夜明け前に起き出して…

夜明け前の目覚めがまだ続いている亭主。というよりは、その時間近くになって、いつの間にかエアコンのスイッチを入れているのだけれど、それでも汗をかいて目が覚めるのです。このところずっと熱帯夜が続いているから、これがいつもの夏だったろうかと思うのです。今朝も、あたりがまだ薄暗いうちに、しっかりと目覚めてしまう。日の出前の太陽が、南西の空に光を投げかけて、紫色に染まる。午前4時半の書斎から見る景色は、どこか詩的で美しいのです。

5時近くになってpekoも目覚めるから、「散歩に行くか?」と主人が聞けば、玄関へのドアの前に進み出るから、亭主も仕方なく支度をして通りに出るのです。まだ涼しいというのか、朝からもう暑いというのか、誰もいない通りを二人して寝ぼけ眼で徘徊してくる。pekoに餌を遣りながら、亭主も冷蔵庫に入っていた冷えたスイカをむさぼり食うのでした。朝食の時間までは、まだ1時間以上もあるし、テレビを見るのもつまらない。再び、床に入って、浅き夢見し酔ひもせず。

昨日の晩に、明日のデザートの仕込みを考えていたら、粉寒天の袋がもうなくなっているのを思い出したのです。4g の分包を売っているのは、駅前の大型ショッピングモールの食料品コーナーだけ。女将に、「何時から開いているの?」と尋ねれば、「私はほとんど行かないから知らないわよ」と、別棟の建物のスポーツクラブに通っている割には素っ気ない。あまりにも広すぎて、ちょっと寄るには面倒な場所なのです。悪いと思ったのか、新聞広告を調べてくれた。

他の店は10時開店なのだけれど、食料品コーナーは朝の8時からやっていると聞いて、今日一日の流れが決まった。女将の夢中な朝ドラの始まる時間に家を出れば、普段は駐車場も満配だからつい行きそびれるのに、入口近くでもガラガラで、これは好いことを学んだと、仕入れ切れなかった物を手に入れる方法を知るのでした。分包の寒天粉は割高だけれど、1回500gの液体に溶かすには、使い勝手がいいからやはり手放せない。早速、蕎麦屋で抹茶小豆…。

その間に、隣の火口で蕎麦茶を沸かして、鍋ごと水に浸けて冷ましておく。冷蔵庫に入れておけば、よく冷えるし、翌日になっても綠色と香りがなくならないから便利なのです。年配のお客は暑い夏でも熱い蕎麦茶で好いのだけれど、若い方はやはり冷たい水をと頼まれることが多いので、手間はかかるけれど、冷たい蕎麦茶も用意しておく。次に明日の天麩羅の具材を切り分けて、容器に入れて冷蔵庫に保存する。今週の季節のサービスの野菜はオクラにした。

蕎麦豆腐も仕込んだし、ここまで終えれば後は夕刻に糠漬けを漬けるだけ。家に戻って女将の帰る前に昼食の用意をしたら、二人で昼を食べて午後の昼寝。そして、子どもたちのスイミング教室の始まる前に、プールでひと泳ぎをすれば、夜の防犯パトロールに出掛けるだけ。昼は麻婆茄子のアレンジで、冷蔵庫に残った玉葱やピーマン、バラ肉、葱を使って、大蒜、生姜を刻むところから、本格的な中華。甜麺醤と豆板醤に米酢を入れて味は抜群の筈なのです。

食後にひと眠りしたら、クラクラとするような昼の熱い陽射しの中を、駅前の高層マンション群まで車を走らせる。その四階部分に亭主の通うスポーツクラブがあって、その一画の3階4階部分がプールになっているのです。この暑さだから客も少ないかと思いきや、直前のアクアプログラムの終わった小母さんたちが、群れをなして水の中で涼んでいるものだから、いつになく混雑しているのでした。一番人の少ない「速く泳ぐコース」に入っても、十分について行けた。

女将に頼まれた肉や魚のタンパク質類を買い求めて、家に荷物を置いたら直ぐに蕎麦屋へ出掛けて今日の仕込みの締めくくりです。ミニ菜園に出て、茄子や胡瓜を収穫して家に持って帰る。早い夕食にざるラーメンを茹でて、女将に餃子を焼いてもらう。香ばしい四川風の辣油を入れて、今日は中華三昧なのでした。西の空が真っ赤に染まる時分に、夜のパトロールは始まる。「夕空晴れて秋風吹く」の歌の文句のように、空気が少し涼しくなってきた。明日は立秋。