朝風の涼しさも何処へやら…

pekoの散歩に出てくれた女将が、「今朝は涼しい風が吹いているわ」と言っていたとおり、朝ドラの時間に蕎麦屋に向かう亭主は、これは秋風だろうと思うのでした。気温は高いから、28度くらいの外気温なのでしょうけれど、「風の音にぞ驚かれぬる」の言葉通りなのです。我が家の庭に真っ赤なモミジアオイが咲いて、朝の陽の光に輝いていました。蕎麦屋に着いたら、店の中は厨房は31℃と、暖かさが内に籠もる平屋の悲しさ。蕎麦打ち室は、32℃もあったのです。

幟を出したら、まずは、ミニ菜園の様子を見に出る。南西の角に植えたオクラが、最近、やけに元気なので、大きくなりすぎないかと心配なのです。葉と同じ色で実が育つから、少し角度を変えて見ないと好く判らない。日照不足の影響か、今年は、枝が大きく育たないうちに、もう花も咲いて実がなっているのです。昨日の朝は採らなかった実を、今朝は収穫したから、一晩で5cm は伸びている計算です。育ち盛りの胡瓜も同じで、見逃しているとどんどんと大きくなる。

店の天麩羅の具材には、スーパーでJAの審査を通った立派なオクラを買ってあるから、今朝の収穫は、家に持ち帰って女将に調理を任せるのですが、毎日、オクラが採れても家でも困る。その兼ね合いがなかなか難しいのです。1本10円ほどの値段なのですが、ミニ菜園で採れる時期には、スーパーも値段が安いから尚更です。夏野菜は総じて同じ。少し少なめに仕入れて、蕎麦屋で採れる野菜を上手く利用している。素材の新鮮さは何物にも代えがたいから。

お客の少なかった昨日も、生舟には半分ほど蕎麦が残っていたから、今朝はまた生舟に一箱分、蕎麦を一回だけ打つことにしたのです。四つ出しを終えて、90度ずつ回転をさせては伸して、。生地の厚味を均等にしていく。忙しいときには飛ばしてしまうこの作業は、実はとても大切な作業でもあるのです。生地の柔らかさがちょうど好い時には、回転させなくても生地は厚味が均等になるのですが、そうでない時には、手抜きした蕎麦打ちになって、客に出せない。

今朝も上手く仕上がった証拠には、八つに畳んだ時に、綺麗な畳み具合に仕上がるのです。これを切りべら28本で130g に包丁打ちすると、イメージ通りの蕎麦が仕上がるから嬉しい。今朝は蕎麦打ちが一回だけだったので、かなり時間にも余裕があったのです。開店前の3時間が、その朝の亭主の仕込み時間だから、今日は奥の座敷で一服する時間が取れたました。窓辺の胡瓜がまだ元気で、新しい実を付けている。結果的には、胡瓜は今年も豊作だった。

厨房に戻って野菜サラダの具材を刻めば、もう開店前の仕込みは終わりです。スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる時に、ちょっと目を離して大きくなりすぎたオクラを、天麩羅にしてみたのですが、これは繊維質が硬すぎて食べられたものではない。お客に出す前で好かった。少しでも心配な時には、必ず味見をしてみるのが鉄則です。素材が新鮮だからと安心していてはいけないのです。三皿用意した野菜サラダは、最初のお客ですべて完売だったから嬉しい。

それでも、昨日よりはお客の少なかった金曜日。先週よりは少しはお客が増えたけれど、まだまだ暑さの影響は続いているらしい。ヘルシーランチセットが出て、残り少なくなった蕎麦豆腐を仕込み、デザートもなくなりそうだからフルーツの寒天寄せを作っておく。蕎麦汁も明日の土曜分はないだろうからと、出汁を取る準備をしたら、今日は早めに片付けて、スタッフと店を出るのでした。朝の涼しさはどこへやら、熱風の吹く午後なのです。あれは幻の秋風だったか。

お客の少ない日は、亭主も疲れていないから、家に帰って一休みしたら、早速プールに出掛けてひと泳ぎです。女将のスポーツクラブに行っている間に、プールで泳いだ後で、蕎麦屋で出汁を取り、糠漬けを漬けて、洗濯物まで干してくる元気さは、我ながらまだまだやれると思うのでした。家に戻って女将の帰る前に、豚のハラミの串焼きを焼いて、お新香で夕食時の一献。お盆前の明日からの三連休が少し気になるけれど、マイペースでやるしかないのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.