最近、ますます蕎麦打ちが楽しい…

今日の月曜日は、先週の満員御礼とはほど遠いお客の入りでしたが、年配の常連さんが開店直後にいらっして、新蕎麦大盛りで天せいろのご注文。新蕎麦が出てからは、週に一度ぐらいだったのが夏の暑さも手伝ってか、週に二度のペースでいらっしゃるようになったから、よほどお蕎麦がお好きとみえる。有り難いことです。今日は「天麩羅があっさりしていて美味しいね」と、おろしたての胡麻油の味を分かっていただけた。よく考えたら8月に入っているのでした。

お客がいる昼時に店の電話のベルが鳴る。忙しいときは出られないことが多いけれど、最近は暇なので丁寧な受け答えの亭主。「○○の○○ですけれど、今日はお蕎麦ありますか?」と、少し遠い町のリピーターさん。先週の月曜日に奥様と最後にいらっして、蕎麦が売り切れていたのでうどんとガレットを食べていただいたお客さんなのでした。「大丈夫ですよ。今日は空いていますので…」と応えると、「私はガレットをお願いします」と、これも意外な事なのでワクワク。

店には静かなBGMの流れる昼のひととき、ゆっくりと寛いで蕎麦を食べていただくお客のいる幸せを感じている亭主。自分のイメージ通りの品の良い店の雰囲気になっているのが嬉しいのでした。カウンター越しの会話で、奥様はお蕎麦なのに、「どうしてまたガレットなのです?」と尋ねると、「私はピザが好きなんですよ」とおっしゃるから、何か通じるものがあるのかと目から鱗。「いろんなピザがあるけれど、もっちり感があって表面はカリッとが好い…」とおっしゃる。

これは亭主の感じているピザの美味しさと同じだったので、その趣向で開発した亭のガレットが気になったのか知らん。野菜たっぷりでベーコンとチーズのトッピング。なにか波長が合ったという感じで、食べ物についての話が弾む。お話を伺っているうちに、年齢の割には油の多いお食事が多いのがちょっと気になったけれど、エクストラバージンオイルで焼いている亭のガレットなら、カロリーも少なめで栄養のバランスもいいのではと、ついつい話が長くなりました。

客の少ない店だから、蕎麦湯もその日に打った蕎麦の端切れを溶いて作ってお出しすることが出来る。開店直後の混んだ時期には、その余裕がなかったのが残念でなりません。蕎麦好きのお客は、たっぷりと器に入れた蕎麦湯をすべて飲み尽くしてくださるから嬉しい限り。一つ一つ丁寧な仕事をする事が、将来に繋がると信じて疑わないから救いようのない馬鹿?今日も沢山の残りものを持ち帰らなければならなかったけれど、帰る亭主を女将は優しく迎える。

小鉢も沢山作りすぎるから、残ると月曜日は大変なのです。家で残りを食べなければならないから、自分が美味しいと思うものしか作らない亭主。胡瓜と紫蘇の葉、茗荷の梅紫蘇和えは、この夏の傑作と自負しているけれど、主役ではないから所詮付け合わせの小鉢の悲しさ。今朝野菜を刻んで作ったサラダも予備を含めてすべて破棄しなければならない悲しさ。先月は家のガス代が随分減ったと女将が言っていたのを思い出す。残りものを食べて暮らす日々。

明日の定休日は、夏休みに入った女将のお稽古もお休みで、朝から裏庭の雑草取りを頼まれた亭主。昼に知り合いの奥様がやっている千葉のコーヒー屋さんに行ってみようと提案すると、意外にも「この間は休みだったからね」と久しぶりの外出を楽しみにする様子。二日ある定休日の使い方も、蕎麦屋へ行くばかりではなく、少しは考えないといけないと思うのでした。夜のプールで泳いで汗をかき、珍しくウイスキーを飲んでこのブログを書く亭主。ほろ酔い気分。

 

 

This entry was posted in ブログ作成, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.