定休日にはたまには寝坊も好い…

暑すぎて汗だくになりながら、4時過ぎから何度も目を覚ましていた亭主も、寝直しを繰り返して女将の朝ドラの始まる時間まで起きられなかった。定休日だからと安心はしていたけれど、お袋様と仕入に出かける時間には間に合わせなければならない。昨夜も、夜食に蕎麦を茹でて食べたばかりなのに、朝もまた蕎麦を茹でる亭主。定休日前日にお客が少ないと、三食蕎麦を食べることを覚悟しなければならないのです。モミジアオイが綺麗に咲いた朝なのでした。

梅雨明けで急に暑くなったから、あまりクーラーを使いたがらないお袋様も心配だったけれど、暑かった昨日は一日外に出なかったと言うから、まずは安心。一週間の出来事をお互いに話しながら、農産物直売所へ行って、新鮮な野菜を仕入れる。荷物を運んでくる若者が、昨日の朝採った卵ですよと言うので、少し値が張ったけれど買い求めておく。その足で、隣町のスーはパーまで掛けて、沢山の食材を仕入れるのでした。今週末は、暑気払いの昼食会がある。

昨日の夜が遅かったのは、この昼食会のレシピ表を作っていたから。高齢の親父様たちが集う料理の会の暑気払いの昼食会だというので、前例のない格安の値段でどれだけの料理が出せるものなのかと、思案を繰り返していたのです。店を貸し切りにして他の客も来ないのに、その値段ではお受けできないと言えば、それで話は終わりなのですが、幹事を務める常連さんの気苦労もあるからと、なんとか形だけは、ミニ蕎麦懐石ということにして、実現させたい。

選別をして仕入れた生椎茸を店の厨房でもう一度選別し直して、早く使った方が好いものとそうでないものとを選り分ける。市場から直送の高級食材だけを扱う店なら、こんな苦労はないのだろうけれど、小さな蕎麦屋ではそうは行かないから大変なのです。最初に仕入れる段階で、古そうなものと新鮮なものとを見極めなければならないし、多少古いものがあっても、店にに文句を言いに行く暇もないのが実情なのです。悪くなりやすい食材は避けるのが正解です。

冷凍した柚子の皮の千切りを使い切るのはこの時期と、大根のなた漬けを仕込むのでした。夏場の大根は、いいものに当たらないとなた漬けも美味しく出来ないから、その選別も亭主の目利きにかかってくる。幸いにも、今日は割りといい大根が出ていたので、余分に買って帰ったのです。塩揉みにして水が上がってきたら、甘酒の素と砂糖を入れて、柚子と京唐辛子を加えて、更に漬け込むのです。時間を掛けないとなかなか美味しいものは出来ないと知るべし。

昼は家に戻って、女将と昨日の残りの蕎麦を茹でて食べる。蕎麦屋の駐車場に停めて置いた車の車外温度は40℃になっていたから、今日の暑さは相当なものなのです。食休みのひとときに、女将か先日来スマホの調子がおかしいと言うので、サポートセンターに電話をすれば、近くのドコモショップに行けというので、午後の暑い時間帯に女将と出かけて小一時間待ったのです。結局は、古い端末はもう寿命とかで、新しい携帯を買わせられるハメになるのでした。

暑い日中は外出を避けて、夕食を終えたところで蕎麦屋へ出掛けて出汁取りを始める。出汁を取っている間に、後ろのコンロで湯を沸かし、小松菜を茹でておくのです。鴨せいろや鴨南蛮用にしか使わないから、切り分けて冷凍しておくのですが、忘れてしまうと困るのから、日々のチェックは欠かせない。今週は、週末に貸し切りの会食が入っているから、確実に蕎麦汁も必要になる。途中で出汁を取る暇があるかどうか分からないので、多めに作って置きました。

5㍑の出汁を一番、二番と取っていると、どうしても1時間以上は時間がかかるのです。蕎麦徳利に蕎麦汁を詰め終えたところで、返しが底をついたから、明日は返しを作らなければならない。家に戻ればちょうど風呂の時間で、pekoのいる居間はエアコンが効いていて快適なのでした。二階部分のない亭主の書斎は、一旦エアコンを止めてしまうと、蒸し風呂のようになるので、涼しくなるまでは中には入れない。最近は夜も、寝苦しい暑さが続いて、身体に応えます。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.