雲一つない快晴の朝…

気象庁やNHKが何と言おうと、梅雨は明けたと思えるのが今朝の空模様なのでした。豪雨や落雷での災害を慮(おもんぱか)るのも分からないではないけれど、気象データがこれだけ詳しく分かっている時代なのだから、危険回避の予報ばかりを出すのではなく、地域毎の情報をもっと広く伝えて欲しいものです。今日は雨風に注意と言われれば、晴れていても蕎麦屋の客も少なくなるのが道理なのです。冷たい梅雨が長かったというだけではないと思うのが人情。

今朝も亭主は早くから目を覚ましていたけれど、床の中で女将を見習ってストレッチをして、6時過ぎまでは起き出さなかったのです。やっと起き出したら居間に行って、pekoを散歩に連れ出すのでしたが、それでも朝飯にはまだ早すぎるから困ったものなのです。辛すぎる蕎麦屋のカレーは女将はほとんど食べられないから、亭主が一人で三日も食べ続けました。お蔭で、亭主の朝食は直ぐに終わるから、早めに支度をして蕎麦屋に出掛けることが出来るのでした。

ミニ菜園の様子を見て、朝のこまごまとした仕事を終えたら、昨日の夕刻に漬けた糠漬けを取りだして、小鉢に盛り付ける。蕎麦打ち室の気温は31℃、湿度は55%だったから、今朝は加水率を38%にして新蕎麦の粉を捏ね始めるのでした。生舟に昨日の蕎麦が半分ほど残っていたので、一回打って15食弱の準備をしておく。今日も切りべら27本で130g と、昨日と変わらない蕎麦の仕上がりです。水分が多いのか、新蕎麦の粉は打ちやすいから不思議なのです。

厨房に戻って野菜サラダの具材を刻めば、定休日に包丁を研いだばかりだったからか、キャベツの千切りが細く好く切れる。これで亭主は気をよくするから、次の作業も順調に進むのです。ニンジンのジュリエンヌもいつになく細い仕上がりで、我ながらうっとりとしてしまう。まあ、そんな日に限って、昨日とは大違いで、ヘルシーランチセットは一つも出なかったのですが。蕎麦打ちが一回だと、時間に余裕があったから、今日は明日の仕込みまで仕上げてしまう。

明日の土用の丑の日には、少しずつでも鰻を出してやろうと、仕入れてあった鰻を小さく切って、オクラの薄切りと一緒に、酒と味醂と砂糖と醤油で煮込んでゼラチンで固める。固まる前に木の芽を一枚ずつ載せて、冷蔵庫に入れれば、鰻の煮こごりが出来上がるはず。それから、昨日注文を受けながら、仕込んでいなかったから出せなかった豚肉のハラミの串焼きを、串に刺してぴたっとシートを敷いた容器に入れて、真空のフリーザーに保存しておくのです。

外は暑すぎるほどの陽気で、店のクーラーも全開なのでしたが、厨房は30度を超える暑さ。最初にいらっした女性の二人連れのお客は天せいろのご注文で、直ぐ後で常連の男性客が辛味大根のおろし蕎麦。来週に迫った貸し切りの昼食会の幹事だからと、今日は確定した人数を知らせに来てくれたのです。飲み物は各自が自己申告をして料金を支払うと言うことで、店内はほぼ満席の状態での営業となりそうなのでした。親父達の料理の会だというから楽しみ。

続けて、駐車場に大きなワゴン車が止まったと思ったら、ぞろぞろと大勢の職人風の若者が、昼飯を食べにいらっしたのでした。テーブルには座りきれなくて、カウンターに年少の若者が座ったらしい。皆さん、ご飯物とのセットメニューを蕎麦の大盛りで頼まれたから大変。一挙に生舟の中の蕎麦がなくなっていくのです。幸いに、カルビ丼や親子丼セットと同じ物のご注文だったので、厨房の亭主は救われました。それにしても、若い人たちの食欲はすごいのです。

12時過ぎにもう蕎麦がなくなりそうだったから、さすがに急いで追い打ちを掛ける亭主。蕎麦が打ち上がる頃に、次のお客が何人かいらっしゃったから辛うじてセーフ。久々の平日10人越えのお客の入りで、やはり、この梅雨明けらしき天気のせいかとスタッフと共に喜ぶのでした。午後はプールに出掛けてひと泳をぎしたら、明日の蕎麦汁の仕込みにまた蕎麦屋に戻る。お客が多くなると、途切れなく仕込みをする必要があるから、嬉しくもあり、大変でもあるのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.