青空も覗いてきたけれど…

今朝も涼しい朝でしたが、雨が降っていたので peko の散歩はお休みです。5時前から起きていてもすることがないから、テレビで去年の夏に劇場公開されたという映画を一本観てしまう。原作はスペインの作家で、鬼才ザビエ・ジャン監督の「コールド・スキン」という映画。ホラー映画は好きではないのに、南極の孤島で暮らす男の生活と両棲動物のような半魚人との戦いが観る者の目を惹きつける。隠居の身としては、孤独な毎日を送るのは人ごとではないのです。

今朝はこの梅雨時二回目の蕎麦を打たない日で、昨日打った蕎麦が、生舟にそのまま残っていたから、極端にお客の少なかった涼しすぎる三連休の流れで、二桁のお客は見込めないと思ったのです。長袖のワイシャツを着て蕎麦屋に出掛けて、まずは幟を出してチェーンポールを降ろしておく。ミニ菜園の野菜が気になったから、様子を見に行けば、胡瓜と茄子が収穫を待っていました。日照不足のせいか、茄子は大きくなると傷が出てくる。せっせと食べないと。

ついでに、うどんこ病のついた胡瓜の葉を取り除いて、茄子やピーマンの穴の空いた葉も切り落としておく。胡瓜の蔓も伸びきってきたので、先端を切り取って成長を止める。厨房に戻って大釜に水を汲んだら、アイスコーヒーを一杯飲みながら、まずはネットで今朝のニュースを見るのです。蕎麦打ちの次に仕込みに時間のかかるのは、野菜サラダの仕込みだから、今朝は半分以下の仕事量。女将の仕事の大根おろしや生姜おろしまで亭主が片付けても11時前です。

三日目の蕎麦がまだ幾つか残っていたから、開店前に二食分を茹でておろし蕎麦で食べる。三日目はお客に出さないと決めているけれど、決して味が悪いわけではない。保存の仕方を工夫しているから、茹でて短く切れたりするわけでもないのです。それでも、何かあって三日目の蕎麦を出しているなどと言われたら嫌だから、今日はお袋様に電話をして、蕎麦を取りに来てもらう。客も来ないようだから、小鉢の従姉妹煮や天麩羅を揚げて持たせてやるのでした。

ところが、1時半を過ぎる頃になって、俄にお客が続くのでした。休日の遅い出足には慣れているけれど、皆さんご新規のお客だから、閉店時間も気にしないらしく、最後のお客は閉店10分前にご家族でいらっしたのだけれど、天せいろの具材が切れたから、「ラストオーダーは15分前で、天せいろはもう終わりです」と言って蕎麦を茹でるのでした。車が駐車場に二台も止まっていたからか、更に閉店時刻にもお客が入って来たけれど、これはさすがに断ったのです。

2時が閉店だから、2時までに店に入れば好いというのがお客さんの理屈なのかも知れない。だから、ラストオーダーの時間を15分前にしてあるのです。新しく食材を用意するにも時間が必要なのです。生舟に残った蕎麦も売り切れていたから、ちょっと売り切れの看板を出すのが遅かった。蕎麦を出し終えて、亭主が慌てて幟と暖簾をしまう。最後のお客が帰ったのは2時半で、洗い物を片付けて女将と店を出たのが3時過ぎだったから、今日はプールはお休み。

1日のお客が最後の30分に集中するというのも初めての経験で、朝からの準備はそのためにあったのかと気持ちが疲れた。用意した野菜サラダはすべて売れたから、今日はサラダを食べなくていいかと思ったら、夕食に昨日の残ったサラダが出て来たから、文句を言わず食べる亭主。今朝も、サラダの炒めあんかけ煮を食べたばかりだった。庭の金柑の花が咲き始めて、蜂たちが随分飛び回っていました。季節は夏に向かうけれど、まだ、梅雨は明けそうにない。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.