終戦記念日に想うこと…

盆の休みのお蔭で今朝もゆっくりと寝られました。pekoの散歩は女将に任せて、亭主は7時過ぎにゆっくりと起床。女将の用意する朝食の時間は7時半が普通だから、これに合わせて洗面や着替えを済ませるのです。盆休みで蕎麦屋の営業がないと、女将のペースでも十分なのでした。和室から庭を覗けば、アオイやモミジアオイに交じって、フェンスに誘引した朝顔がまだ咲いているのでした。台風の影響もそれほどではないけれど、上陸した地方の様子が心配。

今朝はお袋様を連れて隣町のスーパーまで仕入れに出掛ける予定だったから、早めに蕎麦屋へ行って、出汁取りの準備だけは済ませ、今日の段取りを考えるのです。今週は、土日月だけの営業だから、仕入れも普段よりは少なくて済む。店内はお盆のお客でごった返していたけれど、一軒の店で一回の仕入れだけでほぼすべての食材が揃うのも嬉しい。早速店に戻って、午前中の仕込みにかかるのでした。まずは最初に、残り少なくなった返しを作って冷ます。

次に、親子丼の具材がなくなったから、買って来た玉葱と鶏肉を煮込んで味漬けをする。そして、厚揚げ田楽の味噌も切れたから、挽肉を酒と味醂と砂糖と自家製味噌で煮込んで、小さな容器に入れて急速冷凍しておくのです。盆の休みで二日ゆっくり休んだせいか、仕込みをするのにも、次の営業日には頑張ろうと、張り合いが出るから不思議です。これ以上休みが続くと、ちょと退屈になるかも知れない。隠居生活もやることがあるから充実するものなのかも。

最後に流水で解凍して置いた石垣島のもずくを、沸騰した鍋で火傷させて、ミニ菜園で取ったばかりの胡瓜をピーラーで掃除してスライスして鮨酢に浸ける。これだけでは酸っぱすぎて食べられないから、出す直前に出汁で割って小鉢に盛り付けるのです。保存を考えて美味しく食べる工夫をしたつもり。包丁を使って食材を切るのは明日の仕込みで、今日は生ものを切るまな板だけを使って、最後に消毒しておく。帰り際にミニ菜園の野菜にたっぷり水を遣っておく。

昼食の支度をしなければと、家に戻って玄関の鍵を開けようとしたら、女将が家にいるようなので驚いた亭主。「お盆で今日はスポーツクラブが休みだって朝も言ったでしょ」と、言われて思い出す。二人で昼の用意をして、例によって亭主が中華鍋を振ってカレー炒飯を、女将がコンソメスープを作って汗をかきながら二人で美味しい昼飯。ニンジン、玉葱、葱に豚肉、卵を塩とカレー粉と仕上げにオイスターソースを少々。若布と分葱のチキンスープで栄養価は十分。

終戦記念日の式典をテレビで見ながら、戦後生まれの自分たちは、幼い頃に祖父母や父や母から戦争の記憶を聞かされたと、二人で話をするのでした。海から5kmも離れた家の前に艦砲射撃の砲弾が飛んできたのだとか、大空襲で焼夷弾が落とされた後の街の、生活が大変だったとか言う話を、直接体験した大人たちから聞かされたのです。この体験談を、自分の子供や孫に話して聞かせる機会がない。74年という年月が、記憶を風化させていくのかも。

食後のひと眠りをして、亭主はプールに泳ぎに出掛ける。盆休みは子どもたちのスイミングもお休みだから、6コースがすべて自由遊泳なのですが、元気な小母さんたちがスタートの壁際に立ってまた立ち話。速く泳ぐコースなのに他の人が誰も入れないでいるから、ご免なさいと準備運動を終えた亭主がアップを開始する。クイックターンを済ませて50mを戻る頃には、誰もいなくなっているから一安心。その分、スピードを落とせないから、今日は少し疲れたかな。

みずき通りを登り切って、蕎麦屋へ寄ったら出汁取りと蕎麦汁の仕込みをして帰る。約一時間の作業だから、ちょうど早い夕食の時間になる計算。運動の後に食べたいチーズ揚げと、トマトとオクラの生ぽん酢和えを作ってくれていた女将に感謝。日本酒が切れていたのだけれど、昨夜も夕食時の酒を抜いたから、今夜は焼酎の炭酸割りで我慢する。蕎麦屋の売り上げがない日は、酒も買えないのが少し寂しいか。でも、身体には好いことだろうと納得している亭主。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.