蒸した一日…

今朝は6時過ぎまで床にいて、pekoの散歩に出掛けました。昨夕はプールで泳いで、更に夜のパトロールの巡回があったので、ぐっすりと眠ることが出来たのです。やはり、普段の蕎麦屋の仕事とは、運動量が違うのでしょう。特に、夕刻の運動は夜の睡眠を深めるとは、長年、ヨーガで身体の調子を整えてきた女将の言葉です。家に戻って、朝食にはキャベツの回鍋肉を作るのに亭主が中華鍋を振る。食後には満腹になったpekoが、亭主の足元にやって来る。

亭主が洗面と替えをしている間に、ちゃっかり亭主の椅子に移っているのは、いつものパターン。それで亭主も蕎麦屋に出掛けようという気になるのです。定休日明けの木曜日は、暖かくなるというので、蕎麦を二玉打つ予定。そろそろお客の数が増えても好い頃なのだけれど、このところ、長引く梅雨の影響で客足が落ちているのでした。庭の金柑の花が随分沢山咲いていたので、今朝はカメラに収めておく。冬場の金柑大福の材料になるから大切な食材です。

蕎麦屋に着いたら、まずは、この間、久し振りに肥料を遣った夏野菜を見て回る。沢山花を咲かせていた胡瓜が、次々と実を付けているから嬉しかったのです。しかも、余計な葉を落としたせいか、ほとんどが真っ直ぐに下に垂れ下がって伸びているから、収穫の時期が楽しみなのです。来週あたりは、外の店で仕入れなくても間に合うかも知れない。幟を立ててチェーンポールを降ろしたら、厨房に入って米を研いで、直ぐに蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦打ち。

でっち上げた蕎麦玉を寝かせている間に、昨日漬けておいた糠漬けを取り出して小鉢に盛り付ける。ミョウバンを利かせた長なすは綺麗な色に仕上がっていました。今朝は湿度が80%を超えていたから、さすがに38%の加水率にしたけれど、それでもまだ若干柔らかめの生地なのでした。切りべら27本で130gの蕎麦を生舟に二箱仕上げて、今日の開店に備えます。葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻んでいる時に、先日、メガネを忘れた奥さんが現れる。

業務用の厨房のケアをする会社の新入社員が、挨拶にやって来る。開店前の一番忙しい時間だというのにも気づかないから、やはりまだ新米らしい。開店、15分前、今度は駐車場にお客の車が入ってきた。見れば隣町の常連さんで、「まだ、お湯が沸いていないんですよ」と断って、店の中で待っていただく。仕事で各地を回って蕎麦を食べるけれど、やはり佐倉に帰ったら霊犀亭に来ようとやって来るのだとか。今日も辛味大根を頼んで汗を掻き掻き召し上がる。

先日の夜にいらっした建築士のお客もまた寄ってくださって、せいろ蕎麦のご注文。明日春の新蕎麦が届きますので、週末は新蕎麦になりますよと言えば、日曜日にでもまた来ますとおっしゃる。蕎麦好きのお客は、梅雨の合間を縫って、割りとコンスタントに通ってくれるけれど、そういうお客ばかりではないから、最近は暇な日が多い。ラストオーダーの時間になって、電話が鳴るから出てみれば、女性の声で、「2時で終わりですよね?」「いらっしゃるんですか?」

来るのなら待っても好いかとも思ったのだけれど、「15分ぐらいかかるから」と向こうも思いとどまった様子。いろいろな事情もあるだろうけれど、閉店時刻を知っているなら、なぜもう少し早く来られないのかと、不思議に思う。片付けや大釜の掃除もあるし、スタッフの勤務時間の都合もあるから、なかなかお客の言うとおりには待てないのです。3時過ぎに出入りの業者が海老や鴨肉を届けてくれて冷凍庫はもう満杯。台風5号が梅雨前線を連れて行ってくれるかしら。