朝のうち豪雨でのち徐々に快晴の一日…

平日でも混んだ昨日の疲れが出たのか、プールで泳いだのが好かったのか、今朝はぐっすりと眠って6時まで目が覚めなかった。雨の音で目覚めて、床の中でストレッチをしていた亭主が、起き出したのは、もう7時近かったのです。外は激しい音を立てる豪雨だと言うのに、「さっきまで雨が上がっていたから、pekoの散歩に行きました」と女将が言う。台風の影響なのでしょうか、事情も分からず朝食を終えたpekoは、床に突っ伏して気持ち好さそうに眠っている。

これは雨の止むのを待って蕎麦屋に出掛けた方が得策だと、8時過ぎまで待っていたら、さっきまでの大雨が嘘のように止んだから、傘も持たずに蕎麦屋に急ぐ亭主。ミニ菜園の様子を見たら、胡瓜が大きくなりすぎてしまいそうだったので、急いで鋏を取りに店の中に入って、気が付いただけ収穫してくる。また雨の降り出さない打ちにと、幟を立てたり、チェーンポールを降ろしたりと、朝の仕事を終わらせるのでした。米を研いで炊飯器にかけたら蕎麦打ち室へ。

熱の籠もっていた室温は31℃、湿度は65%だったけれど、エアコンを入れたら湿度は45%まで直ぐに下がった。ここで難しいのは、今朝の加水率。39%では多すぎるとは思ったけれど、どれだけ減らせば好いのかが分からない。そういう時は蕎麦打ち名人の教えの通りに、まずは37%で打ち始めて、硬いと思ったら掌に水を掬って捏ねていくのです。何でも臨機応変に。それが失敗しない秘訣かも知れない。綠色の蕎麦粉が実に好くこなれて、上々の仕上がり。

丸出しから四つ出し、そして本伸しまで、気持ちの好いほど上手く進めたのは、やはり水回しの妙なのです。今は亡き蕎麦好きだった昔の職場の先輩に見せてやりたいと、思うのも自分が歳のせいか。「蕎麦は水回しだよ」などと、いつも蘊蓄を語ってくれたのでした。綠色をした新蕎麦のこの鮮やかさを彼に見せてやりたかったなあ。昨日、追い打ちを掛けて生舟に残った半分ほどの蕎麦と合わせて15食を、きっちりと用意して今日の営業が始められるのでした。

伸しむらの出来ないように、今朝は生地を三回転させて、切りべらは27本で130g の蕎麦をきっちり9束に仕上げる。今日の小鉢は、土用の丑の日に合わせて、原価を無視して鰻の煮こごり。この歳になると季節の推移を何時も感じていたいと思うのです。野菜サラダの具材を刻めば、今日も包丁の切れ味は抜群です。開店して間もなく、先日まで前の畑の草取りをしていたご近所の小母さんたちが、久し振りに蕎麦を食べに来てくれました。のんびりとした昼です。

普段は挨拶を交わす程度なのに、蕎麦屋に来れば自ずと話をするから、これも隠居仕事の楽しみ。梅雨の長かった今年の作物の出来具合やら、3万人も集まるという団地のお祭りの話やら、「あんた何処の学校の先生だったのさ?」と、前の仕事の話まで聞かれて、ゆっくりと時が過ぎていくのでした。週末にしてはお客は少なかったけれど、常連さんばかりで、和やかな午後は空も晴れ渡って、今朝の豪雨が嘘のようなのです。梅雨明けの話は誰もしようとしない。

夏が来ればもう忘れてしまう、台風一過の日本人の特性だと言ったのは、和辻哲郎だったか。今度の定休日には、暑中見舞いを書くことにしよう。お客の来ない時間に、今朝打った蕎麦を茹でてぶっかけにして美味い美味いと食べる亭主。週末の手伝いに来ている女将は、隣の農家の無人の野菜売り場へ行って、トマトが四つで100円だったと喜んでいるのです。今朝採れた胡瓜も半分以上は家に持ち帰ったから、野菜が何もないと言っていた彼女には好かった。

午後の仕込みは何もなかったから、大鍋に湯を沸かして手持ちぶさたな亭主なのでしたが、そろそろ帰り支度をしようかと思っていたら、珍しいお客がいらっして急に華やいだ店内。実家が同じ団地にある調理師学校の担任だった若い先生が、秋に男の子が生まれるという奥様を連れ、顔を出してくれたのです。下の息子と年も変わらないのに、実家を尋ねて来るのはなかなか偉い。今度は隣町の近所に越してくると言うから、親孝行な夫婦だと女将と話したのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.