風の強い一日で…

今朝は塀際のフェンスに誘引した朝顔が随分と沢山咲いていました。花の色も本来のスカイブルーで、ウッドデッキに立派に伸びた蔓に、花が咲かないのとは対照的なので不思議です。梅雨が長かったせいで、日照時間の違いなのか、地植えとポットの差なのかと、女将も首をかしげるのでした。蕎麦屋で採れた茄子とピーマンの味噌炒めと、サワラの西京漬けとで朝食を済ませた夫婦。亭主は食後にまたひと眠りして、9時半には蕎麦屋へ出掛けていくのでした。

売り物のアイスコーヒーを失敬して、今朝の仕込みの段取りを復唱すれば、二時間もあれば終わる簡単な仕込みなのです。韃靼蕎麦茶を湧かして、冷たい蕎麦茶の準備をしている間に、蕎麦豆腐を仕込んで、デザートの水羊羹を煮始める。蕎麦茶は直ぐに冷やさないと綠色が出ないから手間がかかる。さらに、水羊羹は氷水で冷やして固めてから豊缶に流さないと、餡と水分が分離してしまうから、これも結構気を遣うのです。目が離せないのが大変なところ。

でも、その間に、後ろのレンジで大釜に湯を沸かして、小松菜を茹でておく。鴨せいろや鴨南蛮にしか使わないけれど、なければないで彩りに欠けるから、冷凍して保存しておくのです。次いで天麩羅の具材の切り分けに入り、南瓜の端を切って形を整えたら、従姉妹煮に使うから冷凍しておく。明日使う分だけはレンジで蒸して容器に入れ、残りはラップを掛けて野菜室に入れておくのです。そして、いよいよ生椎茸とピーマンとナスを切り分けて、容器に保存する。

それから、ニンジンを3cmの短冊切りにして、玉葱を刻んだら、三ツ葉を別の容器に切り分けて、かき揚げの材料の準備が終わる。生ものだから、それぞれラップで密閉して急速冷蔵をかけた冷蔵庫に保存。今日の仕込みは後は夕刻に糠漬けを漬けに来れば好い。女将と昼を食べて、午後にスポーツクラブに出掛けてプールで泳ぎに行く前に、もう一度蕎麦屋に来れば好いだろうと昼の準備に家に戻るのです。女将は稽古場で作品の仕上げに追われていました。

車に乗り込む前に、ミニ菜園の様子を見て、台風の影響で強い風が吹くと言うから、茄子やピーマンの支柱を強化して、胡瓜にもたっぷりと水遣りをしておく。今日もオクラは5,6本収穫して、小蕪が少し大きくなったので抜いて、どうも大きくなりきらないピーマンや茄子や胡瓜と共に、一緒に家に持って帰る。子どもや孫たちも帰って来ないお盆休みには、夫婦二人だけだったから、蕎麦屋の残り物とミニ菜園の野菜だけで、すべての食事を賄っているから有り難い。

昼も、蕎麦屋で作って冷凍してあるカレーを一袋だけ持ち帰って、女将と二人でカレーライスを食べる。スープは分葱と卵にとろみを付けてコンソメ味。茹でたばかりの小松菜に鰹節を掛けた小鉢を添えて、まずまずの栄養バランス。暑いのと辛いのとで亭主は汗だくだから、汗拭きタオルもびっしより。食後にはやっぱり寝転んでひと眠りなのでした。3時過ぎには目が覚め、珈琲を一杯飲んだら蕎麦屋へ出掛ける。茄子と胡瓜を糠味噌に漬けたらプールへ向かう。

お盆休みで子ども達のスクールがないのも今日までと、年配の男女が全コースで泳いでいる。一番好いていたのがセンターコースの速く泳ぐコースだから、準備運動を終えて、アップを開始するのでした。25m ずつ泳いでいた老人が上がったので、あとは亭主一人で存分に泳ぐのでした。水面を叩くようにクイックターンを繰り返し、バックからブレストへのターンもクイックターン。明日からの土曜と日曜は蕎麦屋の営業で泳ぎに来られないから、久々に楽しんだ。

帰りには地階のスーパーに寄って、夜のおかずを見繕う。蕎麦屋の残り物ばかり食べていたからと、女将の好きな刺身を買って、ついでにワンランク上の種なし巨峰。シャインマスカットも美味しそうだったけれど、帰って女将によけいな文句を言われるかも知れないと、さすがにちょっと手が出なかった。明日からの営業の準備は万端。暑くなるらしいから、どれだけお客が来るのか判らない。お盆の休みも人も来なくて長すぎると、何故かダラダラとしていけない。