熱風の吹く午後…

夕べは一段と熱い夜で、さすがの亭主もエアコンを点けたままで眠ったのでした。それでも汗をかいて目覚める朝。さすがにプールと夜のパトロールがあったから、今朝は6時まで熟睡ししたのです。「昨日の昼の暑さが夜になっても冷めないのよ」と女将は言う。庭に大きな木のあるご近所に、つがいでホトトギスがいるのを見かけるのですが、今朝は、我が家の前の電線に止まって鳴いていました。ケキョケキョと鳴く時と、チュルルルと鳴く時があるような気がする。

雄と雌とでも鳴き声が違うのだろう。派手でけたたましいのは、鳥の場合は雄と相場は決まっているかも。朝から一人ピリ辛の麻婆茄子を作って、女将より先に朝食を済ませた亭主は、朝ドラの始まる前に蕎麦屋へ出掛けるのでした。隣のお爺さんの畑に、今年も植えたひまわりが咲き始めたから、100mほど蕎麦屋を通りすぎて写真を採りに行く。駅前の高層マンションと今朝の青空との取り合わせが綺麗なのでした。そして蕎麦屋に戻って、ミニ菜園の様子を見る。

昨日、胡瓜は収穫しておいたから、今朝は茄子とオクラを採ってくる。オクラの実は、葉と同じ色だから、よく見ないと採り忘れて大きくなりすぎて硬くなってしまうのです。次に米を研いで炊飯器にかける。そして、糠床から夕べ漬けた茄子と胡瓜を取り出して、小鉢に盛り付ける。定休日明けは、いろいろと仕込みが多いけれど、昨日までにほとんど終えているから、後は蕎麦を伸して、葱切りと野菜サラダの具材を刻むだけ。捏ねた蕎麦玉を寝かせる間に一休みです。

定休日明けだから、今日は二玉の蕎麦を打ったけれど、いずれも加水率39%でちょうど好い柔らかさでした。最近は、本伸しに入る前に、以前のように四つ出しの後で、90度回転させて生地の厚味を均等にする作業を繰り返すようになりました。巻き棒に巻かない分、柔らかめの生地の場合に、どうしても生地の厚味に偏りが出来やすいのです。それでも巻き棒に巻いて伸すよりは時間がかからないから、750g ぐらいの量ならその方が簡便というものなのです。

あまり暑い日が続くから、先週も平日はそんなにお客は来なかったけれど、今週になって月曜日も少しお客が増えているから、生舟に一杯分は蕎麦を用意しておこうと考えたのです。切りべらは30本で130g と、少し細めの蕎麦を打ち終えて、まだ開店までは30分ほどあったから、端切れと月曜日の残った蕎麦とを茹でて、スタッフとぶっかけにして賄い蕎麦を食べておく。雲のない青空の外は、かなりの暑さになってきたらしく、厨房の温度はすぐに30℃になりました。

暖簾を出して間もなく、女性のお客が続いてご来店でした。カウンターにもお一人のお客が続いて、天せいろや天丼セットが続けざまに出たので、取りあえずほっとする亭主。歩いていらっした若い男性は、どこから来たのだろうか。冷たい蕎麦茶を続けざまに飲んでいたから、相当に熱かったに違いない。昼のいっ時だけ賑わっただけで、その後はもうお客が来ないから、やはりこの暑さではと思うのでした。梅雨が明けて急に暑くなった先週よりは、お客の数が多い。

今日は立秋だというのに、遅かった梅雨明けの後は忙しさにかまけて、暑中見舞いも出していない。仕方がないから残暑見舞いを出そうと思うのだけれど、郵便局に写真用のハガキも買いに行っていない。まあ、暑すぎて、日中は蕎麦屋から歩いて家に帰るだけでもう動けない。家に帰って冷たく冷えたトマトを丸かじりする亭主。そう言えば今日は、朝からシャワーを浴びたのだった。火照った身体を冷やすには、これは案外効果的だと、今更ながら気が付いた。

夜がぐっすり眠れたせいか、今日は昼寝もせずにプールに出掛けたのです。早い時間だと、まだ子どもたちのスイミングも始まったばかりで、二コースぐらいは泳ぐスペースがあるから、25mを泳いでは立ち止まる人たちを追い越しながら、のんびりと泳ぎ続ける。帰りに買い物もなかったから、そのまま蕎麦屋へ寄って、洗濯物を干して、漬け物の残りを家に持ち帰る。ついでにミニ菜園の野菜たちにたっぷりと水遣りをする。地植えはまだしもポットはすぐに乾く。