期待の晴れ間は束の間で…

今朝は正規の時間帯に目覚めて、朝日で輝く通りをpekoの散歩に出掛けたら、涼しくて気持ちが好かったのです。予報では昼まで晴れると言うから、今日はもしかして久々に蕎麦日和だろうと、頑張って蕎麦屋に出掛けたのです。幟を出したり、米を研いだりと朝の仕事を終えたところで、早速、蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つ亭主。室温は22℃、湿度は60%だったから、爽やかな朝なのです。おまけに青空も覗いて陽も差しているから、ますます期待するのでした。

加水率はいつもと同じ39%なのに、生地は若干柔らかめだったから、慎重に伸し広げて畳んだら、打ち粉を十分に振って包丁切りです。生地が柔らかめだと、同じ力で伸しても直ぐに伸び広がるから、奥行きも横幅も少し大きめになるのは仕方がないのか。あまり力を使わなくても済む現在の打ち方で、何とか包丁切りまでの上手い方法を習得すべきだと、最近では考えているのです。奥行きのある分、切りべらは26本にして、130g 越え。太さはまずまずでしょう。

野菜サラダの具材を刻んでいる頃には、まだ、陽が差して好い感じだったのだけれど、小鉢を並べて開店前の時間になったら、もう、空は曇って暗いから困ったのです。やはり、お客の入りは天候にも左右されるものなのです。蕎麦日和はやはり暖かく、陽が差していなければいけない。しかも、考えたら、今週末は海の日が続くから三連休。平日に外食を控えてという人もいるだろうと、急に弱気になってくるから不思議なものです。蕎麦は16食も用意してしまったのに。

それでも、昼過ぎにはご新規のお客がいらっしゃって、聞けば佐倉のひまわり祭りに出掛けたけれど、まだひまわりが全然咲いていなかったのだとか。そこで蕎麦屋の先にあるラベンダー園に行ったのだそうですが、こちらはとっくに花が終わっていたという始末。それで街道沿いにある蕎麦屋を見つけて昼にしたのだとか。ご夫婦共に花が好きで、よくあちこち花を見に出掛けているのだそうだけれど、今年は梅雨が長いから、花の時期を間違えてしまったのかしら。

お客が来ない時間には、亭主は奥の座敷で一休み。窓の外には胡瓜の花が随分と沢山咲いているのですが、今年は実が付く花が少ない。梅雨時の日照不足で作物があまり取れないという話を聞くけれど、ミニ菜園の胡瓜やピーマンにも影響が出ているのだろうか。茄子だけは、花の数だけ実がなっている。女将が店で残ったピーマンばかり持って帰って来ても新焼は出来ないと言うから、今朝は茄子を随分収穫したのです。それなのに胡瓜は一本だけでした。

1時を回って平日の昼の時間帯が終わったから、かき揚げを揚げてスタッフとぶっかけで蕎麦を食べる。昼を食べ損ねた通り客ぐらいしか、平日の遅い時間はお客が来ないものなのです。ラストオーダーの時間が過ぎたら、亭主が幟や暖簾を取り込んで、大鍋を洗って天麩羅鍋をの油を漉し器に入れ始める。天麩羅の具材や天ぷら粉をしまって、天つゆも鍋のまま冷蔵庫に入れるのです。お客が少なくても、盆や蕎麦皿の洗い物以外は片付けの量は変わらない。

閉店時刻が過ぎる頃には、布巾類を洗濯機に入れて、スタッフと二人で店を出るのでした。先週の木曜日は、雨にも降られて今日よりお客が少なかった。その分、金曜から週末までどんどんお客が増えて行ったから、今週も週末は混むのだろうか。雨こそまだ降り出さないけれど、どうも夕方までは持ちそうにない空模様なのでした。家に戻れば、女将は買い物に出ていたから、この様子だと遅い時間は雨に降られると思ったのでしょう。入口の木槿に出迎えられる。

書斎に入ってハソコンに今日のデータを入力したら、一休みして亭主はプールに出掛けるのです。相撲中継があるから、早めに戻ろうと思ったのだけれど、どういうわけか今日は駐車場が随分と混んでいた。プールはちびっ子たちの水泳教室で賑やか。大人の泳ぐコースも2コースだけだったけれど、人が少なかったから準備運動を始める。前の人との距離を保って、ゆっくりゆっくり泳ぐけれど、追いついたら手前でターンを繰り返す。週四日、亭主の唯一の運動です。