強い風と蒸し暑さの昼…

今朝も午前5時に目覚めた亭主は、小降りの雨の中をpekoの散歩に出掛ける。夜までお客のいた昨日はやはり疲れたのか、ぐっすりと眠れたのです。遅い夕飯の時刻から、寝るまでの酒量も床に入る時間も変わらないから、深く眠れるのはお客が多かったお蔭なのでしょう。気温の低かった先週末よりはお客は多かったけれど、それでも、6月の混んだ時期の週末に比べたら、随分とお客は減っているのです。雨の多い梅雨の時期は、この程度なのかも知れない。

朝食を終えて主人の膝に載って眠っていたpekoは、亭主が洗面と着替えをする間に、すっかり椅子を占領している。彼女の抜け毛か多いからと、コロコロを買い替えて、こまめに綺麗にしているけれど、蕎麦屋に行く前に衣服に犬の毛が付いてしまうのは厳禁だから、向かい側の椅子に座って靴下を履く亭主。朝ドラのない朝も、女将の動きは変わらないから、食堂に顔を出して、「行って来ます」と玄関を出る。庭の木槿が雨に濡れて、ちょっと悲しそうな表情です。

そぼ降る雨の中を傘を差して蕎麦屋に出掛ければ、高台にあるご近所の親爺様が円台に座って外を眺めている。自分たちよりも年上の人たちが多いから、きっと朝も早いのでしょう。幾つまで蕎麦屋を出来るのかは判らないけれど、毎日、こうして仕事に出掛けて行くところがあるのは、暇すぎなくていいのかも知れない。ほとんど余生の隠居仕事のつもりだから、妙な気負いもないのが、好いのか悪いのか。去年は空梅雨だったから、もっと沢山のお客がいた。

蕎麦打ち室の気温は23℃、湿度は80%だったけれど、妙に暑いという気がした。今朝も39%の加水率で蕎麦粉を捏ね始めたら、少し硬めの感じがしたけれど、丸出しをしている間に生地が柔らかくなっていた。四つ出しの時に伸し棒に生地を巻き付けて、これを三回転ほどさせるのですが、この時の両手の動きが大切。巻き込んでいる反対側の先が、均等に丸出しされていないと、柔らかいほど形が崩れてしまうのです。四つ出しの失敗は、大体、ここで始まる。

今日は、十分に気をつけて、伸し棒に沿って内から外へと掌を動かして、左右対称の生地を90度回転させて、四つ出しを終えるのでした。ここまでで厚味が均等で形が決まれば、本伸しも随分と楽になる。毎日、毎日、何遍やっても上手くいかないことがあるから、そんな時は、修正するのに時間を要するのです。いろいろな場面で厚味を均等にしておくということが大切だと、いろいろな過程で痛感させられる。本伸しにしても然り。伸してからでは修正ができない。

無事に蕎麦打ちが終わったら、小鉢が足りないといけないので、昨日漬けておいた茄子と胡瓜と蕪とをまた切り分けて、小鉢に盛っておく。野菜サラダの具材を刻んで、風も大分強くなってきたからと、今日は三皿だけ盛っておく。こんな天気でお客が来るとは思えないのです。ところが、開店前に電話が入って、番号表示のプレートを見れば常連さんのお母様。「今日は通常の営業ですか」と言うから、「お近くですからどうぞいらっしてください」とさり気なく営業モード。

かくして、開店時刻から、大食漢の男の子たちとお母様がいらっしゃって、ルシーランチセットの大盛りのご注文。例によって、単品で海老やメゴチ、キス、ハゼと天麩羅を次々と注文するから大変。子どもたちの残りを食べるからと言っていたお母様の分は、あっという間になくなって、さらに追加で天麩羅を揚げる。これが混んでいる時間帯なら女将もてんやわんやなのです。今日は次にまた常連さんご夫婦がいらっして、いつものテーブルに座られるのでした。

下げた盆や蕎麦皿などを洗う暇はあったけれど、ずっとこの調子でお客が続いたから驚きました。こんな雨と風の中を、よくぞいらっしてくださった。「まだいいですか」と、四人の家族連れが入って、閉店時刻も迫ったから、暖簾を仕舞いに出た女将が、「お一人だけれどいいですか」と戻って来る。本当に蕎麦はこれが最後のひと束。「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、家に戻ってから遅い昼飯にラーメン・餃子を作って食べる亭主なのでした。さすがに夜は客が来ない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.