うだるような暑さの一日…

夕べは暑過ぎて寝苦しい夜でした。亭主と一緒に寝ると言って聞かなかったpekoも、ハアハアと口で息をしながら布団の上で横になっているものだから、尚更、寝付かれないのです。とうとうエアコンを入れて、やっと眠りに落ちたのは2時近くだったろうか。それでも、いつもの習慣で5時にはもう目が覚めてしまう。pekoも起き出して来るから、仕方なく早朝の散歩に出掛けるのでした。明け方までは雨の音が聞こえていたのに、予報にはなかった青空が広がっている。

梅雨の涼しかった日が続くと、昨日今日の暑さはあまりにも急過ぎて、人間の方が適応できないでいる状態。手持ちぶさたな朝の隙間時間は、迷うことなしに布団に横になってのひと眠りなのでした。ほんの短い時間の眠りなのに、いろいろな夢を見るから不思議で、今朝は蕎麦に開店時刻から次々と客が来る夢が記憶に残っていました。この暖かさは、蕎麦日和なのかと、期待する気持ちはあるけれど、今週の客の少なさからは、とても想像できない現実なのです。

朝食を終えて、今朝は春蕎麦の新蕎麦が届くからと、早めに蕎麦屋に出掛ける亭主。ミニ菜園の様子を見ると、茄子も胡瓜も収穫しておかないと大きくなりすぎてしまうから、柔らかいうちに幾つか採っておきました。日照不足で胡瓜が曲がるなどと言われているけれど、斜めに支柱を組んで、胡瓜がちょうど下に垂れ下がるように工夫したからか、真っ直ぐな胡瓜が幾つも実を付けた。実を付けた雌花と、実のならない雄花の写真が撮れたから載せておきます。

昨日打った蕎麦が生舟に一箱以上残っているから、今朝はどうしたものかと考えたけれど、今日打った蕎麦は明日も使えるから、問題は昨日の蕎麦がどれだけ残るかなのです。梅雨明けかと見まがうこの晴れて暖かな日に、どれほどのお客が来てくれるやら、夕べあたりから急激に暑くなったから、この温度差をどう感じるかなのかも知れない。折しも夏休みを明日に控えた子どもたちを連れて、蕎麦屋に来るとは考えづらいし、悩ましい蕎麦屋の葛藤があるのです。

それでも、蕎麦を打ち始めると気持ちが落ち着くから不思議です。加水率は39%弱で、しっとりと飴色に変わった蕎麦玉を伸して、今朝も切りべら27本で130g の蕎麦を生舟一箱用意する。野菜サラダの具材を刻んで、盛り付けを終えたらまだ11時前だったから、沢山余っている昨日の蕎麦を茹でて、スタッフとぶっかけにして食べるのでした。店の外は、相当に蒸し暑い陽気で、エアコンを強めに入れてお客を待てば、開店前に駐車場に車が入ってくるのでした。

奥座敷から出て厨房に入った亭主が、前掛けを締めて調理帽を被って、腰に手拭きの手ぬぐいをぶら下げたら、いざ、今日の調理の開始です。まずは、駒油の入った天麩羅鍋に火を入れて、湯を沸かしてある大鍋の火を全開にする。スタッフがお茶出し和している間に、蕎麦打ち室から生舟を持って厨房に戻り、お客の注文を聴いたスタッフのオーダーを受けるのです。天せいろに鱚と鯊の天麩羅追加で、冷凍室から鱚と鯊を取りだして流水で解凍しておきます。

カウンターの隅に座るお客は、あまり話をしたがらない方が多いけれど、リピーターさんだったから、乗っていらっしたかつての名車を、「好い車ですね」と褒めれば、話をし始めるのでした。機能重視で角張った形の車が多い昨今、流線型の美しいフォルムの車が少ないとおっしゃるから、亭主の考えと似ていたので話が合うから不思議。「10年も前の車だけれど、愛着があるんですよ」と言われて、新車に乗り換えられない気持ちが好く解るのでした。のんびりした昼。

午後は青空が広がっていたけれど、お客の来る気配はない。昨日いらっした隣町の常連さんがみえて、昨日渡し忘れたお土産だと煎餅を置いて行かれた。週末から新蕎麦になりますと言ってあった手前、「今日もお客が少ないから、明日はまだ新蕎麦を打てないんですよ」と言えば、「それじゃ、日曜日に来ますよ」と言って帰られる。亭主の打つ蕎麦を好いてくださるお客がいるのは嬉しい。お客に育てられるというのは、まさにこういうことなのかも知れないと思う。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.