暑すぎて…

pekoがまだゲージの中で寝ていたから、蕎麦屋に出掛けて昨日の味噌汁の残りを、女将の朝飯の用意の前に取りに行く。女将に持ち帰れと言われていたのに、昨夜は営業が終わったらすっかり忘れていたのです。蒸した夏の朝空に咲いた木槿の花に、一風変わった蝶が止まっていたから、思わずシャッターを切る亭主なのでした。シロオビアゲハでしょうか。滅多に見ないアゲハチョウだから、後で調べて見たのです。今年はアゲハチョウをよく見る気がする。

女将の朝ドラの始まる時間に再び蕎麦屋に出掛けて、アイスコーヒーを飲みながら、今週末の昼食会の皿合わせをしてみる。団地の親父の料理教室に集う年輩の人たちだと聞いているので、なにか気の利いた季節の料理を出したいと思うのですが、低廉な予算で果たしてどこまで用意できるのかが、一番の課題なのです。今夜はレシピ表を作って、食材の仕入れと値段との折り合いをつけなければならない。ミニ蕎麦懐石風にアレンジして、蕎麦を食べてもらう。

今朝の蕎麦打ちも始めなければならなかったので、途中でシュミレーションは終わりにして、現実に戻る亭主なのでした。室温29℃、湿度56%だったから、38%の加水で上々の出来具合。切りべら29本で130g と、昨日と同じ太さの蕎麦に仕上げ、生舟に残った蕎麦と合わせて、今日も15食弱の蕎麦を用意したのです。定休日前だから、残ればすべて家に持ち帰らなくてはならないのは、相当なリスクでしたが、毎日、蕎麦を打つから蕎麦屋なのだと、譲らない亭主。

それにつけても、水回しの妙で、加水率のぴったりと合った朝は、実に蕎麦が見事に打ち上がる。伸しも打ち粉を振らずにすんなりと終わるし、八つに畳んで切り始めても、包丁がストンと心地よく切り台の板を打つのです。この成功の経験を積み重ねていくうちに、自分の蕎麦打ちももう少し進化するに違いないと確信するのでした。夕べ漬けた茄子と胡瓜を糠床から取り出して、小鉢に切り分ける。次に天麩羅の具材を切り足して、後は野菜サラダを刻むだけです。

平日は、注文が多くても少なくても、三皿の用意と決めているのは、残った場合にスタッフと女将と亭主とで、その日に持ち帰って食べきれる量だから。予備に刻んだ野菜をタッパに入れてあるから、四皿分は作れるので、たまにお客の注文の方が多くて作り足すこともあるのです。こんな小さな蕎麦屋だから、メニューに載せている料理のほとんども、数人分ずつしか用意していないのです。注文が重なってなくなればご免なさいだけれど、滅多にそんなことはない。

蕎麦打ちが一回だけだったから、11時前には開店前の仕込みをすべて終えて、今朝打ったばかりの蕎麦を茹でて、スタッフとぶっかけにして食べる。天かすは昨日の天麩羅のかすだけれど、最高品質の天ぷら粉と胡麻油のお蔭で、翌日でもカリッとしていて、さほど酸化もしない様子。天かすが出ない日には、かき揚げを揚げるのだけれど、これが開店当初に出していた冷やしたぬきを止め、ぶっかけ蕎麦を開発した理由でもあるのです。揚げ玉だけ作るのは大変。

本格的に梅雨明けとなったらしく、外はあまりにも暑すぎるので、こんな日にはお客が来ない。閉店間際に、いつも団地の中で見かける移動販売の豆腐屋の軽トラックが、駐車場に入ってきて、若い男性が天せいろのご注文。「2時で終わりだと知っているのですが、いつも前を通ってなかなか入れなかったのです」今日は、仕事はこれで終わりにしようと、やっと蕎麦を食べることが出来たのだとか。美味しかったから、また来ますと言って帰られたのが嬉しいのでした。

閉店後に最終日の荷物を取りに来てくれた女将も暑い暑いと言っていた。お客の少なかった週は、女将だけでは持ちきれない残り物。片付け物を終えてスタッフと家路に就けば、ジリジリと照りつける太陽が皮膚を焦がす。書斎のエアコンのスイッチを入れて冷える間に、pekoのいる涼しい居間で一休みしたら、パソコンに向かって今日のデータの入力。それから気を取り直して夕刻には、プールに泳ぎに出掛けるのです。暑さのせいか、今日のプールは空いていた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.