昨日の反動で暇な月曜日…

昨日の選挙結果をテレビで夜遅くまで見ていたら、相撲千秋楽のダイジェスト版を放送していたので、つい見てしまう。夕食後に少し眠ったせいもあるけれど、夕べはすっかり遅くなってしまったのです。それでも相当に疲れていたから、女将の朝ドラの時間まで目が覚めなかった。もう少し歳を取ったら、やはり夜の営業は止めた方が好いかと弱気になる。9時近くに蕎麦屋に出掛けてミニ菜園の様子を見れば、梅雨の時期でも茄子や胡瓜の成長は止まらない様子。

夕べ遅くに漬けておいた糠漬けを取りだして小鉢に盛り付ける。時間が遅かったから、糠床を冷蔵庫には入れずに、厨房に出したままにして置いたのでしたが、発酵がどんどん進んだらしく、糠の量がふっくらと増えているから驚きです。ミョウバンを効かせて漬け込んだ長なすの仕上がりも、最近は随分と手慣れたもので、いい色合いに漬いているのでした。今日の歳を取った客には、この漬けものも「上手く漬いているね」と褒められて、亭主の面目躍如なのでした。

新蕎麦の蕎麦打ちも、出がけに女将に、「今日は月曜日だから、蕎麦打ちは一回だけにしておきなさいよ」と言われて、悩んだ挙げ句に生舟ひと箱分にしたのです。一日15食と謳っているので、あまり早い時間に売り切れてもお客に失礼だし、大変だった昨日の混み具合が頭にあるから、つい、大丈夫だろうかと心配してしまうのです。梅雨時のデータ的には、月曜日に10人を超える客が来たためしがないのでしたが、足らなければ追い打ちを掛けようと決意。

近所の事業所などでも、出前があれば職員に食べさせることが出来るのだけれどと、その昔、言われたことがある。家族の生活を支える店の営業を少しでも増やそうと、蕎麦屋の出前を考えついた人は偉いなあと何時も思うのです。生活の足しにしようと思っていないところが、半人前の蕎麦屋の経営者で、趣味の世界の延長でしかないのが少し気が引けるところ。値の張る蕎麦粉や胡麻油などと高い食材を沢山使って、本当はあまり威張れたものではないのです。

客の来ない時間を見計らって、今日はスタッフと春蕎麦の新蕎麦をぶっかけにして食べる。天麩羅は季節の鯊に揚げ玉をあしらって、熱々だから不味いはずがないのです。弾力があってほんのりと甘い香りのする新蕎麦の味わいは、また格別で、自分で食べてしまうのがもったいないほど。明日の定休日には、幟を春の新蕎麦の緑色に変えよう。閉店間際にいらしった高齢のお客が、天せいろの盛りを見て、「これは豪華だね」と、聞こえるようにおっしゃっていた。

昨日は常連さんが随分と沢山来てくださったから、今日はその反動でご新規のお客様ばかり。梅雨明けの早かった去年は、暑い日が続いたので今年の倍以上のお客が来たのです。早めに暖簾を下ろして家に戻れば、ウッドデッキに置いていた鉢物を女将がテラスに出したらしく、青年の樹が今年も元気に葉を広げているのでした。これも、息子が南の島の土産で持ち帰ったもの。同じ鉢に植えたセイロンベンケイ草や団扇サボテンも、まだ生き続けて言いる。

美容院から帰った女将はpekoの散歩に出掛け、亭主は空いている月曜日のプールに向かうのです。準備運動を済ませて、人の少ないコースに入ってゆっくりとアップを始めれば、心も体もリラックス。水の流れが身体中の皮膚を撫でていく感触が実に心地よいのです。前を泳ぐ人との感覚を見ながら、綺麗な形でクイックターンを繰り返せば、元気が蘇ってくるのが分かる。定休日前の月曜のこのひとときは、至福の時。嗚呼、でもまた明日から次の始まりなのです。

帰りがけに地階のスーパーに寄って、家の買い物をする。今日で終わった女将のデザートには桃と林檎を忘れない。夜食のラーメン類は身体に悪いからと、最近は冷蔵ピザを買って帰ることが多い。運動の後にはチーズが好いので、寝酒の後に半分だけレンジで温めて食べるのです。店が空いている日は汗も掻かないから、夕食後の体重は増えている。明日は女将のお稽古も休みなので、家の裏手の草刈りでもやってやろうかと考えている。朝が起きられるか?

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.