昼を過ぎたら、久々に青空が広がって…

寒いくらいに涼しい朝でした。まだ薄暗い4時に目覚めてしまったから、蕎麦屋に出掛けて、夕べ女将に言われていた昨日の味噌汁の残りを持って帰る。ついでに、洗い物を片付けて、洗濯物を干したり、コーヒーを飲んだり、pekoの散歩にもまだ早い時間だったから、のんびりとしたのでした。家に戻ってもまだ5時前だったけれど、pekoが起き出したので、近所まで散歩に出る。テレビのニュースを見ていても、6時前だったから、もう一度床に入って2時間ほど眠る。

女将の朝ドラの始まる前に遅い朝食を食べ終え、いつもの時間には蕎麦屋へ出掛ける。雨に濡れた幟は、玄関前に倒したままだったから、チェーンポールを降ろすついでに、立て直すのでした。駐車場の植木は梅雨入り前に一度剪定したけれど、またボサボサの状態に戻っている。樹木の勢いは夏場が一番の伸び盛りだから、大きな剪定は出来ないので、こまめに刈るしかないのです。ミニ菜園の野菜たちも雨風に耐えながら、元気に花を付けているのでした。

明日は定休日だけれど、昨日追い打ちした蕎麦は夜にお客が来たから残り少ないし、月曜日でお客が少ないかも知れないけれど、やはり、750g だけは打つことにしました。残れば、また家に持ち帰って定休日の蕎麦三昧。梅雨のこの時期には、そんなことの繰り返しをしているような気がする。蕎麦打ち室の室温は22℃、湿度は72%で、いつもと比べたらやはり寒い位なのです。それでも加水率は39%にして、今日も綺麗な蕎麦を打ち上げたから、気持ちが好い。

今日の小鉢はなた漬けの残りと、糠漬けの胡瓜と茄子を用意したけれど、こんなに沢山出るはずもないので、大半はまた持ち帰るのだと思った。この週末は、雨や風で大変だったけれど、なぜかいつになく沢山のお客が来たから好かった。顔を見知った蕎麦屋の常連さんたちが、かわるがわる来てくれたという感じなのでした。今日も昼前からリピーターのお客がいらっして、ホッとしたのだけれど、途中が暇で仕方がない状態。風が少しあるだけの曇り空でした。

野菜サラダは毎日具材を刻むから、5日間できっちり食材がなくなるけれど、今週のパプリカはやけに大きかったから、使い出があった。ニンジンも残った端切れを綺麗にジュリエンヌにして、有終の美を飾るのでしたが、今日はサラダは一つも出なかった。沢山作った水羊羹も、昨日出たきりで、なかなか思うようには行かないもの。1時前にスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べて、閉店間際にお客がいらっしゃる前に、冷蔵庫の中の残り物を整理し始めるのでした。

外は晴れ間が出て青空も覗いてきたというのに、ちょっと遅すぎた。陽の光はじりじりと夏の陽射しだったけれど、空気が冷たく感じるから不思議なのでした。森の当たりを眺めれば、もう赤とんぼが群れをなして舞っているではありませんか。ちょっと季節を間違えているのではないかと、目を疑るのです。最後のお客に蕎麦を出したら、厨房の亭主は天麩羅の具材の残りをどんどんと揚げ始める。それをスタッフが容器に詰めて、持ち帰る準備を開始するのでした。

月曜日は、冷蔵庫の中にあるすべての食材を綺麗に片付けなければならないから、お客が少なくても仕事は結構多いのです。勿論、たまに蕎麦が売りきれるような定休日前もあるから、やはり準備だけはしておかなくてはならない。女将が残り物を取りに来てくれて、持ちきれないから、今日は亭主も蕎麦と蕎麦汁を袋に入れて持ち帰る。青空が広がって気持ちの好い午後なのでした。空気は爽やかで、午前中にこの陽気なら好かったのにと、恨めしく思うのでした。

月曜日はプールの空いている日だから、家でひと眠りしてから夕刻に泳ぎに出掛ける。子供たちのスイミング教室はお休みだから、全コースフリーの嬉しい日。ひとコース一人しか泳いでいない状態だったから、準備体操を終えたら、各コースの泳者の力量を見極めて、速く泳ぐセンターコースへ入って泳ぎ始める。どう見ても初心者らしき男性が、折り返しの壁際で止まっていたから、バタフライは泳げない。三種目でノンストップの400mアップ。気持ちの好い午後です。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.