やっと暑中見舞いが出せると思ったら…

今朝は朝からまぶしいほどの陽射しで、梅雨明け宣言も面目躍如か。朝顔の咲く時間は早朝のpekoの散歩の時刻までで、昼過ぎまで咲く小ぶりの「お銀」以外は「朝日に枯れぬ…」なのです。鴨長明だったか昔の人はよく自然を眺めているものだと感心するばかり。「朝日に…」の「に」が原因理由を表す格助詞なのだなどと知ったふりをして言っていた頭でっかちだった昔が恥ずかしい。今は朝顔が陽が昇ると萎んでしまうのをまざまざと見て自然を体感するのです。

梅雨が明けたら出そうと思っていた暑中見舞いも、今では親しい友人と年老いた親戚だけに送ることにしているのでしたが、ハガキに掲載するこの夏の写真を選ぶのに一苦労。やっと作った原稿を印刷しようと思ったら、切っても買いそろえておいたのに、沢山あった筈の写真用ハガキが少ししかないのに気づいたけれど時既に遅しで、蕎麦屋へ出掛ける前に、印刷したものだけを取りあえず投函したのでした。次の定休日にハガキを買い足して出そうと思う。

空も陽射しも真夏の様相。朝日の当たる蕎麦屋の店内も相当な暑さで、エアコンを十分に効かせて、朝の準備を始める亭主。このところ、金曜日はお客が極端に少ないから、昨日打った蕎麦の保存状態もよかったので、今朝は蕎麦を打たなかった。一晩冷蔵庫で寝かせてしっとりと締まった蕎麦は、見るからに食べ頃で、やはり、つなぎにする二割の小麦粉の合わせる分量を試行錯誤しただけはある。蕎麦を確認したら、米を炊いて、小鉢を盛り、野菜切りに入る。

それでも時間が余ったので、奥の座敷で一服すれば、隣の工事現場はこの暑いのに作業が続いている。基礎のコンクリートを打つ前にも、これだけ多くの手間ががかっているのが目の当たりに分かって、ひたすら感心するばかり。物作りは素人が見ていてもその大変さが分かるから、勉強になる。調理の仕込みも同じ事で、見る人が見れば時間をかけているのが分かるから、わずかな営業時間で出す料理がそれだけの価値があると分かってもらえる気がする。

今日は、お客こそ少なかったけれど、「美容院のご主人に美味い蕎麦屋はないかと尋ねたら、ここを紹介された」と言って、わざわざ隣町から自転車でいらっしたお客のご来店。新蕎麦の大盛りを注文して蕎麦湯までお出ししたら、「この蕎麦湯なら焼酎の蕎麦湯割りをいただきます」と、えらく感心した様子。「今度は友達を連れて電車で来るから…」と言って自転車を引いてお帰りになる。「蕎麦も美味しかった」と、気に入っていただけたようでなりよりなのでした。

「宣伝は口コミだけなんですか」と問われて、「ホームページも開いていますけれどね」と応える亭主。ホームページのURLは店置きのパンフレットにしか載っていないから、ネットで検索した人かパンフレットをもらった人にしか分からない。それが現状なのだけれど、どうしてそういう状態なのかは、説明してもなかなか分かってもらえそうにない。目下修行中と言うのも当たっているけれどどこかお客に対して失礼な気もする。やはり当分は口コミの宣伝なのだろうか。

お客の少ない今日も大量に蕎麦が残りそうなので、スタッフと共に賄い飯のぶっかけ蕎麦を食う。当分はこの繰り返しかも知れないけれど、じっと辛抱して腕を磨くしかないのです。スタッフを帰して亭主は一人明日の蕎麦出汁を取る。遅い午後に、家に戻って夕刻からの子ども会との合同パトロールに備えるのでした。元気な子どもたちや若いお母さん方とともに暑さの残った町内を練り歩くこと30分。防犯部会の老人たちも皆元気なので頭が下がるばかりなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.