結局は晴れた午後で…

最近、亭主が疲れてあまりかまってやらないからか、昨夜はどうしても一緒に寝室に行くというので、久し振りにpekoと一緒に眠ってやったのです。ところが、夜が暑すぎてお互いに離れて寝たものだから、朝までぐっすり目が覚めない。女将も5時には目を覚ますのに、今朝は起きる気配はなかったのです。pekoが起き出したままじっと待っているから、仕方なく居間に行く。外はまた雨降りの様子だから散歩にも行けないし、早く起きても何もすることはないのです。

やはり、このところ急に暑くなったので、身体が疲れるのでしょうか。昨日も夜に調理師学校時代の担任夫婦が蕎麦屋に来てくれたから、女将を呼んで皆で話をしていたのです。女将が目を覚まさないのは、画面が割れて替えたばかりのスマホが、壊れたせいだけではないかも知れない。目覚ましを鳴らして起きる習慣は、若い時からのものなのか、朝は早く出掛ける者もいないのに、その真面目さには頭が下がるのです。7時過ぎにやっと早めの朝食にありつく。

日本食の先生が作ってくれたという青梅の甘露煮を、土産に持って来てくれたから、今朝は早速蕎麦屋で青梅寒天を仕込んだのです。昔、和菓子市の職人だったという日本食の先生は、隣のクラスの担任だったけれど、和食好きの亭主と歳も近いこともあって、随分と懇意にして頂いたのです。青梅の香りが広がる煮汁をしっかりと使って、氷糖蜜と合わせて寒天で煮直したら、青梅を入れた豊缶に流し仕込む。昨夜漬けておいた糠漬けを取りだして、小鉢に盛る。

それから、やっと蕎麦打ち室に入って、今朝の蕎麦を打つのです。生舟に昨日の蕎麦が一箱残っていたから、今日はまた一箱新しく打っておくのです。雨が降っていたから、室温は26℃と低く、店のエアコンを入れているから湿度も50%台。こうなると、加水率は39%弱で好いだろうというのが、今朝の英断でした。しっとりと捏ね上げて、伸しも畳みも申し分のない仕上がりで切りべら28、9本で130g と、亭主の好みの細さの蕎麦が打ち上がったから、気持ちが好い。

女将が来てくれる頃には、もう雨は上がって、濡れてしまうからと出しそびれていた幟を、女将が元気に立ててくれた。これが、今日も営業しますよという合図なのです。涼しいかと思っていたら、やはり外はかなりの暑さらしく、エアコンの設定温度を下げて全開にする。朝から、大釜に火を入れた厨房は28℃の暑さだから、夏場はいつも30℃を越えているのです。時折、陽も差し始めて、野菜サラダの具材を刻んで盛り付けた頃には、すっかり真夏の陽気なのでした。

最初のお客はご家族連れのお客様で、天せいろ付きのヘルシーランチセットのご主人と、天せいろのお嬢様と、ぶっかけ蕎麦の奥様と、注文が天麩羅に統一されていたから、素早く仕上げる。ご家族連れで、てんでバラバラの注文をされることがよくあるけれど、これは時間ばかりかかって、調理する側としてはあまり嬉しくないのです。デザートに出した青梅寒天が爽やかな味だと好評で、ご家族で少しずつ分けて食べていらっした。昼前にお一人の常連客が続く。

ビールを注文された老人には、昨日仕込んだ鰻の煮こごりをお出ししたら、さらに、みつせ鶏の旨搾り団子の串焼きと天せいろを頼まれる。夏休みでもまだ仕事に出ているという女先生は、天丼とせいろ蕎麦のセットのご注文。カウンターの老人がコーヒーを頼まれる頃には、隣町の辛味大根の常連さんが、「また三ヶ月は仕事で来れないので」と、今日は珍しく天せいろの大盛りを頼まれた。なんだかんだと、やはり日曜日はお客が多いから、助かるのでした。

一度、家に戻った亭主は、横になったら携帯の目覚ましの鳴る4時半まで目が覚めなかった。やはり暑さのせいでしょうか。女将はとっくにスポーツクラブに出掛けていたから偉いのです。急いで蕎麦屋に出掛けて大釜に火を入れて、昼の片付けや夜の営業の支度をしながら、明日の小鉢の漬けものを漬けておく。開店間際に様子見にいらっした蕎麦屋の裏手の奥様が、早くからご主人を連れていらっしゃる。いつも同じご注文の老夫婦もゆっくりとなさって頂いた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.