぬきはしばらく止めているが、復活させる夏があるか。

閉店後に、ミニ菜園の胡瓜の葉や茎を剪定していたら、昨日、採ったばかりだというのに、もう今日も次々と大きくなっているから凄い。やはり、肥料を遣ったら育ちが早いのか知らん。今週はもう少し胡瓜を使った小鉢を作っても好さそうだなどと、ほくそ笑む亭主。秋茄子やピーマンも硬くなって大きくならないうちにと採っておいたら、女将がやって来て「昆布を取りに来たわ」と珍しいから驚いた。そう言えば今日はスポーツクラブがお休みで、身体がなまっていたか。

曇っていた空も夕刻になって青空となって、今日一番の暑さ。それでなくても蒸し蒸しとしていたのに、陽射しが戻ると夏に逆戻りなのです。業者が食材を運んで来るのが今日は4時前なので、一度家に戻っていた亭主は連絡をもらってから家を出る。汗を掻きながら荷物を運んでくる青年に、冷たい蕎麦茶を出してやるのでした。「一度にいろいろ頼めなくて悪いね」と、売り上げを超える支払いをすれば、「そうですよね、来週も来ます」と、元気に次の配達に向かう。

その足で亭主はプールに出掛け、今日の疲れをほぐすのです。ちびっ子たちのスイミング教室が半分のコースを使っているから、泳げるコースはふたコースだけ。ゆっくりと泳ぐコースに入って、何時もの調子で泳ぎ出せば、どこかの水泳部の選手らしき女の子がやはり前を気にしながら泳いでいた。泳ぎ終えたら監視の女の子に、「水着が可愛いですね」と言われて、自分の練習用パンツがデズニーのキャラクターのニモだと初めて気が付くから、年寄りは怖い。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.