盆休みの墓参…

昨夜も前日の習慣で10時過ぎに眠りに就いたが、あまり疲れていなかったから3時前には目が覚めてしまう。やはり、夕方に買い物がてら散歩に出掛けた女将は正解なのでした。規則正しい生活を日々心がける女将と、眠くなったら横になって爆睡してしまう亭主と、考えたら、長い間、外で働いてきた亭主と家を守ってきた女将との、若い頃からの対照的な生活なのです。空が白んでくるのを書斎の窓から眺めながら、自分の来し方行く末をしみじみと思うのでした。

どうせまたひと眠りしてしまうだろうからと、pekoを散歩に連れ出して近所を歩けば、通りに面して色とりどりのランタナを植えたお宅の前で一休み。暑さのせいか、最近のpekoは本当に歩かなくなったのです。家に戻って朝食を取ったら、居間の床に転がって目を開けたまま眠っているけれど、犬でも夢を見るのだろうか。時々、宙に浮かせた足をぴくぴくと動かしているのです。亭主は早い時間に蕎麦を茹で、天麩羅の残りをグリルで焼いて、一人、朝食を済ませる。

今朝は花を売るスーパーが開く時間に、お袋様と女将とを車に乗せて花を買い、そのまま家の裏手の霊園まで墓参に出掛ける予定でした。お盆の入りとあって、外で花を売るコーナーも行列が出来ていたから、女将とお袋様が並んでいる間に、亭主は店の中に入って盆休みの間に家で食べる果物を買ってくる。開店下ばかりだから、レジにも人が並んでいない。霊園の駐車場も続々と墓参に集まる人々がやって来る。水の桶に給水するにも人の列が出来るほど。

先日、弟がきて綺麗に草取りをして、女将が来て花入れの器を全部洗ってくれたから、花を入れて線香を焚いて、ゆっくりと三つの墓を代わる代わるお参りする三人なのでした。本家で暮らした祖母からもらったギボウシと鈴蘭が親父様の墓を飾る。他の墓参りに来る人々も高齢で、最近は我が家でもなかなか子どもたちが集まれない。自分たちを育ててくれた親や祖先の墓を参る習慣も、この先いつまで受け継がれていくのだろうかと、少し寂しい気もするのです。

午前中に降っていた雨も上がって、帰りは古くからある部落の丘を登って蕎麦屋の前に出る。途中の台地にある見渡す限りの畑も、昔は農家が綺麗に耕していたものなのに、ここにも高齢化の波が押し寄せているのだろうか。今では、家庭菜園として貸し出しているところが多くなった様子で、その家庭菜園を借りる人たちも、定年を過ぎてから始める人が多く、皆、亭主などよりは歳を取っているのを知っているから、高齢化は農家だけの出来事ではないのです。

お袋様を家まで送り、蕎麦屋の前の通りに車を停めて、雨も上がって青空と夏らしい白い雲が広がっていたから、久しぶりに持って来たEM-5を取り出して、景色の写真を何枚か撮る。最近は、いつも海の中でしか使わないから、たまには陸上でも撮る練習をしておかないと、操作を忘れてしまうのです。駅前の高層マンション群と、こちら側の台地のバス通りにある蕎麦屋とを入れて、ひまわり畑を撮してみたのです。今年は人の背丈よりも高いひまわりが随分とある。

いろいろと撮影のモードを替えて撮って見るけれど、なかなか人の目に見えるような色の具合は出ないもの。もっとじっくりとシャッタースピードやレンズのしぼりを替えて試さないと、なかなか好い写真にはなりそうにない。海の中では尚更のことで、一瞬で出会う魚たちを画角に入れて、イメージ通りの写真を撮るためには、よほど使い方に慣れないと難しいのです。カメラの機能が好くなって、取り扱いが複雑になったから、シーン毎に撮り分ける技術が追いつかない。

昼は女将と昨日残った蕎麦を茹で、天麩羅をグリルで焼いて、天せいろ。早朝には、温かい汁の天麩羅蕎麦を食べた亭主だけれど、自分で打って売り残しているのだから、文句を言える立場ではない。新蕎麦の弾力とほのかな味わいを噛みしめながら、大盛りを平らげる。蕎麦屋のミニ菜園も気になっていたけれど、プールも定休日だし、今日は何処にも出ないで、女将だけが暑い中をスポーツクラブに出掛けた。夕刻に蕎麦屋に行って水遣りと新聞取りをしよう。

This entry was posted in 料理, 日常. Bookmark the permalink.