もういいかい?これは梅雨明けでしょ…

定休日二日目の朝は青空も覗いて陽が差したから、pekoの散歩を終えたら、まずは駅前のドラッグストアで、虫よけスプレーを買って来る。昨日出来なかった家の裏手の草刈りと枝払いを終わらせようと、意を決して準備する亭主なのでした。女将の朝ドラが終わったら、早速、電動バリカンのコードを延ばして、ジャングル状態だった上の畑の石垣から、我が家の地面まで綺麗に刈り取ったのです。ところが、草に埋もれていた湯沸かし器のコードまで切ってしまう。

これは大失敗で、直ぐに応急措置をするのでしたが、給湯器具の会社に電話をして、きちんと直してもらうことにするのでした。虫よけスプレーのお蔭で、蚊には一つも刺されなかったのですが、久し振りの家の手伝いも却って高い物についた。汗を拭って今度は昨日行けなかった床屋に出掛け、また、駅前の通りを車で走る。昨日までのように空を雲が覆い尽くさないから、陽射しがとても熱いのです。まだ少し、不安はあるけれど、梅雨もそろそろ終わるのでしょう。

昨日休みだった理由を親父様に尋ねれば、親戚に不幸があって臨時休業だったのだとか。隠居仕事の身としては、遠い世界の話ではない。医療技術の進歩も目覚ましいらしいけれど、携帯電話をスマホに替えようともしない亭主のような人間は、昔のままの生活で静かに生きられればいいと思っている。平均寿命はあくまで平均で、個人差はあるのだから、来るものは拒まず、受け入れる生き方が自然なのではないかと考えるのです。女将ともよくそんな話をする。

床屋の帰りに隣町のスーパーまで足を伸ばして、昨日入荷していなかった黄色のパプリカを手に入れ、ついでに塩や砂糖と冷やし中華にざるラーメンと、女将には福島産の桃を土産に買って帰る。女将がスポーツクラブから帰る前に、餃子を焼いて、冷やし中華を二食分も作って一人で食べるのでした。一年ぶりに食う冷やし中華は、久々で美味しかった。朝からカレーライスも食べたし、今日の暑さが、身体に辛いものや酸っぱいものを欲しがらせるのでした。

朝からいろいろと忙しく動き回ったものだから、pekoじゃないけれど満腹になればもう起きてはいられない。1時間ほど昼寝をしたら、午後はプールと蕎麦屋の仕込みの予定だったから、まずはアイスコーヒーを飲みながら一服して目を覚ます。プールで泳ぐのが好きで堪らなかった時代は、とうの昔に過ぎたので、今は健康維持の義務感と単なる生活習慣に過ぎないかも。それでも水に入れば自然と身体が動くから不思議で、また海に潜る日を夢見て泳ぐのです。

帰り道に蕎麦屋へ寄って、今日の仕込みを済ませてしまう。店の中は相当に温まっているから、エアコンを全開にして、まずは小豆を煮始める。蕎麦豆腐を仕込み、明日のデザートにはフルーツの寒天寄せを仕込んでおく。ちょっと頭がクラクラとするのは、熱中症気味だからか。水分を補給して、エアコンの風に当たってしばらく涼んだら、今度は、小鉢のお新香を糠床に漬ける。茄子も胡瓜も蕎麦屋のミニ菜園で採れたものばかりだから、新鮮さはこの上ない。

プールで泳いでもかなり汗を掻くから暑い日は要注意なのです。夕刻、家に戻っても、頭がクラクラと目が回る感覚は消えないので、夕食後にこのブログを書きながら、横になったり涼んだり。関東より西の地域は梅雨明けだとニュースで言っていたけれど、週間予報を観れば関東は来週までお預けなのか。今日の暑さはどう考えても梅雨明けなのだけれど。あまり梅雨明けが遅いと、直ぐに立秋になって暑中見舞いを書く暇もないから、とても困るのですよね。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.