まるでスコール、ここはどこ…

昨晩は蕎麦屋の夜のお客があったので、風呂に入ったらもう眠気が襲ってきた夜でしたが、最後の力を振り絞って隣町まで買い物に出掛ける亭主。魚が何もなかったのと、果物が底をついたので、日中に暑い中を女将が持ち帰らなくて済むように、涼しい夜のうちに車で出掛けていったのです。ついでに珍しく寝酒に懐かしいウィスキーを買って帰る。琥珀色の酒をなめながらブログを仕上げたら久しぶりにぐっすりと眠れたから、朝は4時前に目が覚めたのでした。

主人が活動を止めて早く寝室に引き上げると、犬も当然早くから眠るから、居間に現れた亭主にpekoがくるくると回って見せて朝食のおねだりをする。きっとこの犬が小さな頃に、最初の飼い主だった息子がお回りを教えたのでしょう。今となっては、食事を求める合図となっているのです。食べ終えると散歩に出るのが常だから、今朝はまだ暗いうちからその気になっている様子。陽の昇らないうちは涼しいから、いつも会う近所の奥さんが老犬の散歩に出ていました。

家に戻ってもまだ5時前だから、女将は当然夢の中。3日目となった最後の蕎麦を茹でて、しゃぶしゃぶ用の肉や野菜を載せて冷やし中華風にぶっかけ蕎麦を食べる。二種類の小麦粉を合わせて二八で打つようになってからというもの、グルテンがいい感じで効き始めるのか、保存状態さえよければ、短く切れたりせずに寝かせるだけ熟成するという感じで、後は茹で時間がものを言う。例によって食後に一眠りをして、暑くなった時分に再び蕎麦屋へ向かうのです。

蕎麦屋の玄関では咲き出したお銀ちゃんが亭主を迎えてくれる。店のぐるりのミニ菜園も、朝の水遣りに30分はかかる。今日の小鉢は昨日仕込んだキュウリと油揚げの煮物。お客さんも「冬瓜かと思ったけれど、もしかして胡瓜?」と驚かれた。色が鮮やかに出たのは採ったばかりで新鮮だからだと思う。今日も例によってお客は少なかったけれど、年配のご夫婦のご主人がガレットのご注文で、素直に「嬉しいです」と応える亭主。奥様はヘルシーランチセットのB…。

どうもガレットを知っている方らしく、野菜サラダをたっぷりと彩り鮮やかにお出ししたら、「これは凄い」とお褒めの言葉。「うちははカリカリには焼かないのですよ」と、亭主が言い訳をする。しばらくは辛抱をしてこうしたメニューを続けていれば、いろいろな注文が出るようになるのかも知れない。そのためには、一つ一つのメニューを印象のある美味しさにしていかなければ。蕎麦汁や蕎麦湯の美味さももう少し宣伝してもいいかも知れない。今日も勉強になった午後。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.