明け方の高い空と秋の雲と…

日の出の時刻にpekoと散歩に出掛けました。涼しい風が吹いていたから、直ぐに帰ろうとする彼女を何とか歩かせて、ワンブロックだけは回って来たものの、それ以上はもう無理なのでした。暑いから歩きたくないのか、高齢だから歩けないのか、女将も亭主も悩むところなのです。空の高いところに筋雲が朝日を浴びて、いよいよ秋の到来かと想わせる眺め。今日も日中は暑くなると言うけれど、溌剌とした老人の元気さと同じで、少しずつ季節は移り変わっている。

朝食を終えて蕎麦屋に出掛ける頃には、雲一つない青空が広がって、陽射しが強いものだから、例によってダラダラと緩い傾斜の道をゆっくりと歩く亭主。暑いから歩きたくないというpekoの気持ちがよく解るのです。店にたどり着いて、郵便受けから新聞を取ったり、幟を出したり、チェーポールを降ろしたりと、朝の仕事を終わらせたら、厨房に入って今朝の仕込みにかかる。大釜に水を張って米を研ぎ、炊飯器にかけたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。

室温30℃、湿度は44%だから、今朝も加水率は39%で、休み明けの営業日だから、生舟には二箱の蕎麦を用意しなくてはなりません。750g を二回打つと、どうしても1時間はかかるから、開店前まで時間に追われる仕込みとなるのです。葱切りを済ませてから、野菜サラダの具材を刻むのですが、暑くなりすぎてもお客は来ないから、四皿の野菜サラダが出るかどうか、不安でもあるのです。それでも、決めた仕込みはきちんとこなすのが、大切なことなのです。

週末は、混めばランチセットも次々と出るし、足らなくなって予備の野菜を盛り付けることもあるくらいだから、こればかりはその日のお客の注文だから、決めた数を用意しておくのです。今週は盆の休みで土曜日からの営業だったから、仕入れも少なめにして、胡瓜などもミニ菜園で採れただけで間に合わせる。小鉢には、石垣島から送って頂いたモズクと胡瓜の酢の物を用意して、針生姜を刻んで女将が盛り付けるのでした。足らないといけないから、糠漬けも用意。

新しいメニューを次々と出して、お客を呼ぼうとする店もあるようだけれど、あの店に行けば美味しい蕎麦が食べられるという蕎麦屋を目指すのであれば、新メニューもたかが知れているのです。しかも、常連さんやリピーターさんがほとんどだから、あまりめまぐるしくメニューを替えるのもどうなのか。むしろ、メニューの数を減らして仕込みの時間を短縮した方が、蕎麦打ちに専念できるというもの。だから、小鉢や日替わりのデザートには力を入れているつもりです。

今日も昼前から新しいお客が入って、珍しく常連さんはいらっしゃらなかった。玄関前の看板を見てから来るらしく、皆さん天せいろのご注文なのでした。外はかなりの暑さだから、店の中で涼んでいくお客が多い。初めてのお客さんたちは、厨房の亭主や女将に話をするでもなく、店内に流れるボサノバの曲を聴きながら、ゆっくりとした昼のひと時を過ぎして行かれるのです。若いカップルは、話もせずにお互いにそれぞれスマホをいじっている。これも時代なのか…。

1時半を過ぎたら、もうお客も来そうにないので、女将も少しずつ片付けを始める。亭主は蕎麦を茹でて、かき揚げを揚げ、ぶっかけにして昼を食べておくのです。定刻に店を閉めて、二人で家に帰るころには、うだるような真夏の暑さで、家々の日陰を選びながら300m を歩くのでした。pekoのために昼間は冷房を入れてあるから、ひんやりとした居間で寛ぐ亭主。女将が冷たく冷えた巨峰と梨を居間に運んでくれる。夜の営業までの2時間がしばしの休憩なのです。

4時過ぎに蕎麦屋へ戻れば、夕刻になっても暑さは治まりそうになく、厨房は33度の暑さだから、エアコンを入れて大鍋に水を張って火を入れる。洗濯機の中の洗い物を干したり、昼の洗い物を片付けたりと、仕事はいろいろあるのだけれど、やはり仕込みをする時が一番楽しい。酒の肴にと最近は、豚のハラミやみつせ鶏の旨搾り団子の串焼きも用意しているのですが、半分以上は出ないから、日が経てば家に持ち帰って亭主の酒の肴になる。6時半には閉店。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.