連日の猛暑…

昨日は夕刻の子どもたちとの防犯パトロールでまた汗をかいたからと、プールをお休みして早く休んでしまいました。果たして夜になって目覚めてしまったから困ったもので、仕方がないから最近採れすぎる夏野菜のレシピを調べ始めたら、今度は目が冴えてますます眠れない。夜食にその日4度目の蕎麦を食べたらやっと落ち着いて明け方過ぎまで熟睡したのでした。体調を崩したはずの女将がpekoの散歩に出掛けると言うので、亭主は手持ちぶさたな朝でした。

亭主がそば屋へ出掛ける頃には、ジリジリと照りつける太陽がまぶしくて、今日も昨日に続いて猛暑の一日だと感じられるのでした。お隣の新築工事は基礎のコンクリート打ちが始まっていて、朝早くから大勢の職人さんたちが丁寧な仕事をしている。こちらも負けじと1kgと750gと秋蕎麦と新蕎麦とを、丁寧に二回の蕎麦打ちをして、一人分130gで切りべら25本だから当然1.5mm以下の絶妙な細さに仕上がる。夜の営業もあるから今日は20人分の蕎麦を用意した。

お客の出足が遅い休日だというのに、開店と同時にご新規の男性客がご来店で、続けざまにもう一組がテーブル席に座ったから、今日はいつもと違うなと期待したのだけれど、後半は客足が延びずにやはり平日並みなのでした。女将の代打で来てくれたスタッフも、先週の土曜の混み具合を知っているだけに拍子抜けで、いつもより一時間も早く上がってもらうのでした。こればかりは予測できないことだから、亭主も早めに家に帰って午後の仮眠を取るのでした。

毎日、お客の入りの多い少ない、売上の多少を気にしていたら、神経が参ってしまうから、出来るだけ考えないようにしている。とにかく、蕎麦打ちを追究して、調理の腕を磨くことに、今は専念すべきなのだと言い聞かせて、今年一年を乗り越えていく先にこそ、開けてくるものがあるはず。分かってはいるけれど、家に戻ると決まって「今日は何人だった?」と女将に尋ねられるから、お客の少ない休日はやはり精神的に疲れるような気がするのです。これも人情か…。

自宅の庭には、暑さの似合うモミジアオイの花が今日の青空に映えて、森の向こうの遠い空の雲ものどかなものです。暑い日は午後の微睡みが元気を取り戻すのに効果を発揮する。目覚ましの音で意識が回復する瞬間の安堵感は、夕刻に向けて昼間の続きをしなければという半ば気怠い義務感さえも払拭してくれるのです。お客が来なくても、夕べ遅くまで調べた夏野菜のレシピを自分なりにアレンジして作ってみようという前向きな姿勢になるから不思議です。

ところが、そんな日に限っていつもと違った展開になるから人生は分からない。週末恒例の和包丁で桂剥きの練習を終え、庭の綠を摘んで鮪の切り落としの刺身用にツマを作ったところで暖簾を出せば、一台のタクシーが店の前で止まるのでした。昔の仕事仲間の懐かしい姿が見えたから、誰と一緒なのかと思ったら、玄関の扉が開いてびっくり。この春、仕事を終えたというかつての釣り仲間の兄弟子ではありませんか。二人とも遠い所をよくぞお越し下さった…。

かつて、釣り仲間、飲み友達に、「蕎麦屋でもやって老後を暮らす」と冗談半分に言っていた亭主が、嘘から出た誠のように蕎麦屋になっているのを嬉しそうに眺めるのでした。積もる話は沢山あったけれど、酒好き・料理好きの兄弟子が多くを語って亭主が応える。お茶よりもまずは焼酎のオンザロックと言う注文に、昔は職場で日本酒友の会を開催していたほどなのに、身体を労(いたわ)っているのかしらんと、できる限りヘルシーな料理を出してもてなす亭主。

「すっかり蕎麦屋らしくなったなぁ。あんたは長生きするよ」という言葉が心に残る。儚い壺中の夢を見て生きているから、生きても死んでも夢のような人生。彼等のような現実感覚は終ぞ抱くことが出来なかった亭主の夢の続きはまだまだ続くのかしらん。二人が帰った後で、ヨーガから帰った女将が迎えに来て、「…どうしてるかと思ったのかしらねぇ」と、感慨深そうに言う。今宵の酒の肴は、試作品の夏野菜レシピ。健康志向の女将が美味いと言ったから珍しい…。

This entry was posted in 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.