汗が止まらない…

夏のウッドデッキに涼しげな緑のカーテン。なかなかの力作だったが、朝顔のは花がほとんど咲かないのは、日照不足だった長い梅雨の影響だろうか。それとも、やはり、同じ花から種を取って何年も植え続けたからか。来年は新しい種を買って植えてみようと、女将と話しているのです。早朝5時のpekoの散歩の時間帯には、やけに涼しくふと秋の気配。ところが、朝食を食べ終えて、8時過ぎに家を出る頃には、昼の暑さの前触れで、蕎麦屋に着くまでに汗だく。

お爺さんが植えたひまわりの花の咲く隣の畑を眺めながら幟を立てて、ミニ菜園の野菜たちに水遣りをすれば、胡瓜も茄子もピーマンもまだまだ元気に実を付けているから心強いのです。熱気のこもった厨房に入って朝の仕事を済ませたら、もう汗だくになっていたので、奥の座敷に入って下着を取り替え、風呂場の洗濯機で洗っておく。昨日よりも気温は低いはずなのに、何故か汗が止まらないのです。身体が熱さに順応してきているのは好いのだけれど、大変。

デパートの23区(オンワード樫山)で買ったVネックのシャツに着替えたら、汗が気にならなくなったから女将に言えば、「平織りのシャツは汗がべっとりくっついてしまうのよ」と、知った風な事を言う。こまめに冷やした蕎麦茶を飲みながら、33℃の蕎麦打ち室に入って、今朝の蕎麦を打ち始める。湿度は42%だったから、今朝も加水率は39%。これでしっとりと好い具合に蕎麦が打てました。切りべらは27本、細すぎもせず、このくらいが一番いいのかも知れない。

本伸しに入る時に、どれだけの幅にするかをあらかじめ決めているのですが、生地が柔らかいとつい伸ばしすぎて幅が広くなるのです。そうすると、切りべらの本数が増えることになるから、細すぎるという結果になる。やはり水回しの段階が基本なのでしょう。女将が早お昼から帰る頃には、大釜の湯も沸いていたから、お茶のポットに湯を入れて、亭主は野菜サラダの具材を刻んで、後は盛り付けるばかり。と、玄関口で女将が何やら客と話している様子なのでした。

11時開店と間違えたお客が、玄関の長椅子に座って待っている様子。「入ってもらいなさいよ」と亭主が言えば、サイクリング姿の二人連れが、カウンターに座るのでした。江戸川区から来たと言うから、「目的地は何処なのですか」と尋ねれば、「ここの蕎麦屋なのです」と言うではありませんか。嬉しい限りでしたが、「しかし、どうして?」と尋ねれば、一人は以前にもいらっしたお客さんなのだとか。ヘルシーランチセットをご所望で、ゆっくりと涼んで帰って頂いたのです。

その間にもお客が続くから、今朝は30分早めの営業開始で、ご夫婦でいらっしたお客様に、「暖簾が出てないけれど、やっていますか?」と言われて初めて暖簾を出す始末なのでした。12時前に生舟の蕎麦が一箱なくなる勢い。洗い物をする間があったのがせめてもの幸いで、後半は中年の常連さんのご夫婦。カレーライスの大盛りと鴨せいろの大盛りのご注文で、これはレンジと火口がどうしても足りない。そのうちに次々とお客が入って、厨房は火の車でした。

駐車場も二度目の満杯で、1時半になったからと、お蕎麦売り切れの看板を出したら、まだお客が来るものだから、断り切れずに最後のお二人をご案内する。これが天丼セットと親子丼セットとしっかりお昼を食べるリピーターのお客様で、調理をする亭主は嬉し楽しで閉店です。夜の営業もあるから、お客が来れば受け付けるけれど、蕎麦を残して閉店にするのも、最近、身につけた自衛手段。やはり、日曜日は、お客が多いのです。昼を食べる暇もなく家に帰る。

女将がスポーツクラブに出掛けた後の出勤は、寝過ごしてもいけないからと30分の仮眠。夜の営業は、大半が明日の仕込みをしたり、洗濯物を干したりと、仕事にに追われる亭主なのですが、6時過ぎになって常連さんがご来店。カウンターに座って、ぼそぼそと話をするのだけれど、大半は聞き取れない。店を閉めて帰る頃には陽も沈んでいたけれど、隣の畑の草取りをしていたお爺さんはまだ仕事を続けていた。三連休の明日は、どんな展開になるのやら楽しみ。