小糠雨から本降りに…

朝方に激しく降った雨が小降りになって、外が明るくなってきたから、蕎麦屋に出掛けて定休日のひと仕事。昨日の洗い物を片付け、出汁取りの準備を済ませたら、洗濯物を干して、子ども会の廃品回収の段ボールと古新聞を車に積み込む。わずか30分ほどの手間だけれど、仕入れに出掛けて昼までの間に、出汁取りを済ませてしまいたいから、ひと踏ん張りなのです。休みなのを好いことにだらだらと仕事をしていると、一日はあっという間に過ぎてしまいます。

しかし、折角、早く起きをして先へ先へと仕込みの準備をしても、家に戻ればまだ6時前だから、どうもリズムが狂ってしまうのです。テレビの映画もいつも面白いものばかりではないし、peko の相手をするのも面倒なのだ。寒いから床に入り直して横になり、今日一日のシュミレーション。そのうちに台所に入っていた女将が、「お湯が沸きましたよ」と呼びに来るので、蕎麦を茹でて、三ツ葉の卵とじを作ってやる。お新香もカボチャの従姉妹煮も蕎麦屋の残り物。

きめの細かな卸し金でとろろ芋を丁寧に擦って、四日目の蕎麦をぶっかけで食べるのです。昨日二日目の蕎麦はすべて売り切れた。四日目の蕎麦でも茹で方さえ間違わなければ、美味しく食べられるのです。一足先に朝飯を平らげたpekoは、居間の亭主の椅子に座って眠りに入る準備をしているから、抜け目がない。休みの日だからそんなに早く出掛けなくても好いのに、居場所がなくなったから蕎麦屋の厨房の椅子に座って珈琲を入れる。外はまだ雨が降り続く。

出がけに塀際の紫色の木槿がわっと咲いて雨に濡れているのを見たから、昨日肥料を遣ったミニ菜園の野菜が気になったのです。果たして、こちらも茄子や胡瓜の花が沢山咲いている.天気が悪くてもこんなに沢山の花が開くものなのかと、不思議に思いながらお袋様を迎えに行く。農産物直売所に着くと、今朝も蕎麦屋の常連さん農家の奥さんが野菜を運んで来ていた。陳列棚には半分ほどしか野菜がないので聞いたら、雨だから畑に出られないと言うのでした。

仕方がないから、茄子と胡瓜とピーマン、カボチャだけもらって、隣町のスーパーまでひとっ走り。今朝は珍しく品揃えが済んでいたから、買い物リストの食材はすべて手に入った。ブロッコリーとレタスは小さめだったので二つずつ買って、今週末は暑くなるというので、天麩羅が沢山出るかと大根も二本。ほとんどが野菜だけなのに週に1万円も仕入れるのだから、安くてものの新鮮な店に拘るのです。出汁を取る干し椎茸や昆布や鰹節の値段もかなり高価なのです。

10時前に蕎麦屋に戻って、黙々と一時間出汁を取る作業。シャンソンの音楽を流して気分を盛り上げる。隣の畑の向こうでは、野菜の無人販売の小屋の中で、雨の中を90歳近くになるお爺さんが何やら仕事をしているのでした。今年は道路に面した畑にひまわりを植えたらしく、どんな風景になるのかと楽しみにしている亭主。自分の親ぐらいの年齢なのに、毎日、広い畑に出て耕している姿を見ると、隣の蕎麦屋もそんなに簡単には畳めないだろうと思うのです。

昼は家に戻って四日目の蕎麦の最後の二束を茹でて、女将と二人で肉蕎麦にして食べる。亭主は汗だくだくなのだけれど、女将には寒いからちょうど好いらしくって、好評なのでした。ひとしきり強く降った雨もしばらく落ち着いた頃に、女将をお稽古に送っていくのです。帰り道に、国道沿いのホームセンターに寄って、蕎麦屋の割り箸やティッシュペーパーを買い、隣の食料品スーパーで豚肉ハラミや鰻を仕入れておく。ネタの好い鮨が出ていたので夕食に買って帰る。

朝昼と蕎麦屋の残り物ばかり食べさせたお詫びにと、「そろそろ土用の丑の日ね」と鰻を食べたがっていた女将にお礼の気持ち。本マグロのトロ、中トロ、赤身と三貫も付いていた鮨は、この時期に亭主も食べたいと思っていた一品で、回転寿司は落ち着かないから嫌だという女将の好物でもあるのです。最近では本当に、街に回転寿司以外の寿司屋がなくなった。自称料理人の亭主の夢は、鮨を自分で握ることかな。蕎麦と鮨とは、実は案外相性が好いのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.