静かに雨の降る一日…

朝から静かに雨の降る日でした。今日は一日中雨の予報だったから、風がないのがせめてもの救いだけれど、蕎麦屋はお客が見込めないのです。昨日打った蕎麦が生舟にだいぶ残っていたから、今朝は久々に蕎麦を打たずに他の仕込みをするだけ。家の玄関脇のミニバラが、花を咲かせているから、写真に収めておきました。年に何度も咲くものだから、季節感がないのが残念ですが、濃い桃色の蕾のうちから端正な形をしているから、さすが長女のくれた花。

降りしきる雨の中を傘を差して蕎麦屋まで歩いて、まずは、ミニ菜園の様子を見る亭主でしたが、胡瓜の蔓がいつの間にか随分と伸びてしまっている。黄色い花も沢山咲いてはいるけれど、どうもその割りには例年に比べて、実の付きが悪いような気がするのです。向かいにある茄子は、咲いた花の数だけ実がなっているから、土や日当たり、肥料の多少と、何が好いのか悪いのか判らない。相変わらず暗い空で、小降りなったりもするけれど、今日は雨の一日。

糠床から出した胡瓜と蕪を、昨日半分だけ出したから、今朝は残り半分を切り分けて小鉢に盛り付けておく。足らなければカボチャの従姉妹煮を用意してあるけれど、野菜の天麩羅の多い天せいろには小鉢が付かないから、それほど沢山出るとは思えないのです。しとしとと降り続く雨の方が気がかりで、こんな天気の中を果たしてお客が来てくれるのかが心配なのです。蕎麦を打たないと、1時間近く時間が余る計算だから、週末の仕込みを早めにしておきます。

豚の横隔膜付近のハラミという部分の冷凍肉を仕入れてあるから、これを解凍して串焼きにする準備をしておく。6等分に切り分けたら竹串に刺して、ぴたっとシートにくるんで容器に入れて真空フリーザーに入れておくのです。ぴたっとシートは結構値段が高いけれど、浸透圧で肉の水分だけを吸い取ってくれるから、旨味が凝縮する。酒の肴には最高だけれど、今のところ焼き鳥の感覚で、昼しかオーダーが入らないからちょっと勿体ないのです。亭主のジレンマ。

もっと体力があれば、週末の夜の営業時間を長くして、亭主の好きな酒の肴をもっと沢山作ってお客に出したいところ。まあ、いつかは日の目を見ることもあるかと、地道に仕込みだけは続けておくのです。もっとも、残れば家に持って帰って、亭主が酒の肴にして自ら舌鼓を打つ。みつせ鶏の旨搾り団子も、解凍して直ぐ焼けるように準備をしておきます。自分が美味しいと思って、家で作って食べ続けても飽きない物だけを、蕎麦屋では出しているつもりなのです。

雨の降り続く昼過ぎに、それでもお客は来てくれるから有り難い。年配の三人連れのお客は、天せいろのご注文で、直ぐに違う車が駐車場に入ってきて、若いママさんらしい女性たちがご来店。見れば、今週の初めにもいらっしたリピーターさんで、最近はよく見えるから常連さん候補と言うべきか。ただ、女性同士が話し出すと切りがないから、いつも1時間以上はテーブル席を占領しているのが唯一の難点かな。雨降りの今日のように、空いている平日でよかった。

他のお客さんたちも帰って、スタッフと二人でやっと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。洗い物も少ないから、今日も早めに蕎麦屋を出るのでした。家で亭主が一休みしているうちに、女将はスポーツクラブに出掛けていく。亭主は少し遅れてプールに出掛ける。お互いの通うスポーツクラブが違うから、好いのか悪いのか、帰りの家の買い物は車の亭主がしてくるのが常なのです。今日もちびっ子たちで賑わうプールの残りのコースで、静かにアップを繰り返すのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 運動・健康. Bookmark the permalink.