もういいよ。夏空の広がる午後…

今朝もうっすらと明るくなった4時に目が覚めて、4時半まで横になったまま今日の段取りを考える。pekoの散歩の前に一人で蕎麦屋に出掛けて、米を研いで炊飯器にかけ、糠漬けの胡瓜と茄子を取りだして小鉢に盛っておく。いつもの時間に再び蕎麦屋を訪れたときに、少しでも仕事が減っていれば、それだけ蕎麦打ちに集中できるというもの。そんなことを考えながら日の出前にみずき通りを渡るのです。ミニ菜園の胡瓜がもう収穫しないといけない時期でした。

向かいの畑の奥の森から陽が昇る時刻。冬場と違ってだいぶ北に位置を変えている。空はぼうっと薄曇りだけれど、太陽が見えるのだから晴れる一日になるのだろうか。6時過ぎまで厨房で仕事をしたら、pekoの散歩に出掛けるために家に戻った亭主を、玄関に続く居間のガラス扉の向こうで、もう待ち構えているから恐ろしい。この時間は、女将もまだ朝のヨーガのひとときなのです。散歩から帰ってもまだ台所に入る気配がないから、一人でカレーを温めて朝食。

4時半から活動を開始したから、2時間半もすればもう腹が空いてしまうのも道理です。早めに支度を済ませて、再び蕎麦屋に向かう。朝採りの胡瓜と茄子とピーマンは、店でも家でも使い切れなかったから、ちょうど顔を合わせたお隣の奥さんにプレゼント。亭のミニ菜園を毎年見ているから、今年は胡瓜とトマトを一本ずつ植えたらしいけれど、若い人は忙しいから、手入れが出来ずに、すぐに駄目になってしまう。「少しずつ覚えていけば好いんだよ」と慰める亭主。

定休日明けの木曜日だったけれど、朝から暑いので、今日あたりはもう梅雨明けになりそうな雰囲気なのです。蕎麦打ち室の気温は28度。湿度は55%だったから、加水率は39%にして、750g と500g の蕎麦を二玉打つことにしました。このところ定休日明けもお客が少ない週が続いたから、多すぎて蕎麦が残るのも嫌だったのです。それでも、もしかしてこの暑さでお客は来るかも知れないと思った。その亭主の逡巡の結果が13食、生舟一箱の蕎麦打ちなのでした。

39%の加水では、やはり少し柔らかくて、伸し広がってしまうから、切りべらは29本で130g。少し細めの仕上がりでした。葱切りを済ませて、今日のデザートを切り分け、小皿に盛っておく。蜜柑とチェリーの缶詰とグリーンキウイとを寒天と氷糖蜜で固めて、型に入れたものですが、原価率は6割近いから、野菜サラダと蕎麦豆腐も付いたヘルシーランチセットを頼まれるお客には、相当にお得なのです。それでも、その日に作った料理がすべて出るから嬉しいのです。

今日も昼前から、ご近所の常連さんのご家族が歩いていらっして、全員がヘルシーランチセットを頼まれる。娘の年齢の奥様も今日は仕事がお休みで、ご主人は年休を取ったのだとか。いつものことだけれどこのご家族は、海老や鱚、メゴチや鯊の天麩羅をそれぞれ単品で頼まれるから忙しない。続けてご来店の親子には、もうヘルシーランチセットが売り切れたと言えば、焼売や串焼き、ぶっかけ蕎麦と変則のご注文。続けて老夫婦のご来店で、もう満席です。

さすがに舌の肥えた老夫婦だけあって、綠色の新蕎麦がとても美味しいと喜んでくださったのです。1時半を過ぎて、もうお客は来ないかと、生舟の中に残った蕎麦をスタッフとぶっかけにして賄い蕎麦を食べる。確かに、弾力があって甘いのが新蕎麦の特徴かも知れないと、しみじみ味わって食べるのでした。新蕎麦は単価がかなり高いので、以前は値段を変えて出していましたが、計算が面倒だからと去年から秋蕎麦と同じ値段にして少しだけ値上げしたのです。

スタッフと店を出る頃には、青空に入道雲が湧いていたから、これはさすがに梅雨明けでしょう。家に戻ってパソコンに今日の売り上げと写真のデータを入力したら、天ぷら粉と胡麻油が届くことになっていたから、また蕎麦屋へ出掛けて明日の仕込みをしながら荷物を受け取る。それからプールへ出掛けてやっと今日のひと泳ぎです。今日は女将に風呂の給湯器の配線の修理に立ち会ってもらったから、帰りにサンマと本マグロや鯛の刺身を買って二人で夕食。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.