梅雨の悪あがき…

朝の4時過ぎには目が覚めてしまう亭主。足元でpekoがまだ眠っているから、床の中で静かに今日一日の段取りを考えている。今朝は裏の木の枝を払って、草刈りをしようと思っていたのだけれど、ちょっと朝が早すぎて、電動バリカンの音が近所迷惑だろう。そこまで考えているうちに、蕎麦屋の出汁取りの準備をまだ終えていないのを思い出した。昆布と干し椎茸を水を張った鍋に浸け、最低でも4時間は置いておかなくてはならない。そっと起き出して蕎麦屋へ。

ウッドデッキの朝顔がまた一つ咲いていました。外は一面の霧で、晴れるのか雨になるのかちょっと分からない。こんな陽気の朝は、決まって木槿が元気に花を咲かせるのです。みずき通りも100m先まで見通せないほどの霧に覆われて、やけに涼しい空気なのでした。店の中に入ったかと思ったら、ザーッと雨が降り出した。雷鳴こそ聞こえなかったけれど、天気予報で言う、空気が冷たくなったら要注意ということなのかと驚いたのです。いよいよ梅雨の終わりか。

小雨になった頃に家に戻れば、やっとpekoが目を覚ましたので朝飯を遣る。まだ6時前だったから、朝食までには随分と時間があるのです。雨はまた激しくなって、これではとても散歩に出られない。仕方がないから書斎のパソコンに向かい、仕入れのリストを再点検して印刷しておく。それでもまだ時間があるので、映画チャンネルで「ヴィンセントが教えてくれたこと」をまた観てしまった。朝食を夾んで最後まで見終えたところで、満腹になったからと横になってひと眠り。

お袋様を迎えに行く頃には、雨も小降りになっていたけれど、蕎麦屋の隣の畑は今朝の豪雨で水浸しになっていた。まずは農産物直売所に行って、新鮮な茄子やピーマン、ニンジン、玉葱、ミニトマト等を買いそろえ、それから隣町のスーパーに向かうのです。今朝も店員が品出しの最中で、黄色のパプリカだけが入荷待ち。今日も大量の仕入れを済ませて蕎麦屋に戻り、午前中の仕込みの開始です。出汁を取りながら、カレーの具材を切って煮込んでいくのです。

暑いのにカレー蕎麦やカレーライスを注文するお客もいるので、冷凍室には残り少なくなってきた。新しく作ったものをまた冷凍保存して、古いパックは家に持ち帰って女将と食べる。二人ともたまにはカレーライスを食べたいと思うから、入れ替え期間もちょうど好いのです。蕎麦汁や出汁を後ろの流しで冷やしている間に、カウンター側の流しで使った鍋やボールを洗っていく。蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、ホイルで蓋をして冷蔵庫に入れたら、午前中の仕事は終わり。

午後の予定はまだ考えていなかったので、カレーは鍋毎冷蔵庫に入れておく。作ったばかりと油断をしていると、この時期有害な微生物は増殖しやすいと言うから、一挙に5℃以下まで冷やしておくのです。家庭用の冷蔵庫は10℃以下とよく言うけれど、蕎麦屋では冷蔵庫は5℃以下、冷凍庫は-30℃を目安に冷やしている。業務用ではないけれど、家庭用の最大サイズの冷蔵庫で、真空フリーザーや大型の製氷装置など、様々な機能が付いているから便利です。

昼食に家に戻って、またパソコンに向かい今日の仕入れや午前中の写真のデータ入力を済ませていたら、女将がスポーツクラブから帰った来ました。彼女のお稽古が休みだと、本人も身体を動かせるからいいのかも知れない。送り迎えのない亭主は、ちょっと手持ち無沙汰ではあるけれど、床屋にでも出掛けて久し振りに親爺様と世間話でもしてこようか。やっと雨は上がったけれど、今度はやけに蒸してきた。好い加減に梅雨が終わりでも好さそうなものだけれど。

床屋に出掛けて見ると、今日は休みではないはずなのに、入口のシャッターが降りていた。明日もう一度行って、営業していれば理由を聞いてみよう。こちらの勘違いであればいいのだけれど。蕎麦屋に寄ってカレーをジブロックの袋に詰めて、冷凍室に入れてくる。雨は相変わらず時折激しさを増しながら、とうとう夕刻まで降り続いているのでした。外に出られないpekoも退屈している様子だけど、亭主もスポーツクラブが休みだから暇をもてあましているのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.