超大型台風10号の影響で…

午前中から雨の予報だったので、雨が降り出す前にと早朝のpekoの散歩に出る。ところが、午前5時の空は青く晴れ渡って、一向に雨の気配などないから不思議でした。例によって、あまり時間が早いので、女将の起き出す前に残った三日目の蕎麦を茹でて食べるのです。女将がスポーツクラブに出掛ける時分には、天気は急変して土砂降りの雨で、普段は歩いて出掛ける女将も、郵便局に暑中見舞いの葉書を買いに出る亭主の車に乗って行くと言うのでした。

ところが亭主が急いで着替えをする間に、もう雨は止んでいるではありませんか。「やっぱり歩いて行くわ」と、女将も急変。亭主はそのまま車で郵便局に行ったのはいいけれど、暑中見舞いの葉書には、写真用の葉書はないのだと説明される。仕方がないので、切手だけもらって外に出れば、自転車のお袋様が自分の名を呼ぶから驚いた。隣の整形院から帰るところだったようで、先ほどの大雨には遭わなかったのだと言う。まったく、めまぐるしい天気なのでした。

朝のうちに暑中見舞いの原稿は出来上がっていたから、親戚と友人と子どもたちの宛名を印刷して、今度はプールに出掛けながら葉書を出しに行ったのです。止んでいた雨がまた突然激しく降り出して、道路は雨しぶきで前も見えない状態。これが超大型の台風10号の影響なのかと、随分と離れたところにあるのにその威力に驚かされるのでした。いつもは駐車場から外の階段を使って歩いて行くのを、雨の日は二階の殺風景な通路を歩いて建物を突っ切る。

この高層マンションの立ち並ぶ巨大な施設には、創業当時は、大型のデパートが入っていたのに、時が経つに従ってスーパーの大型店に変わり、終には二階部分だけが何もテナントが入らないまま、駅に抜ける通路だけとなった。この施設の直ぐ裏手には、大型のショッピングモールが出来て、一階にはスーパーや小売店が並んでいるけれど、昔からこの団地に住んでいる者から見たら、やはり、さびれたという感覚は拭いきれないのです。街も歳を取るのです。

それでも、この地域のデベロッパーが三階部分に広い住宅展示場を設け、市役所の出張所や地域の包括支援センターなどが入って、新しい街づくりの拠点として活動が始まっている。ただ、ここに本屋があったのに、文房具売り場があったのにと、亭主などは、昔から通い慣れた場所が、他に移ってしまうと、なかなかその変化に適応できなくなっている。結果として、経営は何社か変わったけれど、三階、四階にあるスポーツクラブだけに通うようになったのです。

40年という歳月は、人間で言えば若者時代から老年の時代。街も若い世代で溢れていた賑やかな時代から、何処に行っても老人ばかりがやたらと目に付くような印象は免れないのです。プールにも老人が随分多いけれど、亭主のように昔からずっと泳ぎに来ていた人は、どれくらいいるのだろうか。老後の健康維持にと、仕事を辞めてから通うようになった人たちが、案外と多いのではないだろうか。今日もゆっくりと泳ぎ終わって、プールから出れば外は晴れている。

高校野球の二回戦は、かつての職場の近くにあった習志野高校の試合があるので、少しは応援してみたかった。家に戻ってテレビを点けたら、まさかの点差で負けているから、相手も相当に強いチーム。昼食には残っていた最後の蕎麦を茹でて、とろろ芋をすってとろろ蕎麦。午後の試合では、確か、都大会で亭主の母校の野球部を決勝で破って甲子園に行ったチーム。夢中になって野球を見ない年齢にはなったけれど、縁のあるチームなどは少し気になるのです。

今日は道路が雨で何度も濡れては晴れて乾いた。仕入れや仕込みのない分、随分と身体が休んだから、プールで泳いだ午後も眠くならない。夕刻までに一度蕎麦屋へ出掛けて、ミニ菜園の様子を見たり、片付け物をしたりして来よう。盆の休みになって、やっと家中のストーブも掃除して押し入れにしまったから、ほんの少しずつでも家の中が片付いてきた。若い頃のように、一気に何事も片付けられないのを知っているから、女将も亭主もゆっくりのんびりです。