昼からは夏の気配が…

霧雨の中を早朝のpekoの散歩に出掛け、またしても6時前の隙間時間をもてあましている亭主。今朝はそんなに早くから蕎麦屋に行く必要がなかったから、居間で食事を終えたpekoの相手をしてやる。自分で朝飯を作るのは苦ではないのだけれど、それほど腹も空いていないから、女将が起き出して来るのを待って、亭主が茄子とピーマンの味噌焼きを作るのでした。女将が味噌汁と鯖の塩焼きを用意したら、二人でニュースを見ながら朝食の席に着くのです。

ところが、定休日二日目の今日は、その後の予定が決まっていなかったのです。夜は防犯パトロールの巡回があるから、その前にプールに行って泳ごうとは思っていたのです。プールの帰りには蕎麦屋へ寄って、明日のお新香を漬けておこうとも考えていた。残る仕事は、天麩羅の具材を刻んだり、蕎麦豆腐やデザートを仕込むことぐらいだから、1時間もあれば終わってしまう。だから二日目は、案外、ゆったりと始まるのです。食後の休憩でまたひと眠りしてしまう。

女将がスポーツクラブに出掛けた後で、ゆっくりと起き出して荷物を持って蕎麦屋まで歩く。まずはミニ菜園の様子を見ようと裏に回れば、沢山の胡瓜の花の間に10cm 程の実が幾つもなっているから嬉しかった。茄子はもう随分と収穫したけれど、胡瓜はまだ数本しか取れていなかったので、気候のせいかと心配していたのでした。オクラの木もだいぶ大きく育って、これから暑くなれば、黄色い花が咲いて実がなるまでは本当に早いのです。でも、昼前は曇り空。

予定通り1時間足らずで、天麩羅の具材を切り分け、蕎麦豆腐を仕込んだら、もう昼飯の時間になるから、女将の帰る前に家に戻っておく。今日は、昨日仕入れて来た鰻の蒲焼きを、お重に入れて出してやろうと思っていたので、蕎麦屋から二人分だけ器を持って帰ったのです。味噌汁とお新香だけで、一年ぶりに鰻を食べる。「美味しかったわ」と、好物の鰻を食べて満足そうな女将の言葉を聞いて、亭主は久々に休日の気分になるのです。昼からは陽が出て来た。

青空が覗いてジリジリと熱い陽射しが降り注ぐ中を、亭主はプールへ出掛けていく。子どもたちのスイミング教室の始まる前に、ゆっくりとひと泳ぎなのです。帰りに家の買い物を済ませて、荷物を女将に預けたら、そのまま蕎麦屋へ行って今日最後の仕込みです。氷糖蜜と漉し餡を練って寒天を加え、火にかけたら、型に流し込んで、冷蔵庫に入れる。糠床を取り出してミョウバンを擦りつけた茄子と塩をまぶした胡瓜を漬け込んでおく。後は夜のパトロールだけ。