連日の猛暑で…

早朝5時の通りはいくらか涼しかったのだけれど、散歩に出たpekoは10m も歩こうとしない。加齢というだけではなくて、やはり、朝になっても地表の温度が下がっていないのかも知れない。女将の起き出す前に、ざるラーメン餃子を作って食べ、7時前には再び横になって眠る亭主なのでした。朝ドラの時間には目を覚まして、蕎麦屋に出掛けようと玄関を出れば、庭の葵の花が元気なのが嬉しい。自分自身もかつては、夏になると元気になっていたから尚更です。

自宅から300mほどしか離れていない蕎麦屋までの道程が、何㎞もあるような気がしてしまうのは、25℃の早朝と違って8時過ぎの気温が30℃を越えているから。背筋を伸ばして元気に歩こうとしても、なだらかな勾配の通りを、陽射しがジリジリと照りつけるから、何時の間にか歩く速度が遅くなるのです。今朝方のpekoと同じで、これは加齢というよりやはり暑さのせいと思いたいところだけれど…。それでも目的があるから外に出て歩くだけまだ健康には好いか。

店のエアコンを入れたら、幟を出してミニ菜園の様子を見て回る。昼間になるとこの暑さで茄子や胡瓜の葉が萎れるから、朝のうちにしっかりと水遣りをしておく。オクラも、昨日採ったばかりなのに、もう次の実が育っているから恐ろしい成長力。洗濯物を干して朝のひと仕事を終えたら、室温34℃の蕎麦打ち室に入って、蕎麦粉の計量をするのです。さすがにもう少し温度が下がってから、蕎麦を打つことにして、今朝の段取りを、もう一度おさらいしておくのでした。

やっと31℃まで室温の下がった蕎麦打ち室の湿度は48%。加水率は昨日と同じく39%で今日も蕎麦を打つ。本伸しまで綺麗に終えたら、八つに畳んでも上々の出来で、切りべら27本で130g と、いつものペースに戻って好い仕上がりです。やはり、切りべらが30本を超えると、洗いと盛り付けまでは上手くいっても、お客が手元で蕎麦を箸で摘む時に切れることがあるのです。右利きのお客が多いから、蕎麦皿の左側から盛り付けるけれど、左から食べると切れる。

細さもゆで加減もほどほどにしないと、どちら側から食べても切れた蕎麦では美味しくないのです。今朝の蕎麦打ちを終え、昨日遅い時間に漬けた糠床から、茄子と胡瓜を取り出して、小鉢に切り分ける。ミョウバンが効いているから、茄子の色も鮮やか。大きな胡瓜と茄子とを二本ずつ漬けたら、八鉢盛り付けても半分近くは残ってしまうから、容器に入れて家に持ち帰って食べるのです。女将の漬けた糠漬けと違って、酒の肴にもご飯のおかずにもちょうど好い。

蕎麦打ちが一回だけだったから、早い時間に野菜サラダの具材切りに入って、今日は開店前に賄い蕎麦を食べることが出来た。女将もいつもより早めに店に来てくれて、準備は万端だったけれど、やはり日中は暑すぎる。暖簾を出す前に、亭主が駐車場にある水道のホースで打ち水をしたら、わずか15分ですっかり乾いてしまった。これぞまさに焼け石に水。開店後1時間が経ってもお客の気配はない。暇をもてあまし、ミニ菜園に野菜を採りに出る亭主なのでした。

それでもまだ、話し相手の女将がいるから慰められる。週末だけでも亭主の道楽に付き合う女将は、いったい何を考えているやら。ミニ菜園から採ってきた野菜を女将に渡せば、新鮮な野菜を嬉しそうに持って帰るから、それも無言の夫婦の会話。やっと最初のお客が来たのは、午後の1時過ぎなのでした。ご夫婦でヘルシーランチセットの天せいろのご注文だったから、開店前に用意した食材が次々と出るから嬉しい。閉店間際までお客が入って、なんとか助かった。

出汁巻き卵や鴨葱の塩焼きまでご注文があったので、久し振りに出汁で溶いた卵を銅鍋で焼く。銅鍋の手入れをしっかりとしてあったから、今日はしっかりと卵が巻けたのが嬉しいのでした。早めに片付けを済ませて女将と家に帰る道々、「日陰があるからまだ涼しいわよ」とは女将の言。若い頃はこんなに暑くなかったのではと二人で言うから可笑しい。冷たい梨を剥いてもらって、pekoのいる居間で一休み。夜も客がなかったから早終い。明日はどうなることやら。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.