朝から降り続く雨の一日…

ザーッという激しい雨の音で目覚めた朝。5時前に目が覚めても、最近は二度寝をしなくなったから、女将の真似をして床の上でストレッチを開始する。夜が涼しいからよく眠れているのかも知れません。折角、早くから起きているのに、pekoも散歩に出れないけれど、朝食を食べたらもう亭主の椅子に載って眠っているのだから幸せなのか。その昔、陶芸を嗜む友人が贈ってくれた湯飲み茶碗に、女将の入れてくれたお茶を、しみじみと味わいながら飲む朝なのでした。

小糠雨に傘を差しながら門までの階段を下りれば、朝顔の蔓が随分と延びているのに気が付きました。この間、たった一つだけ花が咲いていたのですが、何世代も前年に取った種を蒔いて育てているからか、先祖返りして紫色の花なのでした。空色の素敵な花の色をイメージしていたから、女将もがっかりした様子。近年は、蔓の根本の方にはあまり花が咲かずに、先端の方に花が咲くのは、気候のせいなのか。もしかして蔓の誘引の仕方に問題があるのだろうか。

蕎麦屋に出掛けて幟を立てるけれど、雨は一向に止む気配はないのです。今朝一番の思案のしどころは、昨日の蕎麦が生舟に一箱も残っていたから、一日中雨だと言う今日の予報で、どれだけのお客が来るのか判らないこと。それでも日曜日だから、先週のように雨風の中を大勢のお客が来ることもあるし、今週の流れでほとんど来ないことも考えられるのです。取りあえず今朝打った蕎麦は明日も使えるから、750g を一回打って生舟一つを追加しておくのです。

今朝は時間もあったから、丁寧に伸したつもりだったけれど、どうしても偏りが出て左半分が薄くなってしまう。これは四つ出しの時に、既に厚味が均等になっていないからで、柔らかめの生地の場合は本当に気を遣うのです。今日も39%弱の加水率だったのだけれど、もう少し硬い方が伸しすぎないような気がします。それにしても、亭主の場合、どうも伸した生地の左半分が薄くなる傾向があるようで、丸出しの際にも左側が先に薄くなるのです。遠い昔の記憶…。

中学時代の走り高跳びの時間に、なぜか皆と違って踏切の足が逆で、反対方向から走り込んでいたのを思い出す。子どもの頃、左利きを直されたのだったか、今となっては記憶にない。今度いつかお袋様に聴いてみよう。家の女将なども子供時代にやはり左利きだったらしく、昔は右利きに直されたのだけれど、いまだに刃物類は左手で扱うのです。だから、我が家には、昔から右利き左利き用に両方の包丁がある。柳刃包丁まで、研ぐのはすべて亭主なのです。

蕎麦打ちを終えて一休みしたら、いつもより早い時間だから、糠床から夕べ漬けた胡瓜と蕪を取り出して、切り分けたら小鉢に盛り付ける。お客もあまり期待できないから、半分だけにして残りは容器に入れて持ち帰りやすくしておく。デザートには夕べ仕込んだフルーツの寒天寄せを半分だけ皿に載せて、しばらくカウンターに置いておくのです。甘さのくどい砂糖を使わないから、結構女性にも人気がある。チェリー缶、キウイ、蜜柑と氷糖蜜で、原価はかなり高いか。

失敗だったのが豊缶を水で濡らしておかなかったことで、寒天を水と氷糖蜜で煮詰めたら、フルーツを置いた中に流し込むのだけれど、これが固まってから取り出すのに一苦労なのです。結局、お客に出せたのは半分だけで、残りは失敗作だからとサービスでお客に出すか、家で女将と食べるしかないのでした。野菜サラダの具材を刻んで、盛り付けるけれど、四皿は到底出そうにない。それでも休日は四皿と決めているから、しっかり刻んで盛り付けておくのです。

11時前に仕込みが終わって、奥の座敷で一休みしたら、三日目の蕎麦の最後の残りをぶっかけにして食べる。最初のお客が来たのは1時過ぎで、日曜日はお客の出足が遅いのです。閉店時間にはお客も帰って、片付けを済ませて女将とたどる家路。亭主は書斎に入ってハソコンに今日の写真と売り上げのデータ入力。お茶とデザートを運んで来てくれた女将は、亭主の寝てる間にスポーツクラブに出掛けていくのでした。

夜もこんな天気だからと返しを作って時間を潰していたら、駐車場に入る車があるのでした。ご新規の若い男性で、カウンターに座って天せいろのご注文。一人でも二人でも、お客がいらっしゃるのは有り難い。お客を待つ忍耐と地道な営業こそが、この梅雨の時季に学ぶことかも知れません。今日の一番の発見は、奥の座敷からつくづく眺めるミニ菜園の胡瓜で、実のなる花とならない花があるから調べたら、雄花と雌花。暑くなりすぎると、もう花は咲かないのだとか。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.