いよいよ夏も本番か…

暑くて目の覚める朝でした。タオルで汗を拭って、pekoの散歩に出掛ければ、今朝も青空が日広がって、真夏の陽射しなのです。人も犬も同じで、急激な暑さに慣れないうちは、身体もなかなか適応できないとみえて、pekoも公園まで歩いたかと思ったら、もう家の方角に逆戻りなのでした。長年、夏になると食欲も出て元気が出る亭主も、このところの暑さには少しめげている。佐倉は昨日も34℃まで気温が上がったと言うから、一昔前とはちょっと違う暑さなのです。

昨夜は週末の貸し切り昼食会のレシピ表を完成させて、お品書きまで印刷しておいたのです。季節の野菜類とタンパク質を旨く取り混ぜて、お客の希望の値段で提供しなければならないから難しい。前菜、先付け、サラダ、煮物に焼き物、箸休め、揚げ物に天麩羅を出して、最後は蕎麦を茹でる。それでデザートまで出すから、どうしても原価率は6割になる。そんな値段でどうして引き受けるのかと、先日も調理師学校の担任に言われたのですが、そこが地元の妙。

料理を嗜む親父様たちの暑気払いだと言うから、蕎麦屋の霊犀亭ではこのくらいの品をお出ししますと言いたい。いつも定番の同じ料理ばかり出している蕎麦屋だから、たまには調理師としての腕を振るってみたいのです。美味しく楽しく料理をするのが基本です。今朝も蕎麦屋へ行く出がけに、庭の金柑の花が満開になっているのを見た。これが冬場にまた金色の実を付けて、金柑大福の材料になるのかと思うと、季節の移り変わりが本当に愛おしく感じます。

今朝は、午前中に返しを作りながら、蕎麦豆腐と練り羊羹を仕込んだら、買い残した食材を仕入れに隣町のスーパーまで出掛けて行く亭主。スーパーの広い駐車場の片隅に、琉球朝顔が元気に咲いていました。毎年同じ場所に咲くから、もしかして多年草なのかしら。オーシャンブルーという園芸種で、亭主が自宅で植えたら、蔓が二階の出窓まで伸びて大変だった覚えがある生命力が強い花なのです。日本朝顔は朝の8時にはもう萎んでしまうから儚い美しさ。

蕎麦屋に戻ってミニ菜園の様子を見たら、オクラが花を咲かせていたから嬉しい。今年は日照不足のせいか、茎が大きくならないで花を付けている。果たして、どれだけの収穫が出来るのか。女将がスポーツクラブから戻る時間までにと、冷凍してあったもずくを塩抜きしたら、沸騰したお湯で湯がいて、ミニ菜園での朝採りの胡瓜を掃除(ピーラーで皮を削る)して、鮨酢に浸けこむ。これに茹で蛸を入れてモズクと蛸の酢の物の仕込みは完了です。箸休めに出そう。

もずくは春先に石垣島の海メロから、前の海で採ったものを大量に送って頂いたもので、自宅で少しだけ食べたら、残りは蕎麦屋では大事に使っている。これから暑くなる時期には、さっぱりとした小鉢として出すのだけれど、食材の仕入れ費用のかさむこういう時に、上手に使わせてもらうのです。今日も一番小さな容器に自宅用の酢の物を入れて家に持ち帰り、昼に帰って来た女将と一緒に、最後の蕎麦を茹でて、美味しく頂きました。我が家では夏の風物詩です。

蕎麦屋の厨房はエアコンを入れていても34℃と異様な暑さだったから、今日も相当な暑さなのです。駐車場に停めて置いた車の車外温度は40℃。昼飯を食べたら、エアコンを効かせた書斎で横になるのですが、頭の中は、明日の仕込みと週末の準備のことで一杯一杯。まあ、これが楽しいと言えばそれまでなのですが、30分ほどウトウトとしたら、もう蕎麦屋に出掛けて糠漬けをする時刻。明日の天麩羅の具材を切り分けたら、高野豆腐に添える煮物を仕上げる。

結局、プールに出掛ける時間が取れなくて、夕刻の防犯パトロールに備え、早めに夕食を食べておくのです。町内の半分ずつの通りを二手に分かれて網羅して歩く5キロ近い巡回は、この暑さの中だから汗だくだく。70歳をとうに越えた老人たちの元気なのには頭が下がります。10数名の今日のメンバーが二手に分かれて小一時間の行軍です。家に戻っても身体が熱すぎて、風呂に入ることも出来ずに、シャワーを浴びながら身体を洗う始末で、寝酒が美味い。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.