山の日の振替休日で…

夕べは10時前に眠りに就いたのに、今朝は8時まで起きられなかったので驚きました。暑かった昨日の混みようと、夜まで10時間以上の立ち仕事で疲れたのか、夜中に何度も目を覚ましながらもまた眠り込んでしまうのでした。女将の朝ドラが終わるのを待って、台所で一昨日残った三日目の蕎麦を茹で、蕎麦汁に納豆とオクラを入れて朝食を食べる。亭主が家を出て蕎麦屋に向かったのも、最近では珍しく遅かったので、女将が直ぐ後からやって来て幟を出した。

昨日はご飯物が随分と出たから、米を研いで炊飯器にかけたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。気温はいつもより低い28℃だったけれど、湿度が70%近くあるから、少しは涼しい気もするけれど、やはり動くと蒸し蒸しと汗をかくのです。加水率は39%でいつもの調子で伸して畳んで、切りべら27本で130g と、今日も上々の出来栄えなのでした。ただ、連休最終日とはいえ、明日から盆休みの月曜日だというのが気になり、生舟一箱だけの蕎麦の用意。

小鉢の漬けものもいつもよりは鉢の数を減らして、足らなければ南瓜と小豆の従姉妹煮を出そうと考えていました。野菜サラダは休日だからと四皿用意ししたら、開店して直ぐにいらっした最初のお客が、ご夫婦でヘルシーランチセットの天せいろを頼まれたから嬉しかったのです。考えたら、昨日も今日も、ご新規のお客さんよりリピーターさんや常連のお客の方が多いのです。暑い最中に、霊犀亭の蕎麦を食べようと来て下さる方々に感謝しなければならない。

「こんなにゆっくり食べられるなんて嬉しいわ」とは、ご家族でテーブル席に座られたお客様。女将が言うには、「混んだ週末は、他のお客に悪いと思って気持ちが急かされるんじゃない」ゆっくりされたいと思ったら、週末ではなくて平日にいらっしゃればこちらも助かるのだけれど、世の中、なかなか上手く行かないものです。昨日ほどは混まなかったから、お客のいない時間を見計らって、ミニ菜園のオクラを見に行った。次々と花が咲いて、また、実が大きくなりそう。

ついでに、隣の畑のひまわりを正面から見ようと50m 程歩いて、駅前の高層マンション群をバックに写真に収める。昨日の夕刻まで、お爺さんが草取りをしていた畑の縁は、すっかり綺麗になっていました。雲間に夏の青空が広がって、昨日ほどではなくとも相当に熱い陽射しなのです。その畑の隣に、平屋で佇む霊犀亭は、周りに家が建ち並んだから、以前と違ってあまり目立たない。幟が立っているのが、蕎麦屋と判るぐらいで、多くの車が通り過ぎた昼でした。

明日からのお盆休みを前に、閉店時間の間近になると、冷蔵庫の残り物をどう処理しようかと思案する亭主。野菜籠はかなり空っぽになってきたけれど、切り分けてしまった天麩羅の具材は、揚げてしまわなければ始末に困るだろう。油も今日で終わりにしようと、次々に揚げ物をしていくのですが、タイミングが悪いことに、解凍した海老が随分と沢山残っていた。蕎麦の残りも沢山あるからと、お袋様に電話をして届けてやることにする。月曜は後片付けが大変です。

女将に洗い物を任せて、亭主は家に車を取りに行く。わずか300m が灼熱地獄。いつもより少ないとは言え、お盆休みがあるから、冷蔵庫の食材をすべて持ち帰るのは歩きでは無理なのでした。ついでにお袋様の家に寄って、蕎麦や天麩羅を届け、女将を家まで送ったら、亭主は途中で昼飯にサンドイッチと、夜に飲む芋焼酎や炭酸をコンビニで買って、再び蕎麦屋に戻って、大釜の掃除。女将は夕刻になって、暑いけれど今日は歩いていないからと買い物に行く。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.